心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

類・千秋・真壁くん・・・

 03, 2008 23:02
gooに掲載されている「彼氏にしたい少女漫画ヒーローランキング」の結果を見て、まずTOP3に「ときめきトゥナイト」の真壁くんがランキングしているのを見て、このアンケートの対象年齢を確認してしまいました。

ついでに4位、「はいからさんが通る」って、読んだことないゾ!と思って調べたら、この漫画が掲載されていた時期は、1975年~1977年だそうです。

でも、8位のアンドレ、「ベルサイユの薔薇」はもっと古い漫画だけど、読んだことがあるくらいだから、古い漫画でも年代層問わず読むことは出来るんですよね。

それにしても、あれだけ数ある少女マンガの中から、まさか懐かしのヒーローがこんなに上位にランクインしているとは驚きです。

「別マ」と「LaLa」「花とゆめ」ときどき「マーガレット本体」、小学校時代に「りぼん」しか読んでいなかった私的には、ランキング上位でも知らないキャラが10人も…。
白泉社系好きとしては、ちょっと残念な結果でした。

それにしても「星の瞳のシルエット」の久住くんって、香澄ちゃんとは相性が良かったけど、パッとしない男の子だったような記憶が…あと、「花君」から中津、「ハチクロ」から最高位ランクインしたのが竹本ってのは斗真ファンが多かったの??と邪推してしまいました。。また余計なことをスミマセン。

この中だったら、「いたずらなKiss」の入江くんと、やっぱり「花より男子」花沢類かなぁ…。
それと千秋様。
「ハンサムな彼女」は好きだったけど、一哉がどんなキャラだったのか覚えてない…。
う~ん…マンガ喫茶に1日、いや暫く篭って読み漁りたい気分になりました( ;^^)ヘ..


わたし個人的には、少女マンガ作品の中でも美青年・美少年ばかり寄せ集めのような『花咲ける青少年』が不動の1位なのですが、その『花咲ける青少年』の連載終了記念として、メジャーではなく同人誌扱いで限定出版された『花咲ける青少年2001』を苦節6年(ウソ)ようやく先月手に入れたばかりなので、ちょこっと披露♪
200803032224000.jpg


物語のヒロイン、アメリカの大財閥の令嬢ながら野生的で中性的な美少女・花鹿・バーンズワースと、ヒロインの兄的存在であり、香港の大会社グループの若き総帥・倣 立人(ファンリーレン)が表紙になっています。
ちなみに裏表紙は、花鹿の“花婿候補”の一人、ラギネイ王国の第二皇子・ルマティ・ダイ・ラギネイ。

作者の樹なつみさんの作品では「oz」「八雲立つ」「獣王星」あたりがアニメ化もされているので有名かな?男性が読んでも、このあたりの作品は楽しめると思います。

「花咲け」は後半、ラギネイ王国のクーデター~ルマティの台頭あたりのストーリーは、少女マンガの枠を越えていると思って読んでいました。
でも、全体的に見たらやっぱり少女マンガよね(f^^)っていう美青年萌え作品なんですけど。

200803032225000.jpg

↑読者投票では、ブッチギリの1位は倣 立人。続いて絶世の美女ならぬ絶世の美男子・フランスの貴族代表、ユージィン・ド・ヴォルカン。

200803032226000.jpg

ヒロインを挟んで、ルマティ、カールと花鹿の花婿候補が続きますが、とにかく美男子ばかりが登場するので圧巻です。

個人的には、唯一の悪役でもあるクインザ・ハヴェスの凍りつくような冷たい視線と、切れすぎて余りある頭脳明晰っぷりに惚れこんでいますが、この中で1人に投票せよと言われたならば、やはり「立人」を選ぶと思います。


もう一度読み直したいのは、成田美名子先生の「サイファ」「アレクサンドライト」、田村由美先生「BASARA」、ひかわきょうこ先生「彼方から」…う~ん、その他諸々読みかけがイッパイ。

あと、もう叶わないけれど、「いたずらなKiss」の完結を読みたい。
多田先生はどんなエンディングを描いていたんだろう…。
だいぶ前にドラマ化されましたが、琴子のイメージが違っていたので、またリメイクして欲しいなぁ。

語りだすと長くなるのでこのへんで(*゚ー゚)ノ

banner2.gif
↑地味に参加中。1クリックお願いします(^∧^)


関連記事

COMMENT - 4

Tue
2008.03.04
01:24

まーさん #kHmSEWWs

URL

あーi-237私も思いっきり漫画を語りたい!
ランキングの中なら私は「瞬きもせず」の紺野くんだわv-345
あの純朴さがたまらんのよね~。
でも「花咲ける青少年」の中ではもちろん立人です。顔が超タイプです。
「はいからさん」は何度か読んだことあるよ。

マンガ喫茶はチビがいて行けないので、
最近はもっぱら「レンタルマンガ」ですi-202

あー書き足りないi-184

Edit | Reply | 
Tue
2008.03.04
06:47

くりごぼう #-

URL

確かに少尉はかっこいい

「はいからさんが通る」の少尉はいいよ~。かっこいいじゃん。私は、このマンガの主人公「紅緒」になりたかったよ。

「星の瞳の~」の久住君は、物凄い地味なんだけど、もてたよね?不思議だが。

ココには出てないけど、「ママレードボーイ」ってマンガの「遊」って男の子。この子もいいよ。

マンガ好きだなぁ~・・・時間と暇があったら、一日中読んでたいよ。

あっ、そういえば、「エースを狙え」の藤堂さんいない。

Edit | Reply | 
Tue
2008.03.04
20:04

心音 #s.Y3apRk

URL

>まーさん
レンタル漫画、今度調べてみようφ(.. )メモメモ

漫画をもっと語りたいですか!
私が東京にいた頃に、まーさんと再会できていたらなぁ…お子さんが幼稚園?小学校?に行っている時間にでもお茶しながら語り合えたのにね…惜しい。

「花咲け」を知ってる人に出会えてよかった♪知らない人も結構いるもんね~ララ系マイナーだから。

「瞬きもせず」と「ホットロード」は人気だったね。男子も読んでたし。
しかし、紡木先生の漫画も内容を全く思い出せない自分…紺野くんのお顔は鮮明に思い出せるのになぁ。記憶障害?(爆)
あらためて読んでみますわf(^^;)

Edit | Reply | 
Tue
2008.03.04
20:18

心音 #s.Y3apRk

URL

>くりごぼうどの
「はいからさんが通る」読んだことが無いんだけど、調べたら「あさきゆめみし」の作者さんなのね!大御所様だわ。
でもやっぱり少尉は知らない…。

「ママレードボーイ」は「ハンサムな彼女」と同じ作者さんだね。アニメ版は何回か偶然見たような記憶はあるんだけど、こちらも未読…。
集英社系はもともと弱いと自負していたけど、ママレードボーイはハンサム~と合わせてマンガ喫茶で探して読んでみるねd(-_^)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。