心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

あしたの、喜多善男 第2話(1月15日)

 16, 2008 13:16
私が面白いと思うドラマは低視聴率が多い…このドラマも『貧乏男子ボンビーメン』に完全に食われたようで視聴率が1桁に…8.0。
『歌姫』の二の舞だけは回避してほしいと願います。まぢで。
こんなことを言う私は、これでも小栗ファンです(^^;
と同時にドラマファンでもあります。

昨夜は『喜多善男』と『貧乏男子』両方見ました。
ドラマのつくりとしてのクオリティは、圧倒的に喜多善男の方が高いと思ったんですよ。
キャストが持っている視聴率の数字は、圧倒的に貧乏男子が上。

結局、月9が常に高視聴率をたたき出し、話題性のあるキャストをそろえておけば数字が取れる昨今、ストーリーも演出もたいした問題じゃないんじゃないか…と、また実感した水曜日です。


あしたの、喜多善男第2話。
キーワードは「カレー」「信頼」「ネガティブ善男」「みずほ」

詳細はこの後につづきます。
善男は死ぬ前に食べたいものとして、中村屋のカレーを選択。
1話でも2話でもこのカレーを本当においしそうに食べています。
そして、実母のもとを訪問した際、5年前に夫に先立たれ、若干惚けてしまっている様子の母が作った喜多家のカレーも食べていました。
とにかく「カレー」が頻繁に登場するドラマだなぁ…という印象が強いんです。

1話、2話と連続で終盤に「ネガティブ善男」という幻が、ポジティブに明日のことを考えようとしている善男の前に現れ、次々とネガティブな感情を善男に思い出させ苦しめています。
ネガティブな部分を強く持った人にとっては、このシーンはすごく引き込まれるシーン。

喜多善男(小日向文世)はあと9日で自らの人生を終わると誓い、思い残すことの無いようにと、偶然知り合い色々と親切に身の回りの世話をしてくれるキャバレーのスカウトマン・平太(松田龍平)の元に身を寄せながら、今までにない幸せな経験を次々と重ねています。
2話では、上から鉄の塊が落下してきて善男を直撃しそうになったところを、この平太が身を挺して救ってくれました。

妙に親切な平太を最初は信用できなかった善男も、平太に心を開き、信頼するようになっていたのですが、平太から「喜多さん、保険に入ってくれないか」と持ちかけられ、再び平太に疑念を抱くようになります。

そんな自他共に認める“冴えない男”であるはずの善男には、過去に人もうらやむような清楚な美人妻・みずほ(小西真奈美)がいました。
善男はみずほとの想い出を美化し続け、別れた今でもみずほをとても愛しているようで、みずほとの想い出話を平太に語るシーンで登場する、善男ビジョンでのみずほは本当に清楚で控えめな女性です。

しかし、現在のみずほはカウンセラー(岩松了)の元に通い、毎晩悪夢にうなされて怖いと毎回切実に訴えかけています。
この悪夢に登場するのが過去の夫である喜多善男。
みずほ曰く、「あの男(善男)は嫌がる自分の気持ちに気づかずに口説いてきて、結婚させられた」ようなので、善男とみずほの認識はだいぶかけ離れているんですよね。

このみずほという女の周りには、保険調査士(生瀬勝久)が最近張り込みをしていて、この部下が善男に近づき、1話でバッグをひったくったように見せかけて、バッグの底に発信機をつけて善男の動きも見張っている様子。

というのも、みずほは善男と別れた後に再婚していて、この再婚が死亡。
多額の生命保険金を手にしていたことから、みずほが実はこの男を手にかけたのでは?という疑惑があるからなんです。

確かにみずほは現在、高級車を乗り回すような大きなアパレル会社の女社長になっていて、会社で秘書(要潤)に見せる顔は、善男やカウンセラーの前で見せた儚さや弱さは微塵も感じさせない、とてもしたたかそうな顔を見せる気の強い女。
これが本性だと思われるので、この女に保険金殺人の疑惑の目が向けられるのも不思議ではありません。

みずほは善男とは二度と会いたくない、と言っていましたが、次回、善男はみずほの前に現れます。
善男は死ぬ前に会いたい人の一人として、当然みずほの名前を挙げているのですから…。

このドラマ、人の裏と表、思い込み、幻想、欲などをミステリー調で描きつつも、ところどころでくすりと笑える要素も盛り込まれていて、作品としてとても練られているなぁ…と感心しきりです。

面白いと思うんだけど…世間一般的にはダメなのかなぁ。
伏線張りまくりの巧妙なつくりのドラマは受け入れられないのか。
視聴率には振り回されたくないと思いつつも、出た数字を見てやりきれない気持ちになります。

少なくとも私はこのドラマ、今のところ今期では1番好きです。

banner2.gif
↑地味に参加中。1クリックお願いします(^∧^)
関連記事

COMMENT - 5

Thu
2008.01.17
04:53

心音 #s.Y3apRk

URL

>ヒミツのコメントさんへ
すみません…今週は月9の裏の泉ピン子さん主演ドラマ
を見ていた為「薔薇のない花屋」は見ていないです。
録画するのも忘れてました(^-^;

次回、見て感想書きますね。

Edit | Reply | 
Thu
2008.01.17
17:04

まちゃっぽ #9L.cY0cg

URL

小日向さんだし間違いなさそう。と思いつつ、相変わらずドラマ見てないんだけどね^^;視聴率低いんだ。でも、来週から見てみようかな。
「貧乏男子」は小栗くんだし♪とビデオ録ってみたけど、なんだか見る気しないかも。。。

Edit | Reply | 
Thu
2008.01.17
19:55

心音 #s.Y3apRk

URL

>まちゃっぽ
小日向さんはほんっとイイ役者さんだよね~!
喜多善男は10代や20代前半の人には、ついていけない
話かもしれないけど、地味ながら面白いドラマだよ。

「貧乏男子」は主人公(小栗旬)のキャラをすんなり
受け入れられれば面白いと思うよ。
軽~い感じで見たいなら、ボンビーおすすめ。

来週、見比べてみてはいかがでしょう?ふふふ

Edit | Reply | 
Fri
2008.01.18
21:05

せる #mQop/nM.

URL

喜多善男

こんにちは。
自分もこのクールはこのドラマを見ています。
小日向さんが表情豊かでいいですね。
狂気のある演技は舞台を見ているようです。

元妻やアウトローや生保調査員や不思議少女や、
周りを取り巻く面々も面白いです。
個人的にはここに渡辺いっけいさんが来ればチェックメイトかも。

Edit | Reply | 
Sat
2008.01.19
00:03

心音 #s.Y3apRk

URL

>せるさん
こんばんは。
コメントありがとうございます♪

小日向さんの表情、ドラマの脚本も舞台風な要素が
入っているんですね。言われて気づいてみました(^-^;
登場人物も、あらゆる人種が登場していて、謎めいていて、
1つのドラマの中に、いろんな要素が混ざっていて、
ハズレのない福袋のような気分で楽しませてもらってます♪

いっけいさん!そうですねぇ、加わったら最強ですね!!

裏は「オフィスクレッシェンド」ですが、いかがでしょう?

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。