心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

風林火山 第34回「真田の本懐」

 27, 2007 14:48
まずひとこと。

真田の夫婦愛に号泣でした(ToT)ダ-

真田幸隆「そなたを失っては、わしが生きてゆけぬ、このようなこと、二度といたすな」
そう言って、妻と息子を抱きしめる幸隆。


妻・忍芽清水美沙)が嫡男の真田源太左衛門(森脇史登)とたった二人、敵方につき幸隆とは絶縁状態にある、弟・常田隆永(橋本じゅん)の城に乗り込み、

忍芽「わたくしの命と引き換えに、殿(幸隆)をお許しくださいませぬか。いいえ、殿は許されねばならぬことはしておりません。わたくしたちは勝手に参りました。それで、そなた様がのお気がお済になるのならば…と。
お願い申し上げまする」


と毅然とした態度で夫の為、命を捨てようとした忍芽の揺るがぬ決心に、常田の腹心が機転を利かし、自害しようとする忍芽を制止した場面です。

真田幸隆夫妻のオシドリ夫婦ぶりは、真田が浪人であった勘助の素性を見抜き、手厚く保護した前半パートから描かれてきたのですが、今回はほんっとうに泣けた!!

世界陸上より泣けたかも。・゚・(ノД`)・゚・。

前回、前々回と、山本勘助内野聖陽)が長尾景虎(Gackt)に捕らわれている間に、目の前にある砥石城を謀を持って落とそうと先を焦った真田幸隆佐々木蔵之介)。

無事に帰還した勘助からも「策士、策に溺れ…でござるか」と皮肉を言われていましたが、その勘助の進言により、幼き頃に病で光を失った武田晴信の次男と、唯一命を永らえた海野家の息女との縁組によって、海野家を再興。

上記したように、幸隆の妻・忍芽の強い意志を目の当たりにし、敵である村上義清(永島敏行)方につき、実の兄である幸隆と敵対関係にあった弟・常田隆永が兄と和解し、その常田の寝返りにより、砥石城を守っていた須田新左衛門(鹿内孝)をも武田に下らせることに成功。
無駄な血を流さずして不落の城・砥石城を陥落させ、真田が一度は失ってしまったその領地の全てを奪回、真田の本懐が遂げられたという感動のストーリーへと続いていきました。

ラストシーンでは、若かりし頃の勘助が愛したミツ(貫地谷しほり)の首にかけてあげていた摩利支天が、長い時間を経て再び勘助の元に戻ってきたという展開にはこれまた脱帽。

平蔵(佐藤隆太)がずっと大切に持っていたミツの摩利支天を、ヒサ(水川あさみ)の父の墓前で置いていったシーンがここで生きるとは…。


そんな感動のストーリーの中でクスッと笑わせてくれたのが、相木殿(近藤芳正)。

ここまでマヌケっぷりを披露していた信濃守護・小笠原長時(今井朋彦)は村上にいよいよ見放され没落。
最後までヌケた表情、台詞で笑わせていただきました。

そしてアクションスター・千葉真一が去った後、一手に渋いアクションシーンで魅了してくれているのが、真田の忍・葉月(真瀬樹里)ですね~!

「無駄な血は流しとうはない。貴殿は敵か、味方か?」

格好良すぎでしょう!!同性ながら、毎回葉月の格好良さには痺れっぱなしです♪

さすがは千葉真一と野際陽子の娘さんですね!
素晴らしい!!


今回も隠れたMVPは女性陣だったと私は思っているのですが、次回は完全に女性がメインのドロドロストーリーに突入の模様です。

タイトルも「姫の戦い」。
ストレートです。

予告では正室の三条さん(池脇千鶴)は新たな側室の存在には動じず、逆に側室である由布姫(柴本幸)をなだめるような場面もありましたが…。

血の気の多い由布さんと、どこまでもはんなりしている三条さんに加え、今度登場する於琴姫(紺野まひる)も自由奔放、勘助がその命を奪うことをためらう何かを持っている姫様のようですね。

男くさい大河に女の戦いを織り交ぜる。
なにげに楽しみです♪

人気blogランキングへ
関連記事

Tag:風林火山 山本勘助 武田晴信 真田幸隆 内野聖陽 市川亀治郎 佐々木蔵之介 清水美沙 忍芽 葉月

COMMENT - 4

Mon
2007.08.27
18:50

Hiro #s8kTdXTU

URL

こんばんは

相木はいい味を出してましたね
いろいろクスッと笑わせてくれました

小笠原さん見納めですね。。ちょっと残念です

Edit | Reply | 
Mon
2007.08.27
19:29

心音 #s.Y3apRk

URL

エステー!

>Hiroさん
こんばんは(*^ー゚)ノ
相木殿、勘助相手に逆ギレ?!面白かったです♪

小笠原さんは京へ落ち延びた…Fin
でしたから、もう風林火山では見られないですね。淋しい。

http://www.st-c.co.jp/topics/2007/070730_03.html

エステーのCMで歌って踊っている今井さんで心を潤そうと思います。

Edit | Reply | 
Tue
2007.08.28
15:15

にゃぽ #-

URL

こんにちは~。

心音さん、こんにちは~。
日曜8時は「利家とまつ」以来、ずーっと「どうぶつ奇想天外」を見ていますので、心音さんのするどい解説でちょっと興味をもった大河ドラマです。
…でもチャンネル権がないので、こちらのブログを毎回楽しみにしようと思っています。(こんな私でスミマセン…)
なるほど~、テレビってこんな見方があるんだな~、と毎回感心しきりです。
また寄らせていただき、こうやってとぼけたコメントを書いてしまいますが、
よろしくお願いします~~。
ではでは。

Edit | Reply | 
Tue
2007.08.28
16:35

心音 #s.Y3apRk

URL

再放送も

>にゃぽさん
いえいえ、興味のある方にかわらないようなドラマネタも多々
書いてますので、コメントをいただけるだけで嬉しいですよ♪

「どうぶつ奇想天外」も観たいんですけどねぇ…。
わたしも「風林火山」以前の大河はしばらく観ていなかったので、
どうぶつ見てましたよ。

ちなみに「風林火山」は土曜日昼間1:05~1:50まで
再放送されています。
なので、私が今回感想を書いた「真田の本懐」は9月1日に再放送
される予定です。
時代劇だけど、わりと真田の回は見やすかったので、よろしければ。

Edit | Reply | 

TRACKBACK - 1


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  真田幸隆
  • 真田幸隆真田 幸隆(さなだ ゆきたか)は、戦国時代 (日本)|戦国時代の武将。信濃の在地領主で、甲斐の戦国大名であった武田信玄の家臣となる。概要剃髪して一徳斎と号す。系図上では「幸隆」と記されるが、史料においては幸綱と記され、また子に“隆”を
  • 2007.08.28 (Tue) 13:45 | るなの部屋

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。