心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

F1 2008シーズンイギリスGP決勝(7月6日)

 07, 2008 23:59
昨夜のイギリスGP決勝は雨天と強風の影響で、いつもより順位変動が目まぐるしい
展開になり、感想を細かに書こう!とメモを取りながら録画をさっきまで見直していたら、
・・・それだけで力尽きました(;´ρ`) グッタリ

<イギリスGP(シルバーストーン)結果>
1.ルイス・ハミルトン(マクラーレン)
2.ニック・ハイドフェルド(BMW)
3.ルーベンス・バリチェロ(HONDA)←予選16位スタート
4.キミ・ライコネン(フェラーリ)
5.ヘイッキ・コバライネン(マクラーレン)
6.フェルナンド・アロンソ(ルノー)
7.ヤルノ・トゥルーリ(TOYOTA)←予選14位スタート
8.中嶋一貴(ウィリアムズ)←予選15位スタート


“雨のバリチェロ”が、35週目に雨脚が強まったところで、ホンダのピット戦略により早々に通常の
レインタイヤから「エクストリームウェットタイヤ」に履き替えて大きな賭けに出て、
みごと3位表彰台を獲得!
バトンも同じタイミングでタイヤ交換をしたものの結果は…。
大穴でホンダがポディウムに立つ事になるとは、予選のウェーバー2位よりも驚かされました。

以下、中嶋一貴ほか日本勢の感想+個人的に面白かった部分の感想が続きます。
興味のある方のみ、続きからどうぞ♪

人気blogランキングへ
そのウェーバーは、スタート時にあっさりハミルトンに抜かれて、オープニングラップで
単独スピンして大きく順位を落とし、いつの間にか消えていました。

逆に予選では地味な5番手スタートだったニック・ハイドフェルドが27週目、2回目の
ピットストップの際にタイヤ交換をしない賭けに出た為にラップタイムが大幅に落ちたライコネン、
それをオーバーテイクしようとコバライネンが仕掛けたところを狙って華麗に2台抜き!
これで2位に上がったままチェッカー!!
クビサも大雨に見舞われるまでは、粘り強い走りで着実に順位を上げていって、
一時期は3位までその順位を上げたのに、こちらもツルーリとスピンしてグラベルにはまって
無念のリタイアでした。

ツルーリといえば、トヨタのトゥルーリはマニクールで燃え尽きた?
と予選の感想に書いてしまいましたが、ゴメンナサイ!ヤルノ様。
雨でツルーリツルーリしまくってどんどん消えていくライバルマシンの中で踏みとどまり、
気づけば8位まで順位を上げていて、最終ラップでこちらも雨に乗じてポイント圏内7位を走行し、
前のアロンソを抜くか?というところまで追い上げていた中嶋一貴を、最後の最後で抜き去り
7位フィニッシュでした。

最後にヤルノに抜かれたものの、中嶋一貴も15番手から、お得意の納豆走行で、
お父さんの悟さんが実況の仕事も手に付かない様子の中、見事8位入賞1ポイント獲得です。
ウィリアムズの2台もホンダと同じく、大雨が降り始めた直後にエクストリームウェットに
タイヤを交換していたことで順位を上げました。
一貴はこれでウィリアムズの同僚、ニコ・ロズベルグとポイントが並びましたね~。
ニコは開幕戦で表彰台獲得、ここで大きくポイントを取ってから、最近はノーポイントつづき。
その間に一貴は地味に入賞を重ねてコツコツポイント貯金…で現状ドロー。
ニコ、今回もグロックにおかま掘っちゃってフロントノーズ交換で無駄なピットインをして、
せっかく上げた順位を自滅で落としちゃったし、ちょっと心配です。。

ラスト5周~は、5位にいたアロンソを6位のコバライネンがジワリジワリと追い詰めて
オーバーテイク!という見所に国際映像が張り付いていたので、完全にクルージングに
入っていた母国GP制覇のハミルトンはあまり映りませんでした。
むしろ、オープニングラップからスピンしまくり、後半ではサーキットのうさぎさんと戯れる
かの如く、さらに派手にスピンしまくっていたフェリペ・マッサの方が目立ってました(笑)
なんだかんだいいながらも、リタイアすることなく周回遅れでも完走したマッサさん、イギリスGP
を終えて、ハミルトン、ライコネンと同率の38ポイントで、ドライバーズランキングまだ首位です☆

運命を分けた大雨。
これを見越して、大雨用に溝を深く入れて水をかき出す「エクストリームウェット」タイヤを選択
して3位獲得のバリチェロ。
「5分後雨」の予報を無視してレース後半は路面が乾くことを想定し、1回目のピットストップ時に
タイヤを履き替えなかったアロンソとライコネンは、雨脚の強まった路面状況に耐え切れず、
みるみる間に失速して順位を失いました。
しかし、レースを終えてみれば、ライコネンは4位、アロンソも6位。
この二人は、タイヤ交換でミスをしなければ、揃って表彰台に上がっていたかもしれません。
私的にはその画がまた観たい!!後半戦、楽しみにしています。

最後に、昨夜の地上波実況を聞いて、やっぱりCSで観なくちゃダメだ。
と思いました(*´д`;)…
テレビ好きな祖父も、CSに興味を強く持ち始めているので、このタイミングで加入したいかも。

中嶋悟さん、息子さんのレースに集中しまくって解説そっちのけ(笑)
けど、地味に一番冷静にレースのツボは教えてくれていました。
近藤真彦さん、いつもはもう少しわかりやすい解説だったと思うのですが、中嶋さんに
気を使っているのか、知りたい情報を全く解説してくれず…。
実況アナの塩原さんの名言…う~ん( -人-).。oO

コバライネンに対して
「未冠のフライングフィン、ここから速く、強くなるのネン!」

7位まで躍進した中嶋一貴に対して
「中嶋レイニーブルース!」

・・・
次はドイツGPです。今年はニュルブルクリンクじゃなくてホッケンハイムリンクで開催です。
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。