心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

恋のから騒ぎドラマスペシャルⅣ(11月30日)

 01, 2007 20:21
「恋のから騒ぎ」から派出したラブストーリーをドラマ化するしリース第4弾、3本立てで放送されました。

・「ナマイキな女」を掘北真希ちゃん
・「声が震える女」を石原さとみちゃん
・「殺したい女」を水川あさみちゃん
がそれぞれのエピソードの主人公役で登場。

私は10時から裏の『歌姫』に移動してしまったので、1話「ナマイキな女」だけを視聴。

ストーリーとしては、ロケットが貧乏アパート前に突如として出現して、「これから宇宙旅行に一緒に行きましょう」等と、とにかくありえない話でしたが、成績優秀で自信過剰な女子大生・イクミ役の掘北真希ちゃんと、合コンでイクミにひとめ惚れするウサンクサイ金持ちの男・マコト役の田中幸太朗くんの掛け合いが面白かったですよ。

あと、北村一輝さんが冒頭、イクミが一流企業の最終面接会場で出会う公認会計士・草柳として登場するのですが、この“1%の男”も相当な勘違いヤローなのですが、「1%なんて大した確率じゃないと思います」とバッサリ斬り捨ててしまったイクミの方が“ナマイキな女”ということなんですね(^^;

「どこかに社長としてすぐに採用してくれる会社は無いかなぁ」
「決めた!私、政治家になる」
等など、イクミの自信過剰っぷりはすごかったけど、それに輪をかけて「電話の相手はマライヤ(キャリー)」と言って、外人風イントネーションの怪しい日本語を連発、オマケに「TOEIC990点!」だとか、「車は38台、いや40台持ってます!」とか「会社を7つ持ってます。大きな会社です」とか、どう考えてもウソっぽい発言を連発するマコトはもっとすごかった!

誰もがほら吹き男だと思っていて相手にしないのに、「この人だけは私を現実から違うところへ連れていってくれる」という理由で携帯番号を教えて、その後もデートに応じるイクミ。

ある日、マコトとレストランでデートをしていた時、オーダーを取りに来たウエイトレスが、イクミが長いこと片思いをしていた男と最近付き合い始めた可愛いお嬢さんで、彼女を見つけてしまったイクミがポツリと

「天は二物を与えないなんて言うけど、絶対あれウソだよね。彼女は三つも四つも持ってる」

とマコトの前で弱音を吐いてしまう。

すると翌日、このお嬢さんが内定をもらっていたマイクロバンクから、“貴女は三つも四つも持っているからいいでしょう”という理不尽な理由で突然内定取り消しをされてしまい大泣き。

まさかと思いながらもイクミはマイクロバンク本社へ。

受付嬢に「ソウダマコトって男、この会社にいる?」とまくし立て、強引に連絡を取らせると

「会長が会うと申しております。32階へどうぞ」
と受付嬢から思いがけず社内へ通されるが、そこでマコトが本当に大会社の会長であることを知ってしまったイクミは、いままでウソだと思っていた言葉は全て真実であったことに気づき、愕然としてしまいます。

挙句の果てには
「(お嬢さんの)内定を取り消せばイクミちゃんが喜ぶと思った」だの
「もしよかったらうちの会社で働かない?」
とマコトに言われたイクミはプライドずたずたにされて、マコトを思いっきりひっぱたいて会長室を後に…。

最終的には、イクミが冗談で発した
「宇宙旅行なら一緒に行ってあげてもいいよ」
という言葉どおり、マコトは宇宙旅行の準備をしてイクミを迎えに現れ
「僕はおもしろいウソのひとつもつけないつまらない男です。けど、君を思う気持ちも本当なんです」
と決死の告白。

それを受けたイクミは
「あんたの言葉、いちいち重たいのよ」
と一蹴するのかと思ったら…
「重力のないところで聞いてあげる」
とハッピーエンド♪だったんですね。

チャチな話だと思ったらそれまでかもしれないけど、ありえない話すぎていいんじゃないの?と思ってしまいました。

日テレさん、「有閑倶楽部」はあまりにも安~い感じの作りですが、こちらはありえない設定ながらもそれほど安い印象は受けなかったですよ。
予算の違いなのか、演出の違いなのか…役者の違いなのか。

今回、掘北真希ちゃんの相手役だった田中幸太朗くんって知名度はまだ高くないですよね。

私は『風林火山』の香坂弾正役でこの役者さんの存在を知ったばかりですが、時代劇でも落ちついていて良いなぁ…と思っていたら、普通のドラマでも表情豊かで良いかも!と、また1人注目したい役者さんに追加しちゃいました(^^_)ルン♪

リアルで私の好みを知っている旧知の友人なら、「あぁ、心音の好みだわ」と言いそうなお顔と雰囲気ですよ(笑)


でも、ストーリー的には石原さとみちゃんと塚本高史くんコンビの『声が震える女』をちゃんと見たかったなぁ。
アイドル好きな女がある日目の前に現れたアイドル本人を目の前に声が震えまくる話。

banner2.gif
↑地味に参加中。支援ポチッとな(^∧^)
関連記事

COMMENT - 2

Sun
2007.12.02
21:45

まーさん #kHmSEWWs

URL

田中幸太朗くんは私も好きよv-344
ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」での彼は最高です。
他にも色々と出てるけど、存在感のある役者さんだよね。
戦隊モノのアバレンジャーでアバレキラーもやってたり(笑)

Edit | Reply | 
Sun
2007.12.02
23:10

心音 #s.Y3apRk

URL

>まーさん
あ、やっぱり趣味がどこか似てるのかもね♪ちょっとウッシー系だし。

田中幸太朗くん、見るからに特撮系っぽいなぁ…と思ったんだけど、アバレンジャーかぁ。
φ(.. )メモメモ

「世界の中心で愛を叫ぶ」映画しか観てないんだけど、ドラマ版も今度見てみるよ!

最近、バレー時代の友コメントが続いててなんだか嬉しいわー。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。