心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

コタツ猫

 25, 2007 00:42


最近のメグのお気に入りスタイル。

コタツに潜っていて、暑くなると上半身だけ出てくるんですね~。
ご満悦な表情を見つめていると、頬が自然とゆるみます(*ノ▽ノ*)


風太郎じいさん、昨日の朝に恒例のテンカン発作を起こしてしまいましたが、
その後から、声帯に異常が起こったらしく、ハスキーヴォイスになって男前です。


テレビドラマ、昨夜は『歌姫』、今日は『風林火山』再放送を観ましたよ。
歌姫は感情移入していまってラストは号泣。・゚゚・(>_<)・゚゚・。
詳細は明日にでも書こうと思っていますが、とにかく鈴も切ないけど、美和子と鯖子の意外な共通点を知ってしまったので、こっちにも太郎と幸せになって欲しくて…でもちび鈴と太郎の育んできた大切な想い出を思うと、やっぱり鈴の元から去って欲しくもなく…とにかく観終わって1日経過したのに、感情のごった煮状態なんです。


風林火山はラストに向け、川中島の合戦を再現するイベントの模様をNHKが放送していました。現地には山本勘助役の内野聖陽さんも登場して、寒い中熱気ムンムンの川中島でした。

ドラマもあと4話というところですが、景虎に人質として取られ小田原に連れていかれた伊勢姫が美しく、Gacktと井川遥の美男美女コンビの画面に「綺麗だー」と呟いてしまいました。
細かいことを言えば、三条夫人はコテコテの京ことばを甲斐に嫁入りした後も使い続けているのに、それよりも若い伊勢は京ことばの名残もないのが不思議でした。

長尾景虎=「おぬし、女人は経っておるのか。それはいい」
イメージだったので、いくら母上に瓜二つといっても他人の妻、伊勢に心奪われるとは意外な展開でした。
しかも、我は毘沙門天だ!と言って矢と鉄砲の弾が飛び交う最中、悠々と酒を呑むシーンへと繋がったのも、伊勢の言葉に逆上しての行動のようで…う~ん、実は強烈なマザコンだっただけなのか…う~ん。

あまりにも景虎ワールドが濃すぎて、せっかく久々に登場した素敵な北条氏康がかすんでしまいましたね(;´д`)トホホ

そして主役、勘助が男前の上に頭も良い独身の香坂弾正に目をつけ、リツの婿に…と企んでいる姿は、熾烈な川中島前のほっとするヒトトキを醸しだしていました。

さらにさらに!ドサクサに紛れて、ついに葉月にプロポーズした伝兵衛を見て「よく言った!」と心の中で拍手してました(^-^)//""パチパチ
地味に伝兵衛はいい味を出してくれてますからね。

ちゃんとした感想文は次回に回すとして、今回はショートVerにて。

banner2.gif
↑地味に参加中。支援ポチッとな(^∧^)
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。