FC2ブログ

こころね日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

風林火山 第31回 裏切りの城(8月5日)

 06, 2007 16:40
今週の主役は信濃の英雄・真田幸隆(佐々木蔵之介)で文句無し!
真田の里を全て取り返すべく、村上義清(永島敏行)に自らの重臣を使い謀略をかけ、見事に村上の差し向けた軍を一網打尽に!!

戦に長けている村上を相手に見方の兵をほとんど失わず、ましてや武田晴信(市川亀治郎)の軍を借りることもなく、砥石城を落とすあたり、真田幸隆はいい武将だぁ…としみじみ思いましたよ。
 ※葉月様よりご指摘をいただき、砥石城を落とすには至っていないことを勉強しました。間違った表現を用いたことお詫び申し上げます。

有名なのは孫の真田幸村だけど、本当の意味での真田の英雄は幸隆でしょうね。

オープニングからへたれ丸出しで村上を頼って深志城(現在の松本城)から落ち延びた小笠原長時(今井朋彦)には、毎回笑わせてもらってます。
信濃守護という冠にプライドは無いのか??

関東管領・上杉憲正といい勝負ですね~。
朝廷が冠を与えただけのお飾り殿様は皆情けなくて面白すぎる。

こういうおマヌケさんがいるから、長尾景虎Gackt)が余計に輝いて見えるのかもしれませんね。

いよいよ変装・勘助内野聖陽)が景虎と対面!
最初から勘助の正体を見通して、人質とした景虎おそるべし…。

Gacktの演技、本当に心配することは全然無さそうです。
次回、いよいよ大御所・緒形拳さん演じる宇佐美定満が大々的に登場するようなので楽しみです!!

banner2.gif
↑地味に参加中。支援ポチッとな(^∧^)
関連記事

Tag:風林火山 武田晴信 長尾景虎 勘助 佐々木蔵之介 内野聖陽 Gackt

COMMENT 2

Mon
2007.08.06
17:52

菜月 #/2CD/BNk

URL

Gacktさん、素敵ですよ。

あの城は、砥石城ではありません。
砥石城攻めになった時、真田は「砥石崩れ」という、惨敗になってしまいます。

勘助の信条は「何事も我が目で見ることが肝要」(第一話)ですから、越後へ行ってしまうんでしょうね。 放浪癖も直ってない(笑) まだ、若輩者と景虎を侮っていたでしょうし、「策士、策におぼれる」という感もあります。 Gacktさんは、台詞のアクセントとブレスに気をつければ、もっと良くなると思います。 オーラはばっちりですし。
私は勘助の表情の変化を見ているだけで楽しめました。

Edit | Reply | 
Mon
2007.08.06
19:04

心音 #s.Y3apRk

URL

>葉月さん
はじめまして。
間違いのご指摘をいただきまして、ありがとうございます。
すみません…あれは真田の城に敵を誘き寄せて討ったというシーンでしたね。
砥石崩れについて、長野県民のくせに勉強不足でしたので先ほど調べさせていただきました。勉強になりました。

この物語の中での勘助は良くも悪くもあの「放浪癖」によって良い味が出ていると思ってドラマを楽しんでいます。
しかし“策士、策におぼれる”とは、これまた良い教訓ですね。
キレ者だからこそ陥ってしまう罠…。最後まで楽しもうと思います。

演技については素人の戯言を述べさせていただいておりますが、仰るとおり、オーラがあるので今後のGackt謙信には期待したいと思います。
勿論、主役の勘助を中心に安定した役者さん達の演技も!

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?