心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~最終回2時間SP(9月18日)

 19, 2007 20:23
2007年夏クール、唯一最初から最後まで見たドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス』が終わってしまいました…。

昨夜は最終回2時間スペシャルということで、21時から一心不乱にテレビと向かい合い、後半、ヒロインである瑞稀の正体がいよいよバレてしまい、桜咲学園を去る日のエピソードでは号泣状態。おかげさまで今日一日、目が腫れて大変でした(´Д⊂グスン

この夏クールでは視聴率TOPでしたが、最終回では視聴率21%を記録☆
初回から最終回に向かって右肩上がりで視聴率が上昇したこのドラマは、10代~30代くらいまでをターゲットに絞った、学園ドタバタ&ラブコメとしては大成功でしょう!

ただのドタバタドラマで内容が無い。
と酷評もされ、私のような素人であっても、途中では「原作と違いすぎる!ドタバタ脇役がうざい」と思った時期もありましたが、中盤以降、主軸キャラ意外の脇キャラにまで愛着が芽生えてしまって、逆に「このドタバタギャグパートが無ければイケパラじゃない!!」と言い切れるほどにまで心境が変化していきました。
そのくらい、このドラマのキャスト、スタッフの団結力と現場の楽しさが遊び心として、いい方向に現れていたんだと思います。
本当に楽しい夏ドラマでした!

さて、最終回は抜粋して感想を書くのが惜しいほど、どのシーンも印象的でしたが、心を鬼にして(?)抜粋して感想を書いておきます。

超・超ロングバージョンですのでお気をつけて(^_-)☆

まず、主役・芦屋瑞稀(堀北真希)が男と偽って男子校に編入してきた女であることが、学園のメンバーにバレてしまう流れは、いくつかの段階がありました。

<最終回までに瑞稀が女だと知っていた人>
校医・梅田北斗(上川隆也)、佐野泉(小栗旬)、中津秀一(生田斗真)、難波伊緒(森口瑤子)、萱嶋大樹(山本裕典)←この人はオーラで読み取っただけ

しかし11話で、瑞稀が落とした財布に入っていたパスポートを見てしまった花屋敷ひばり(岩佐真悠子)が三寮長に「この学園に女性がいます」と告白。
ここから最終回は、誰が女なんだ?!という女探しへと突入。

佐野が先回りして、ひばりから瑞稀のパスポートを返却してもらうことに成功。
この際、佐野を好きなひばり様が「佐野様は、この女性(瑞稀)のことをお好きなのですか?」と問いただし、佐野からフラレてしまうワケですが、その後も他のブロッサムメンバーが、「桜咲学園に女性がいるらしい」と聞かされた際、愛する桜咲学園に混乱を招くまいとして、ひばりがうまく誤魔化すところなど、ひばり様は同じ女性として、とても高感度の高い、素敵な女性だと思いましたが・・・しかし他のルートで女バレが。。


瑞稀が体育着に着替えている現場を目撃してしまった三寮長・難波南(水嶋ヒロ)、オスカー・M・姫島(姜暢雄)、天王寺恵(石垣佑磨)にバレてしまう。

しかし三寮長は、瑞稀が学園に来た理由が「佐野に怪我をさせてしまった原因が自分にあり、彼にどうしてもハイジャンに復帰してもらいたくて男と偽って編入した」ことであると知り、このヒミツは周囲には漏らさず、三寮長が卒業する3月までに、瑞稀の身の振り方を考える。ということで決着。

しかし!学園祭の準備をしている最中に、脚立の上で作業していた瑞稀が床に転落、頭を強打して意識を失ったところを、クラスメイトが機転を利かせてネクタイを緩め、瑞稀の胸元を見てしまい、瑞稀が女であることがバレた!!
ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン

裏切られた!とクラスメイトから批難され、いじめ同然に攻撃される瑞稀。
中津は庇おうとするが「おまえも女なんじゃないのか?」等、余計に火に油をさす結果に…。
飛び交うののしりの言葉を聞いて、誰よりも男らしく周囲を一喝したのは、オトメな男子・中央千里(木村了)でした。

中央「うるせーよ!おまえらそれでも男か!言いてぇことがあるなら面とむかってハッキリ言えよ!半年間、友達やってきたんだろ。手のひら返して笑いものにしやがってよぉ、マジだせぇ」

それまで仲良しだったクラスメイトから、瑞稀をののしる言葉を聞いてしまったことが、私としてはすごくショックだったけど、中央の言葉には本当に泣けた。
そして、瑞稀が「オレは女だ。騙すつもりはなかったんだ。ゴメン」と教室を去り、佐野が瑞稀が学園に男と自分の性別を偽って転入してきた本当の理由をクラスメイトに話し、徐々にクラスメイトの混乱も収まり、最終的には皆が瑞稀を受け入れた瞬間も感動した!

