FC2ブログ

こころね日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

キミ犯人じゃないよね?第2話(4月18日)

 19, 2008 22:59
金曜ナイトドラマ『キミ犯人じゃないよね?』
1話は裏番組を見てしまったので、2話が初見になりました。

この枠のドラマは、基本的に好きで観つづける作品が多いんですけどね…『キミ犯人じゃないよね?』はさてどうでしょう?

NHK大河のヒロイン→NHK朝のテレビ小説『ちりとてちん』ヒロインとして、最近では若手女優の注目株の一角に台頭してきた貫地谷しほりちゃんの役どころは、駆け出しの推理作家志望のフリーター・森田さくら。

さくらの特技は変装、キメ台詞は「このヤマ貰った!」。
2話の中だけでも、しほりちゃんのコスプレのバリエーションは豊富に登場していました。
しかしコメディって本当に難しい分野なんですね…彼女は実力派女優さんだと思っているのですが、このドラマではその魅力が生かされていないような気がしました。

一方、このドラマの主軸の片割れは、さくらの推理力に頼って事件を解決している、恋愛体質の新米刑事“坊ちゃん”こと宇田川。
このなんとも軟弱なアホ刑事を演じるのは要潤くんです。

要くんもずいぶん沢山のドラマに出演していますが、コメディパート、それもオチキャラというイメージは今までには無かったような気がするので斬新でした。
想像以上に要くんのなさけないキャラも合っていて面白かったです。

この“坊ちゃん”のお父様に頭が上がらず、捜査中に美人を見かければすぐ恋に落ちてしまう、なんともつかえない宇田川の、上司にあたる太宰役には渡辺いっけいさんが配役されているので、コメディパートでは、やはりいっけいさんを中心に展開しているシーンが一番安定感がありますね。

しかし、まだ2話なのでこれから先もっと息が合ってくるのかもしれませんが、主役ふたりが「息もぴったり!ナイスコンビ」という設定なのに、イマイチまだ噛み合っていない感じがしたのが残念です。


予想どおり今回のゲスト、新山千春さんが犯人役でした。
それも、父のうらみを晴らすために、父を騙して共同経営していたレストランを乗っ取った男を刺殺、その罪を共犯者を騙してアリバイ工作し、それをさくらに見破られて自首という、実にオーソドックスなパターン。

つっこみどころ満載の穴だらけの“完全犯罪”だったことには、あえてつっこむつもりはありません。
このドラマは、主役ふたりのキャラとゆる~い感じのコメディを楽しんで欲しいんだと感じ取ったので。
それにしても、ちょっと残念な脚本、テンポでしたけどね…。

公式サイトによると、今まで各局でヒットドラマを制作した凄腕スタッフが、週替りでストーリーを手がけていくことも売りの一つのようなので、3話、4話と面白くなる可能性はあります。

テレ朝は金9ドラマ『パズル』を見続ける予定なので、このドラマも見れたら感想を簡単に書いていこうとは思っています。

あと最後に、このドラマの主題歌は個人的にニガテです。
ものすごく深夜ドラマっぽいテイストですけど…。

あまり否定的なことを書くのはナンだと思いましたが、あえて自分の感性に正直に書かせていただきました。ご容赦ください。

人気blogランキングへ
関連記事

COMMENT 0

WHAT'S NEW?