FC2ブログ

こころね日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

情熱大陸 小栗旬(前編)11月11日

 13, 2007 00:46
情熱大陸、今週と来週2回に渡って密着特集されるのは小栗旬。

今年はその知名度を一気に上げ、いろんなところで活躍した役者さんですね。
ウィークリーぴあでは「小栗旬の時代」とまで書かれた売れっ子俳優に夏前から現在まで密着取材したものを、2週に渡って放送するようです。

私も今年、小栗旬という役者の魅力に目覚めた一人ですが、とにかく彼が出演したドラマは軒並み高視聴率つづきで、主演映画の舞台挨拶やイベントのチケットはオークションで破格の高値で落札され、現在上演中の主演舞台「カリギュラ」のチケット争奪戦も熾烈なものでした。

その人気の高さに、ジャニにはまっていた頃よりも強烈なものを感じているのが私自身なので、今回の情熱大陸の特集を見て、その人気の的にされている本人の忙しさ、苦しさを目の当たりにして、なんだかその辛さがシンクロしてきて、少々観ていて辛かった。

小栗くんの過密スケジュールは、1ファンとして理解しているつもりでしたが、情熱大陸で公開された、彼のマネージャーさんのシステム手帳を見て、わたしが想像していたものよりも更に過酷なスケジュールだったことを思い知らされました。

もう、とにかく毎日コマからはみ出すほどの仕事・仕事・仕事!!
お休みらしい日は、その過密スケジュールの中に埋没して見当たりませんでした。

小栗旬のANNを夏頃から聞き続けていたので、実際にはドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス』と同時進行していた蜷川幸雄演出のシェイクスピア喜劇『お気に召すまま』の休演日に大阪にて1日休日があったことは知っていましたが、ほんと、休みらしい休みはあの日一日だけだったのでは??と。

連続ドラマと舞台公演を同時進行させるだけでも大変そうなのに、その仕事の前後には、これまた全然違った役柄の仕事が入っていましたからね…恋愛どころの騒ぎじゃなかったんでしょう。
「彼女欲しい癒してほしい」と口走ってましたが、実際にはまともに恋愛する時間も無くて手放してしまったとも言っていました。

主演映画「クローズZERO」の初日舞台の日に、行方不明になって時間に遅れてしまったとANNで言っていましたが、情熱大陸を見ていたら、当日足元ふらふらで廃人のような顔をして現場入りする姿も流れていました。

あんなにボロボロになるまで仕事に追われる24歳…そこに喜びだけを見出しているわけではなくて、絶望も感じてしまっていたんだろうなぁ…それでも舞台に上がれば笑顔できちんと対応。

つくづくスゴイ人だと改めて思いました。

後半、11月18日(日)23:00~TBSで放送されます。
ちょっと気になったアナタ、見てみてください。

banner2.gif
↑地味に参加中。1クリックお願いします(^∧^)
関連記事

COMMENT 4

Tue
2007.11.13
16:38

にゃぽ #-

URL

見てました!!

心音さん、こんにちは~。
心音さんのアップ、待ってました!!
なるほど~、心音さんはそんな風に見ていたのか~…と何度か読み返していました。
私が見てまず思ったのが「尾崎豊に似ているなぁ~」って事です。以前どこかのTV番組で尾崎豊の特集があって、やっぱり密着の番組だったんですが、その時に見せていた素顔と小栗旬くんの顔がだぶりました。生き急いだ人生もシンクロするような…。いや、私は尾崎豊にもそれほど入れ込む様なファンではありませんが、なんだか脳裏に焼き付いていました。
「演技をすることが好き」と言っていたと記憶していますが、あの若さで好きな事が出来る喜びを知っているのは羨ましいと思う部分と共に、期待に応えていかなければならない事の大変さを背負っているのが何だか辛くもあり、複雑な気持ちでした。
30分はあっと言う間でした。来週も勿論見るぞ!!と思っている私です。
なんだか上手く書けませんが、小栗旬くんを応援していきたいと思いました。
では、また。

Edit | Reply | 
Tue
2007.11.13
19:20

心音 #s.Y3apRk

URL

ムズカシイ

>にゃぽさん
「情熱大陸」の感想、ありがとうございます!

そうそう、生き急いでいる感じと、どこか窮屈そうにだけど自分の才能を生かせる場所に対してものすごくエネルギーを使っている姿を見て、尾崎豊を思い出した。とほかの友人からも言われたんですよ!

尾崎の場合は薬に手を出してしまったり、早死にしてしまったりと、マイナスのイメージもあるのですが、良い意味ではそれだけ芸術的カリスマが小栗旬にはあるんだとも取れますよね。

芝居をすることが好きで、こんな風に熱狂的アイドル風の人気は欲していない、またこの人気に勘違いしそうになる自分も嫌だと言ってましたね。

過去に私が応援してきたジャニタレ達の中にも、やはり忙しいことを苦痛と思ってしまう人と、人気絶頂であり続けたいと願う生粋のアイドル体質の人、両方のタイプがいました。
もっと売れたい!注目されてバッシングもストーキングもひどいけど、そんな俺サイコー!と思える子はいいんですけどね…小栗くんは、そういう体質では無いから、なんともいえない気分で見守ってます。

お願いだからこのプレッシャーに押しつぶされないで欲しい。へんな方向に逃げないで乗り切ってほしい!と願って。

にゃぽさんも小栗くんの魅力を一緒に語ってくださってうれしいです。
来週も見逃せませんね!

Edit | Reply | 
Thu
2007.11.15
23:18

エム #-

URL

超多忙なスケジュールにも関わらず頑張っている人は応援したくなるものですね
反面教師で緊張の糸が切れてエリカ様のようににならなければいいですが

Edit | Reply | 
Fri
2007.11.16
23:40

心音 #s.Y3apRk

URL

>エムさん
こんばんは。
頑張ってる人を見ると、こっちもガンバロウ!
と、思えるし、清清しいですよね。

エリカ様化・・・小栗くんの場合、下積みも長かったので、あぁいう壊れ方はしないと思いたいですね...。
なにやら新しい彼女?もできたようで、フラ〇デーに大々的に載ってしまいましたが、少し安心しました。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?