心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

F1ブラジルGP 2007シーズンの覇者は?!

 22, 2007 21:54
ワールドチャンプ争いは、最終戦ブラジルで劇的な結末を迎えました。

キミ・ライコネン
悲願の初タイトルおめでとうございます(^-^)//""パチパチ

一番ワールドチャンピオンへの道が険しかったライコネンに、7年越しの悲願のタイトルがもたらされた、キーを握っていたのは、ポールポジションを獲得していたフェラーリの同僚マッサと、ワールドチャンピオンに一番近かった新人ドライバー、ハミルトンでした。

【ポイント1】
スタート、ポールスタートのマッサがスタートと同時に、隣の2番グリッドからスタートしたハミルトンの前に立ち、その隙をついてマッサの後ろ3番グリッドからスタートしたライコネンが2位に浮上した場面。

【ポイント2】
スタートで3位に落ちたハミルトンの焦りが招いたコーナーでのミス。
外に大きく膨らんだハミルトンのマシンは一瞬コースアウト。
その間に4位走行していたアロンソが3位に浮上。
ハミルトンは8位でコースに復帰した場面。

【ポイント3】
8位から怒涛の追い上げを見せたハミルトンだが、64/71周の時点で突然の失速。
ギアが入らなくなったハミルトンのマシンは、このまま息絶えるのか?!
と思われたが、なんとか復活。
しかし、ポジションは18位にまで降格。

【ポイント4】
ハミルトンのアクシデントを見て、マクラーレンチームは3ストップの変則シフトへ戦略を変更。
搭載燃料は軽く、タイヤはフレッシュな状態でどれだけ追い上げられるか?!

【ポイント5】
フェラーリチーム1回目のピットストップでは、マッサライコネンの前でコース復帰。
続いてピットストップしたライコネンはここで、マッサよりも2周分多く燃料を搭載してコース復帰。

【ポイント6】
フェラーリチーム2回目のピットストップ、先にピットインしたマッサを見て、ライコネンが地道に縮めていたマッサとのギャップを詰め、逆転するために怒涛の走りでファステストを連発。
マッサよりも2周遅れでピットストップしたライコネンは、ギリギリでマッサよりも前でコース復帰。
このままのライコネンは1位チェッカーまで安定した走りを見せていた。


ワールドチャンピオン争いの大きな流れは、おおまかにこの6点だと思っています。

アロンソは予選からペースが上がらず、前半4位走行していたクビサにオーバーテイクされ、一時はそのポジションを4位に戻したが、クビサのピットストップにより辛くも3位フィニッシュでした。


ライコネン贔屓の私としては、ライコネンが1位に立ち、ハミルトンが8位に甘んじている間、手が冷たくなるほど緊張してTVを見つめて応援していました。

最終ラップに近づいた頃、4位クビサと5位ロズベルグのサイドバイサイドのギリギリの攻防を見て、冷や汗かいたし(^_^;)

ライコネンの優勝がかかっていなかったら、もう少しクビサとロズベルグの攻防も純粋に楽しめたのに…。

ライコネンが1位チェッカーを受けた瞬間、夜中だというのに、大拍手していました。

マクラーレン時代、速さはあるのに毎回マシントラブル等の不運でワールドチャンピオンを手にすることが出来なかった、キミ・ライコネンの笑顔をレース後のインタビューで見た時は、うるうるっと来たし、表彰前にフライングしてシャンパンを一口飲んでいたライコネンには笑わせてもらいました。

ちょうど10月に28回目の誕生日を迎えたライコネンにとっては、最高の誕生日プレゼントになったことでしょう。

心からおめでとう!!

3年連続チャンプの座を手に入れることは出来なかったフェルナンド・アロンソも、表彰台では笑顔を見せていました。
キミとフェルナンドは何気に仲良しですよね。

そして、ルーキーイヤーにして、ワールドチャンプに一番近いところにいたルイス・ハミルトン
色々ありましたが、中国GPでのリタイヤから少し歯車が狂い始めていたんでしょうか。
まだまだ若いドライバーですから、今後も優勝戦線の一角には台頭してくることでしょう!

3つ巴のワールドチャンピオン争い、本当にすごかった!いいレースをありがとうございました。

最後に…

このブラジルGPでは中嶋悟氏のご子息、中嶋一貴がウイリアムズからF1デビューを飾りました。
慣れないピットインで、待ち受けたクルーに勢い余ってマシンを突撃させてしまっていましたが、10位完走お疲れ様でした。

中嶋一貴が加わったことで、佐藤琢磨、山本左近と共に日本人ドライバーが3人もF1の舞台に登場。
これも地味にスゴイことだったんですよね。

来年は更なる飛躍を期待!

banner2.gif
↑地味に参加中。支援ポチッとな(^∧^)
関連記事

Tag:F1 ライコネン アロンソ ハミルトン マッサ

COMMENT - 2

Tue
2007.10.23
19:50

Hiro #s8kTdXTU

URL

こんばんは

風林火山だけでなく、こちらにもコメントを・・・
私は最終戦見逃してしまいました~最悪だ

アロンソかライコネンに頑張って欲しい気がしていたので結果には満足です
でも正直ライコネンのチャンプ獲得は無理だと思ってました
レースってわからないものですね

Edit | Reply | 
Tue
2007.10.23
20:24

心音 #s.Y3apRk

URL

F1ネタ

>Hiroさん
F1ネタにもコメント、ありがとうございます!
ブラジルからの生中継では、起きて最後までレースを
見守ると月曜から睡眠不足になっちゃいますからね( ;^^)ヘ..

ライコネンは純粋に勝つことだけを考え、レース意外の
場所で繰り広げられる揉め事には興味無さそうで好感を
持って応援しています。
見た目も格好イイんですけどね。

ハミルトンを襲ったアクシデント、あれを目撃したときには、
本当にこんなことがあるんだ…としみじみ思いましたよ。
その瞬間、一気にライコネンのタイトル獲得が現実味を帯びて
きて、見てるこっちも文字どおり手に汗を握りました。

キミファンですが、私もアロンソがタイトル獲得をしても
素直に拍手をおくっていたと思います。

再放送でぜひチェックしてくださいね!いいレースでしたから♪

Edit | Reply | 

TRACKBACK - 1


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  [F1]最悪・・・最終戦見逃した!!
  • ◆F1◆ - livedoor Blog 共通テーマ 一眠りしてから見ようと目が覚めたらすでに午前4時ということで、チャンピオンのかかった最終戦を見逃すという大失態です最近F1のテンション下がってたとはいえ、最終戦くらい生で見たかったなぁまぁ、ブラジルGPは毎年時差の関係で時
  • 2007.10.23 (Tue) 19:45 | Hiro's - Blog

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。