心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

キミ、犯人じゃないよね 第6話(5月16日)

 17, 2008 20:46
『キミ、犯人じゃないよね?』と、タイトルどおりの台詞が要潤さんから聞けた第6話。
どうやら私が見なかった1話では、「キミ、犯人じゃないよね?」とタイトルどおりの台詞を、ヒトメボレした美女=犯人に言っていたようなのですが、2話から見始めたので6話で初めてタイトルどおりの台詞を聞くことができました。

ぶっちゃけ、今回が今までの中で一番面白かったです。
宇田川刑事(要潤)&森田さくら(貫地谷しほり)が、恋人同士と間違われて、招待された先の豪邸のお手伝いさんにダブルベッドそれもピンクのハート照明付き(笑)に通されてしまい、一緒のベッドで一夜を過ごすことになったのですが…。

さくらのことを「イチオウ性別は女」と認識している宇田川は、さくらの目の前で緊張感なく着ていた純白のスーツのズボンを脱ぎ始めるし、あっという間にくまさんのぬいぐるみを抱いて爆睡だし。
一方のさくらは寝相が悪く、寝ぼけて「第1ラウンド…」と寝言を言ったと思ったら、隣に寝ていた宇田川に蹴りは入れるはサンドバッグ状態にパンチを入れるはの大暴れ(笑)
。(-、-)丿

最後は強烈な頭突きを食らって鼻血を出して廊下に避難する宇田川には、深夜だというのに大笑いさせてもらいました。
ギャハハハ(≧▽≦)

今回の犯人=宇田川のマドンナは、宇田川が幼い頃に「お嫁さんになる」と言われて“持って行かれた”相手。
その役を紺野まひるさんが好演。
今回の殺人に踏みきった動機をさくらと宇田川に明かすヒロインの姿が儚かったので、見終わったあとの不快感もなかったし。

久々に宇田川の上司役の渡辺いっけいさんのコメディ演技がクローズアップされていたので満足です。
それにしても、習志野家から「31番」の黄色いバットを貰ってきたことで、あんなに盛り上がる警察官って(笑)六甲おろし、阪神タイガース、31番、習志野…これだけ出しても選手の名前は出さなかったところもd(-_^)good!!

今回の演出は誰なんだろう?と調べたら、やたらと「仮面ライダー」が検索上位にヒットするんですよね。テレ朝の製作部の方だったんですね…灯台下暗し。
今回の演出、わたしはすごく好きです。

脚本は…ん?この方、本業はシンガーソングライターなんですか??
それとも同姓同名さん??
とりあえず脚本の実績で見つけたのは「ケータイ刑事」でした。
メインで脚本を書かれている林さんとはそこ繋がりか。

主演のおふたりの息もそろそろ合ってきたようだし、「キミハン」の世界観にも慣れてきたかな。
『パズル』は脱落しましたが、『キミハン』は見つづけようと思います。

最新ドラマの新鮮情報は人気blogランキングで♪
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。