関目「芦屋は芦屋だもんね。せっかく名前覚えてくれたのに、こんなんで仲悪くなるなんてばかばかしいじゃん」

瑞稀は学園祭を最後に皆と楽しみ、アメリカに帰国することを決意。
想いが通じているはずの佐野は、学園にいるうちは男であり続けたいという思いで、男としての態度を崩さない瑞稀の気持ちを汲んで、最後まで告白はしませんでした。

佐野「ありがとな。ここまで来てくれて。おまえと出逢えて、本当によかった。」
男同士の友情として固く握手を交わす二人。

ここからは、このドラマの本領発揮のドタバタコメディパートへ突入!
瑞稀たち2年C組はメイド喫茶。
ノリノリで女装するクラスメイトが多い中、メイドのコスプレが意外と似合っている美脚・佐野のぶっきらぼうな接客に、「おまえ!ちゃんと笑顔で挨拶しろよ!」と瑞稀のスルドイ突っ込みが(笑)

恥ずかしさをふっきって最高級の笑顔で
「いらっしゃいませ('-'*)」とお客様を迎えたら、その客はハイジャンのライバル・神楽坂(城田優)だったとか、ここから大爆笑の連続!

オスカーと天王寺ってクラスが一緒だったんですね。
知らなかったけど…ロミオとジュリエットをノリノリで演じていたのに、天王寺の許婚が泣いているのを見つけた天王寺に2階のバルコニーから突き落とされるオスカー(笑)

その前に交霊術を使って、序盤ではウララーウララー♪山本リンダと化してましたけどねσ(^◇^;)
そんなオスカーもひばり様についに愛の告白。
姫島正夫「あなたのことが好きだからー」チャンドンゴンかよっ!久々に聞いた
ひばり様も、ずっと慕っていた佐野に振られてやけ食いしていたところだったので、この濃いぃキャラ二人が見事カップルに!!
よかったね。正夫( ;∀;) カンドーシタ

何故かこのドラマ、懐メロのほかにイケメンに女装をさせるのがお好きなようで、なぜか女装コンテストまで最終回では披露。
綺麗な子もいたけど、ゲテモノが基本的に多かった…。
天王寺役の石垣くんなんかは当然だけど、蜷川幸雄さんの舞台で女役も美しかったオスカー役の姜くんまで、わざわざブスメイクで。。ひばり様から「このどぶす!」とののしられてましたけどね(^^;
あの二人はこの先も、ずっとどSなひばり様についていくどMな正夫。というペースで仲むつまじく生きていくことでしょう。

しかし、中津の女装は似合うだろうなぁ…と予想できたけど、佐野の女装が意外と綺麗で驚いた!!
コンテスト優勝は女の瑞稀を差し置いて佐野だったし(笑)
小栗旬って女装も似合うのね。あぁサプライズ。

ここから先、瑞稀は後夜祭を待たずにひっそりとアメリカへ帰国…
のはずが、行動を読まれていて、桜咲ボーイズ全員+神楽坂による見送りが待っていました。

もうね、今まで台詞ももらえなかったような端役の子まで、ラストでは台詞を貰っていて、それはそれは棒読みな子も多かったけど、そんなことは許せてしまうほど感動しましたよ。
でも、まだここまではなんとか、うるうるしただけで留まっていた私の涙腺。

2寮主要以外のメンバー、1寮メンバー、3寮メンバーと束で来て、神楽坂、ブロッサム学園、花屋敷ひばりWITHひばり4までの別れの言葉…続いて瑞稀が転校初日に始めて声をかけてくれたへタレなニャロメもとい関目が泣きそうな顔で出てきたときには、もう私も感極まってしまって…。

関目「オレ、芦屋といっぱい想い出があるから…なんて言っていいかわかんないや」
瑞稀「一番最初に友達になってくれたのが関目だったよな。オレ、すっげぇ嬉しかったんだぜ!ありがとな」
中央「おまえなんか…おまえなんか」
瑞稀「中央がすっげぇ優しいヤツだってオレ知ってるよ。ほんとありがとな」
萱嶋「この日が来るってわかってたのに…巧い言葉が見つからないや」
瑞稀「オレは、萱嶋のあったかい気持ちに何度も救われたんだぜ!」
萱嶋「いいオーラが出てる。これなら、きっと、どこにいっても大丈夫だよ」
瑞稀「ありがとな」
天王寺「つらいこともあったろう。だが、本当によく頑張ったな。この学園でお前は誰よりも男だった!べいべー!!」
瑞稀「べいべー!!」
天王寺「おっす」
姫島「貴方がいたせいで、第2寮は強く美しかった。私の良い想い出です。素敵な時間をありがとう」
瑞樹「難波先輩…」
難波「しっかりしろっ!芦屋!!いいか、誰がなんと言おうと、ここはお前の母校だ。なんかあったらいつでも頼ってこいよ。お前は俺達の仲間なんだ。どこへでも駆けつけてやるからよ!」
瑞稀「はい」

