心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

F1 2008シーズン フランスGP予選(6月21日)

 22, 2008 14:24
フランス・マニクールサーキットでの予選結果。

1 キミ・ライコネン(フェラーリ) DP35
2 フェリペ・マッサ(フェラーリ) DP38
3 ルイス・ハミルトン(マクラーレン) DP38
4 フェルナンド・アロンソ(ルノー) DP9
5 ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ) DP12
6 ヘイッキ・コバライネン(マクラーレン) DP15
7 ロバート・クビサ(BMWザウバー) DP42
8 マーク・ウェバー(レッドブル) DP15
9 デビット・クルサード(レッドブル)DP6
10 ティモ・グロック(トヨタ) DP5


※DP=ドライバーズポイント
※ハミルトンは前レースでのペナルティにより決勝は10グリッド降格
※コバライネンは予選中の進路妨害ペナルティにより決勝は5グリッド降格

個人的な感想、意見は続きからどうぞ。
人気blogランキングへ
フランスなのでルノーチームのお膝元です。
その期待に応えて、アロンソは予選4位、ハミルトンが降格になるので決勝は3番グリッドからのスタートになります。
ピケJr.も今回は予選11位だったので、ルノーのマシン改善の結果も出ているのかな。

フランスGPだからリップサービスで言ったのかもしれませんが、予選後にアロンソが「4番グリッドスタートのヤルノと後ろのコバライネン(その後降格になったので実質的にはクビサ)を抑えれば表彰台だから、結果を出せるように頑張るよ」と今期初(?)の表彰台狙い宣言をしたので、今回は最近不調なキミ・ライコネンと共に、アロンソも表彰台に上がってくれることを祈って応援したいと思います。

ここまで好調だったBMWザウバーがマニクールとの相性が悪いのか苦戦。
現在のポイントリーダーで前レース覇者のクビサが予選7位(決勝は5番グリッドスタート)、ニック・ハイドフェルドに至っては、まさかのQ1落ち?!
というギリギリの走りで、最終ラップでようやく中嶋一貴のタイムを上回りギリギリQ2行きだったのにはハラハラさせられました。
コンストラクターズでもフェラーリと僅差で2位につけているBMW。
ここは2人のドライバーが安定してポイントを重ねている印象なので、ニックには決勝でのジャンプアップに期待です。(フェラーリーファンだけど)

日本勢では、なんといってもオーケィヤールノーの躍進に拍手!です。
地上波予選では、ヤルノが好タイムを記録してもあまり触れられず、ちょっと淋しかったりもしましたが、予選5位、決勝はアロンソと並んでセカンドローからのスタートですからね。
ここのところ、ティモ・グロックも安定してきているので、トヨタは地味にコツコツポイントを重ねてます。
ホンダは…。

一貴については上で少し書きましたが、予選は弱いですね。
Q1落ちでさっさと決勝グリッドが確定。今回はニコ・ロズベルグに10グリッド降格ペナルティが科せられるので、最後尾からのスタートになるのでウィリアムズ勢は苦しいフランスGPになりそうです。

個人的には、やはりフランス・ルノーの母国GPなので、アロンソに表彰台に上がって欲しい!
そしてなにより、最近また調子を崩しているライコネンには、とにかくミス・トラブル無く、ひさびさのポールトゥウィンを決めて、表彰台の真ん中でシャンパンを豪快に飲む姿を見せて欲しい!

決勝も楽しみです。
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。