心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

未来講師めぐる 第5話(2月8日)

 09, 2008 18:57
『未来講師めぐる』今期いちばんのお気に入りドラマです。

個人的に、ユーキ(勝地涼)の生み出す略語と、ギリギリじいちゃん(地井武男)の“ちぃ散歩”⇒“徘徊”、やたらと変わる塾の名前、そして何よりヒロインめぐる(深田恭子)の可愛らしさに、すっかりハマっています。

4話で破局の危機を乗り越えためぐるの彼氏、ユーキの自分語りからスタートした5話。
ローラーブレードのバック進行も、まるで光GENJIのように華麗に決まり、絶好調だったのですが、まぁ浮き足立ちまくってゴミ箱につっこんだり、何かに激突する場面の多いこと。
まさに体を張って笑いを取っています。イケメン若手俳優・勝地涼。

そんなところがサイコーっす!!d(-_^)

めぐると同じく、お腹いっぱいになると人の20年後の未来の姿が見える技能(?)を持っている、じいちゃんはベテラン地井武男さんが、これまたゆる~いキャラを絶妙のサジ加減で魅せてくださっているので、じいちゃんが町内を散歩(徘徊と今回は呼ばれていたけど)しているシーンはまったりして、いい感じです。

今回のツボは、塾の名前変更「太田光アカデミー」⇒ライバル校の名前「前進ゼミナール」をパクって「ぉ前達ァヵデミナール」。

そしてユーキの「イチモツの不安」が、めぐるにより訂正され「一抹の不安」と正しく使われるようになったと見せかけて「石松の不安」に再変換。
このコネタは地味~に、選挙ポスターに「ガッツ石松」さんが登場してました。
こういう細かい仕込みを探す喜びは、同枠ドラマでハマりにハマった『時効警察』でヤミツキになってますからねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ

好きです!こういうノリ。

今回ストーリーのメインは、お受験モンスターママVSめぐる。

このお受験モンスターの息子の小学校の担任と校長から、モンスターがどれだけ厳しい人物なのかという説明を受けているめぐるのビジョンに登場したのが、ジャガー横田さん!
プロレスラーは本業なので、悪役メイクをしてレオタード姿で出てきて大暴れしても、全く違和感は無かったのですが、だんだんめぐるビジョンがエスカレートしていき、終いの果てには、特撮に出てくる怪獣人間と化していたのには大爆笑でした。

しかし、実はお受験モンスターご本人はいたって普通の綺麗なお母様(高橋由美子)だったんですけどね。
しかし見た目とは裏腹に、初対面のめぐるに向かって、スーツのスカートにスリットはありえないとか、マニキュアも禁止とか、受験生が終わるまで講師も恋人といちゃつくなとか、テキストが低レベルすぎるから自分の息子には個別指導しろとか…まぁ、冒頭からダメ出し連発攻撃!

めぐるちゃん、ぶっ壊れてしまって塾メンバーと共にカラオケに行き、「学園天国」を13回連続熱唱+「Are you ready?!」「Yeah!!」⇒意識を失うの繰り返し…。

実はこのお受験モンスター、塾長(武田真治)とは東大の同級生で、「同級生だから、わかってもらえるよ」と暢気に構える塾長にも「あなたは本当に変わったわね。変わってないのは髪形だけかしら」とこちらもストレートが華麗に決まり撃沈。

高橋由美子さん、ジャガー横田さんよりも怖いお受験ママっぷりに最敬礼('◇')ゞです。


武田さんが高橋さんと再会する場面で「どこかで絶対会ったような気がする」という台詞がありましたが、これ、だいぶ昔「南くんの恋人」ってドラマでお二人が共演したことにもひっかけてあるんだと思います。

今回、榊原郁恵さんが「新宿に母」なるあやしい占い師として登場してましたが、どうやらめぐるちゃんのお母さんのようです。

船越栄一郎と榊原郁恵の娘=めぐる
似てないけどなんとなく納得。

次回、めぐるの未来ビジョンに変化があり、なんとその両腕には手錠が!!
ギリギリじいちゃんは今週気づいて取り乱していましたが、次回はめぐる自身がその事実に気づいてしまうようですよ!

めぐるちゃん、このままでは20年後犯罪者??
次回も楽しみです♪


余談ですが、同じコメディでも『貧乏男子』と『未来講師めぐる』では雲泥の差だなぁ…と、個人的には思ってみてます。

こんなことを書くと、ほんとにファンなのか?と言われてしまいそうですが、舞台『カリギュラ』で共演した小栗くんと勝地くんをコメディで見比べたとき、もらった役の設定が違うとはいえ、「向き不向き」の面では、圧倒的に勝地くんの方がコメディ演技力はあると思ってしまいました。

実際、大河ドラマでは真面目に歴史上の人物を演じていて、かたや「めぐる」ではベテランと対等にコメディで渡り合ってますもんね。
地井さんとの掛け合いは、毎回楽しみの一つになっています。

以前、小栗旬のANNにゲスト出演したときのトークを聴いた印象では、以外とユーキのような役は入りやすい人なのかも。とは思いましたが、実際の彼はいったいどんなキャラなのか。
得たいのしれない感じもいいですね。

今回はユーキの中の人マンセー記事で(*^^*ゞ
次回はエロビデオ先生特集!…いや、それは無いです。

banner2.gif
↑地味に参加中。1クリックお願いします(^∧^)


関連記事

COMMENT - 2

Tue
2008.02.12
22:50

まーさん #kHmSEWWs

URL

トップのくまちゃんの視線にビックリしちまいましたv-356

めぐる、面白いよね~。パないっすよ。
昨夜やっと録画を見ることができたけど、最後までゲラゲラ笑い転げてました。
いたるところに散りばめられた小ネタが最高っす。
ユーキが大河のジョン万と同じ人とは思えません。

「南くんの恋人」つながりは連想できなかったぁぁぁi-238
ところで「ちい散歩」は長野でも放映されてるのかな?

Edit | Reply | 
Tue
2008.02.12
23:42

心音 #s.Y3apRk

URL

>まーさん
「めぐる」の面白さはほんっとパねぇ~っす!!
ユーキのしゃべり方って、リアルで十代の子たちが使うんだろうか?
「KY」という言葉を、通学中の女子高生が連呼していたのを聞いて、ジェネレーションギャップを強く感じたもので、ユーキの「ぱねー」も気になってます。

勝地くん、キットカットのCMも可愛いっすよ!

「ちい散歩」東京にいた頃に見たことあるよ。長野では放送されてないね。
地方局は青森・秋田・新潟で放送してるらしいっすd(-_^)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。