FC2ブログ

こころね日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

【F1】マクラーレンチームに厳罰処分 

 14, 2007 16:23
2007F1グランプリ、今週末はベルギーGPですが、その最中に激震が走りました。

現在コンストラクターズポイント(チーム総合ポイント)1位快走中だった、ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスチームに対して、FIA(国際自動車連盟)が今シーズン全てのコンストラクターズポイントの剥奪と、放映権等の報酬1億ドルの没収を決定したようです。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/formula_one/

事の始まりは2007シーズン、開幕から少し経ってから、フェラーリチームの情報がライバルチームであるマクラーレンチームに流れている。というリークがあったという疑惑。
要するにスパイがフェラーリ側の情報を仕入れて、マクラーレン側に流していた。という疑惑だったんですけどね。

色々と調査を進めるのに時間がかかり、今日付の発表になったようです。

今シーズンはマクラーレンのルーキードライバーであるルイス・ハミルトンがドライバーズポイントで現在TOP、それを僅差で追い上げる2年連続王者のフェルナンド・アロンソが今年からマクラーレンに移籍してきており、勿論、コンストラクターズポイントも1位を快走していたのはマクラーレンチームでした。

【裁定前のコンストラクターズポイント】
1位 ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス 166pt
2位 スクーデリア・フェラーリ・マールボロ 143pt
3位 BMWザウバーF1チーム 86pt


2位のフェラーリが残り4戦をずっと1.2位フィニッシュしても、追いつけるかどうか…というほどの差がついていたのですが…。
今日のFIAの裁定により、自動的にフェラーリが1位浮上。今シーズンのコンストラクターズはほぼ確定した形になります。

ライコネン贔屓の私としても、なんだか複雑なバッドニュースでした。
昨年まで、このマクラーレンチームでライコネンは走っていたわけですし…。
なんとなく、一番とばっちりを受けているのは、アロンソだとは思いますけどね。

しかし、ドライバー個人のポイントは剥奪されないとのことですので、このまま王者争いは個人戦という形ではありますが続きます。

【ドライバーズポイント(9月13日現在)】
1位 ルイス・ハミルトン(マクラーレン)92pt
2位 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)89pt
3位 キミ・ライコネン(フェラーリ)74pt
4位 フェリッペ・マッサ(フェラーリ)69pt
5位 ニック・ハイドフェルド(BMW)52pt


この調子で順当にいけば、マクラーレンの2人のどちらかが2007年チャンピオンにはなりそうですが、なんか後味が悪いですね…。
阿部総理辞任表明くらい、ビミョーな時期の発表だし。

人気blogランキングへ

関連記事

Tag:F1 マクラーレン フェラーリ アロンソ ハミルトン ライコネン マッサ

COMMENT 2

Sat
2007.09.15
12:38

マルコ #-

URL

ただいま色々なブログを応援しています!
応援ポチッ!

Edit | Reply | 
Sat
2007.09.15
21:43

心音 #s.Y3apRk

URL

>マルコさん
応援ありがとうございます。
こちらからもお返しポチっとしておきました!

株は全くわかりませんが、頑張ってください。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?