秋葉(紺野まひる)からとっておきの写真集を手渡される
校長先生から特別に卒業証書を授与される
一同拍手。

中津「瑞稀!」
瑞稀「中津」
中津「まだ、何も言ってねぇじゃねーかよ!じいちゃんになって、自分の名前もわかんねぇくらいボケちまっても、オレはお前と過ごした時間を絶対に忘れない。
オレにとってお前は最高の、最高のダチなんだからよっ!あーくそっ!絶対泣かねぇって決めてたのによぉ」
瑞稀「ありがとう…ありがとう」

泣き崩れる瑞稀を抱きしめる中津

中津「さよならなんていわねぇぞ。日本とアメリカなんて同じ地球じゃねぇか。逢おうと思えばいつでも逢えるんだからよぉ」
瑞樹「うん」
中津「またな」

校門の出口に佐野が待っている。
瑞稀は言葉が出ない。

梅田が機転を利かし、車で空港まで瑞稀を送っていってやるが、眠いから帰りの話し相手に佐野も付いて来いと言う。
梅田センセ最後まで格好イイ!!d(-_^)good!!

二人でバスに揺られながら、想い出を回想…
空港到着後、梅田とトランクに隠れていた秋葉はなんだか良い雰囲気で先に搭乗口から立ち去り、残ったのは瑞稀と佐野の二人きり。

瑞稀「そろそろ、時間だな」
佐野「おう」
佐野「もう、桜咲学園の生徒じゃないんだよな」
瑞稀「おう」
佐野「じゃあ、もう男じゃなくなったわけだ」
瑞稀「え?!」
佐野フェイントをかけてから瑞稀を抱き寄せてキス。
音が一瞬消える

佐野「今度はオレが逢いに行くから。じゃあな、瑞稀」
瑞稀「佐野!大好きだぜ!」
笑顔の二人
瑞稀、搭乗口へ消えていく。

っとまぁ、ここまで羅列しちゃいました( ;^^)ヘ..
欲を言えば、佐野とキスした後は瑞稀には男言葉じゃなくて、女の子に戻って「佐野、大好き!」と言って欲しかった。そして佐野にもちゃんと瑞稀のことが好きだと言葉で伝えて欲しかったなぁ。

そして、何故月9「ファーストキス」最終回と同じシチュエーションでヒロインとヒーローがキスするんだ?!という疑問も…。
デジャブかと思いましたよ┐('~`;)┌

ま、贅沢は敵だ!じゃなくて、言い出したらキリがないのでやめておきます。

このドラマを通じて、小栗旬という役者の魅力を発掘できたことが、まず私にとっては最高の財産になりました!
小栗くんの他にも、お気に入りの役者さんが増えました。

「のだめ」で注目しはじめた木村了くん、このドラマで一番テンション高く、ナルシストで悪霊に度々憑依されたりしつつも、可愛いキャラで人を魅了するというオスカーを演じきった姜暢雄くんには、今後も特に注目していきたいと思っています♪
もちろん、そのほかのキャストにも注目していきますよ。

banner2.gif
↑地味に参加中。支援ポチッとな(^∧^)
関連記事

Tag:花ざかりの君たちへ 堀北真希 小栗旬 生田斗真 水嶋ヒロ 木村了 姜暢雄 岩佐真悠子

COMMENT - 2

Fri
2007.09.21
00:12

まちゃっぽ #WYTiEdmk

URL

そこまでほとんど見てなかったんだけど、最終回だけ見て涙したわ~
小栗旬くん出てるから見ようと思ってたのに、ドラマ見る癖がないから見逃してばかりでした…
実は「summer snow」の頃から小栗旬くん結構好きなのよ♪
心音ほどはまってないけどね(笑)

Edit | Reply | 
Fri
2007.09.21
01:02

心音 #s.Y3apRk

URL

>まちゃっぽ
おっ!隠れ小栗旬ファン発見♪ヽ(´▽`)ノ
「summer snow」の頃かぁ…ドツヨ目当てでドラマは見てた
んだけど、あれが小栗旬だと認識したのは、ドラマが終わって
かなり経ってからだわ(+。+)アチャー

「花君」飛び飛びで見てても泣けたんだね!
最終回、みんなの回想と涙にやられちゃうよね~。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。