心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

F1 2008シーズン ハンガリーGP決勝(8月4日)

 04, 2008 17:10
ヘイッキ・コバライネンF1初優勝&ティモ・グロックF1初表彰台2位おめでとう☆☆
な週末でしたinハンガロリンク。

【ハンガリーGP決勝 結果】
1.ヘイッキ・コバライネン(マクラーレン)↑1(予選2位)
2.ティモ・グロック(トヨタ)↑3(予選5位)
3.キミ・ライコネン(フェラーリ)↑3(予選6位)
4.フェルナンド・アロンソ(ルノー)↑3(予選7位)
5.ルイス・ハミルトン(マクラーレン)↓4(予選1位)
6.ネルソン・ピケJr.(ルノー)↑4(予選10位)
7.ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)↑2(予選9位)
8.ロバート・クビサ(BMW)↓4(予選4位)
-------
13.中嶋一貴(ウィリアムズ)↑5


予選の記事で「雨乞い」と書いたんだけど天候は晴れ。
立ち上がりでフェリペ・マッサがポールのルイス・ハミルトンを見事にオーバーテイクした
シーンといい、昨年も見たけどハミルトンのタイヤがバーストして余計なピットインを余儀なくされ、
大幅に順位を落としたシーンを見ていたら、フェラーリを勝たせたいなら、晴れて暑いレースを
願ったほうが効率が良いことをイマサラ実感しました。
あぁ、でもマッサはエンジンブローだしキミも終盤リアにトラブルを抱えてしまったみたいだから、
フェラーリの信頼性はギリギリのところなのかも…う~ん、とにかく“ストップ・ザ・フェラーリ”から
最近は“ストップ・ザ・マクラーレン”の様相に変ってしまったので、ここは踏ん張って欲しい赤い跳ね馬。

相変わらずキミ・ライコネンは予選~本選中盤まではペースが上がらないのに、レース終盤に
向かって路面が出来あがって、ライバル達が流しにかかる時間帯になると急にラップが速くなり、
ファステストを連発。
マッサが不幸にもラスト3週でエンジンブロウで無念のリタイアをした影響で、オープニングで
アロンソに交わされ7位に落ちつつも、ジワジワと我慢の走り&クビサのペースが上がらない、
アロンソのピット作業ライムロスの間に地味に順位を上げて、レースを終えてみれば3位表彰台獲得。
ホッケンハイム、ハンガロリンクと予選6位が続いたキミを見て、「今年のチャンピオン争いからは
もう脱落かな…」と諦めかけていたら、なんだかんだでドライバーズポイント2位に再浮上です。

表彰台には2位のドイツ人(ティモ)を挟んで1位と3位にフィンランド人ドライバー(ヘイッキ&キミ)が
並んでシャンパンファイト前にグビッと1口揃って飲んでいたのが笑えました。
なんかお国柄が出てますよね。ビールだったらティモもグビッと1口いったのか?!>違

ティモといえばTOYOTAはヤルノ・トゥルーリも7位入賞を果たしているのでダブル入賞。
コンストラクターズでは地味に4位につけています。
それを追う5位のルノーもアロンソが4位、やっと覚醒して安定した感じのピケJr.も6位入賞で
こちらもダブル入賞。僅差でのコンストラクターズ4~5位争いも楽しみです♪
個人的には、夏休み明けのバレンシア市街地コースがアロンソにとっては今シーズン2度目の
母国GPになるので、そろそろ表彰台に上って欲しいなぁ。

⇒最新情報満載☆人気blogランキングへ
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。