心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

有閑倶楽部 最終回(12月18日)

 21, 2007 18:36
有閑倶楽部最終回が終わってから数日経過してしまいましたが、1話から完走したので感想を書いておきます。
φ(.. )メモメモ

10話(最終回)は原作に登場した人物の名前(高千穂など)を使っただけの、ほぼオリジナル脚本のストーリーでした。
原作の高千穂は同性愛者であることを利用されて、聖プレジデント学園の土地権利書を美しき詐欺師に奪われてしまうのですが、最終的にはふたりの愛が勝り、有閑倶楽部の活躍もあって土地権利書を取り戻すというストーリーだったのですが、ドラマでは同性愛ものを避けたのかな?
その割にはタイムリーに拳銃発砲ものだったけど…。

魅録がクリスマスプレゼントとしてファンから贈られたモデルガンで悠理と美童にふざけて引き金をひいたら実弾が入っていて、あわや殺人事件!という問題のシーンからスタートしたもので「おいおい、この時期にこの内容放送していいのか?」と思ったのは私だけではないはず(^-^;

拳銃を闇取引しているヤクザ屋さんが道明寺財閥会長秘書(花より男子)だったので、いつから転職したの?とかくだらないツッコミを入れつつ…。
赤西魅録がボコられて気を失ったところへ横山清四郎率いる有閑倶楽部メンバーが助けにくるベタな展開は、オリジナルにしては原作テイストを良い感じで汲み取っていてd(-_^)good!!

前半は主役を目立たせること優先で、原作ではそんなメインを張らないポジションで魅力を発揮する魅録をしゃしゃらせてた+へんなヒトメボレネタを1話にもってきたばっかりに失敗。
後半は原作に則って清四郎を司令塔として立てるようになったので俄然面白くなった印象です。

最終回も横山清四郎のアクションが格好よかった。
有閑倶楽部の形ができあがったのが最終回ちょっと手前までかかってしまったので、最初からこのくらい出来てたらもっと面白かったのに…。
けど、最終回はテンポもよかったし、それなりに面白かったので「オツカレサマでした」で〆たいと思います。

個人的には10代の頃からの横山裕を見ていたけれど、初めて「あぁヨコかっこいいかも」と思えたので、清四郎バンザイです。
悠理は原作イメージそのままで可愛かった!美波ちゃんに拍手。
本職の女優さんなので野梨子役の香椎由宇ちゃんは一番安定。綺麗でした。
以上です。


完走記念おまけ。各回おもしろかったランキング。
1.5話 清四郎と悠理のSM新婚さんいらっしゃーい♪どS清四郎萌え
2.9話 悠理の取り憑かれ演技&残り5名のカジノ姿+123456花瓶8♪
3.4話 へたれ美童ときぬばーちゃんの恋
4.10話 有閑倶楽部メンバーの団結で〆。清四郎萌えpart2
5.7話 可憐の玉の輿ストーリー。王子が意外とよかった。

以下、どんぐりの背比べ
ワースト1は不動で1話。

ついでに『ガリレオ編』
1.1話 犯人役の唐沢寿明のど迫力に乾杯。
2.3話 ポルターガイスト?実に非科学的だ。マンホール…
3.4話 ぼくなら跡も残さない 福山VSお色気慎吾
4.7話 美貌とナイスバディで男を狂わせる犯人・深田恭子がツボ。
5.10話 レッドマーキュリーの破壊力

たぶん、単純にドラマとして面白かったのは10話より9話なんだけど…最終兵器がすごすぎた。
ワーストに10話を入れたいところだけど、6話が単純に面白くなかった。そして内海の幼馴染が不快すぎた&堀北真希の存在感の無さでワースト1確定。


今夜は『歌姫』最終回!楽しみだ♪
banner2.gif
↑地味に参加中。支援ポチッとな(^∧^)
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。