心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

風林火山 第41回 「姫の死」(10月14日)

 17, 2007 19:03
晴信(市川亀治郎)に看取られて、勘助(内野聖陽)の愛する諏訪の姫様・由布姫(柴本幸)が亡くなりました。

由布姫「女の私には、戦は合わぬ。すぐに敵を愛してしまう故。
いや、男も女も嫌じゃ。生まれ変わるのならば、あんな水鳥が良い。
国も、身分も無く、どこまでも飛んでいける」
「そなたを困らせるのは私のクセなのです」
「あれ?おかしいぞ。私はもう死んだのですか?」

最期に印象的な台詞を残していきました。
由布さん、演じるのが難しい人物だと思いますが、そこへ抜擢された新人・柴本幸さん、お疲れ様でした。

正直、由布さんはあまり好きなタイプの姫ではない上に、この風林火山では心理描写をそれほどされてこなかった為に、感情移入するのが難しかったので、最期も泣けませんでしたが、柴本さんの好演には拍手!

そして、私が一番この『風林火山』で贔屓にしていた、今川トライアングルの一角、いや、要とも言える人物・軍師の雪斎(伊武雅刀)が脳梗塞で世を去りました。

それを見取ったのが、後の徳川家康。ドラマとは言え、驚きました。
この今川の軍師がいかに優れた人物であったかが表現されていますよね。

伊武さんの死に演技はさすが!としか言いようがありません。
これぞベテラン。
雪斎が死んだことによって、今川があっという間に力を失い、まもなく桶狭間にて義元(谷原章介)が討ち取られうことになるのもうなづけましたから。

主要人物2名の死という激動を描いた回でしたが、最期に由布に戦の采配を託すなど、晴信の人間臭さがとても伝わってきたし、由布姫が亡くなったことを告げられた勘助が、木曽の軍勢を滅多切りにしながら慟哭するあたり、やはり濃いぃなぁ…と思いました。

今回は手抜き&遅延感想ですが、これにて締めさせていただきます。

banner2.gif
↑地味に参加中。支援ポチッとな(^∧^)
関連記事

Tag:風林火山 内野聖陽 市川亀治郎 柴本幸 伊武雅刀

COMMENT - 2

Thu
2007.10.18
13:08

Hiro #s8kTdXTU

URL

こんにちは

由布姫と雪斎という重要人物二人が一気に消えてしまいましたね
雪斎の死がちょっとインパクトが強かったので姫の死が少々薄れてしまった感じがしました

今川家の今後が非常に心配ですね

Edit | Reply | 
Thu
2007.10.18
16:06

心音 #s.Y3apRk

URL

>Hiroさん
こんにちは~。
重要人物が二人も消えてしまうのは『両雄死す』のとき以来でしょうか…。
死に様がリアルだったのは、『姫の死』だと思いましたが、心に残る死に様は、やはり板垣・甘利だったかなぁ…というのが私個人の感想です。

今川の今後は…もはや寿桂尼様に頼るしか道はありませんね。。

今川Newトリオ、アホな子を含めて今しばらく見守りたいと思います。

Edit | Reply | 

TRACKBACK - 1


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  [大河ドラマ]風林火山 - 「姫の死」
  • 2007大河ドラマ「風林火山」 - livedoor Blog 共通テーマ さて、先週とうとう血を吐いてしまった由布姫晴信からその事実を告げられた勘助はビックリ仰天です以前にも血を吐いたことはあったようですが、晴信は勘助には黙ってたようですたぶん告げると姫しゃま姫しゃま騒ぎ出
  • 2007.10.18 (Thu) 13:05 | Hiro's - Blog

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。