心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

有閑倶楽部 第8話(12月4日)

 06, 2007 07:10
色々と苦言を呈しながらも見続けている『有閑倶楽部』も8話まで終了。
残り2話となりました。

9話の原作ストーリーは4話に続き心霊モノです。カジノでの大勝負も出てきます。
このストーリーを安っぽく作ったら、それはそれで大した才能だと思われますので、別の意味でも注目していますが、9話には8話で原作の世界をまたしても壊していただいたので、4話5話レベルの出来を期待したいと思います。

先に9話のことを書きたくなるほど、個人的には8話は(*´д‘;)…でした。
時宗ちゃんがお腹ピーで動けなくて、代わりに有閑メンバーが活躍するという大筋だけ原作から引用して、他の部分はオリジナル。

オリジナルで突如として生まれたキャラがおかまのケイコちゃん。このケイコちゃんを演じられた鶴見辰吾さんの熱演だけが光っていました。
鶴見さんの使い方がもったいない!!
ある意味、ギャグ的でリアリティのない時宗ちゃんを原作どおりに生かしてくれている鹿賀さんもグッジョブなんですけどね…千秋さんはいったいなんだったんだろう。。
秋吉さん、絶対に原作読んでないですよね。
原作どおりの千秋さんじゃなくてもいいから、千秋さんは時宗ちゃんと一緒にギャグキャラにだけはしないで欲しかった。
千秋さんは姐さん系のゴージャスな美女であって欲しかった…。

8話の見所は…強いてあげるのならば、前述したとおり、鶴見さんのオカマさんが秀逸だったことと、ジャニ3人の女装が可愛かったことくらいです。
このドラマには高いレベルを全く期待していなくて、学芸会レベルでもいいからとにかく楽しませてもらいたい、やっとそれぞれのキャラが確立してきたのだから、とにかく見た目美しく、できれば原作に近くという願いだけなのですが…。
8話まできて1、2話レベルに逆戻りって(;つД`)

結論:原作ストーリーをほぼ無視して無理やりオリジナル脚本に置き換えた回は面白くない。

少なくとも9話のベースになっている原作ストーリーは、ムリにオリジナルに改変する必要もない割とオーソドックス(有閑の中では)なお話だと思うので、無難に作られていることを願います。
有閑メンバーがカジノに出かける姿は格好よかった(特に横山清四郎の着流し)ので楽しみにしています。

ドラマ『有閑倶楽部』第9話の原作は文庫版第3巻で読める♪


<余談>
8話を見てストレスを感じたので、有閑の二次創作を読み漁ってみました。
素人が書いている二次創作もピンキリですが、へたな脚本より面白いものも沢山ありました。
たぶん、清四郎×野梨子のカップリング萌えの人が多いと思いますが、私は清四郎×悠理カップリング萌え派です。
でも、原作には恋愛を持ち込んで欲しくないので、カップル話はあくまでも二次創作の世界だけでのお楽しみで♪

banner2.gif
↑地味に参加中。1クリックポチッとな(^∧^)
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。