FC2ブログ

こころね日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

山田太郎ものがたり 第4話(7月27日)

 28, 2007 23:55
3話、4話は太郎(二宮和也)をお金持ちの御曹司だと思い込み、「これで私も玉の輿!」
(〃▽〃)キャー♪
と、妄想しまくる同級生、池上隆子(多部未華子)がついに山田家は超絶ド貧乏であることを知り、ギクシャクし始めるところを描いているので、ある意味連続で録画をチェックできてよかったかも。

隆子の母(柴田理恵)に弟子入りし、スーパーのタイムセールを勝ち抜く術を習い、見事限定1名激安松坂牛をGET!
隆子の母と御村(桜井翔)のサポートの元、幼い妹・弟達と共に家の庭でバーベキューをしているところへ、画家で世界を放浪する和夫パパ(松岡充)が帰国!!

いやぁ、松岡さんはこんな大勢の子持ちにはどうやっても見えない!
けどいいパパに見えるものなんですね~。

隆子は和夫が太郎の父親だとは知らず、またしても「私の王子様~」(*ノ▽ノ*)と玉の輿その2妄想モードに突入。
松岡充が御曹司で王子様なら納得!(゚ー゚)(。_。)ウンウン
隆子の妄想バージョンの山田親子はキラキラして眩しすぎるけど(笑)

このドラマのオチは隆子が全て握っているようなので、彼女の妄想・葛藤が大きければ大きいほど笑えます。

4話では御村もグッジョブd(-_^)でした。



和夫の友達の息子・金髪の美少年アーロンが、日本に来てから友達も作らず、笑顔も見せなくなってしまったから。という理由で山田家にホームステイすることに。。

山田家の子供達は貧乏だけど、家族愛に包まれ、いつでも笑顔を絶やさないので笑顔を見せず、子供らしく振舞わないアーロン少年に対して太郎も手を焼いていました。

その話を聞いた御村は執事の磯貝(綾田俊樹)に自分が幼いときに遊び相手になってくれたクマの気ぐるみ(中身は勿論磯貝)で子供達を楽しませるコツを太郎に伝授するように命じ、太郎は磯貝から教わったクマのぬいぐるみ芸で、アーロン少年を「絶対に笑わせてやる!」と宣言。

気ぐるみ劇に招待された子供達は皆笑っているのに、相変わらずつまらなそうにうつむいたままのアーロン君。
しかし、クマの気ぐるみの足がもつれて転倒!頭が取れてしまってさぁ大変!!

と思ったら、着ぐるみを着ておどけてみせていたのは磯貝で、その横でサポートしていた黒子が太郎だったというオチに、アーロン少年も大うけ!
かくして笑わない少年に笑顔が戻った。というお話でした。

御村はアーロン少年と、自分の幼少時代をシンクロさせて、どうしたら大人びた少年を笑わせることが出来るのかを知っていた。ということなんでしょう。

同じ少女漫画原作、イケメンを売りにしている学園ドラマでも、「イケパラ」と「山田太郎~」は全く異質な面白さがあって良いですね♪

山田太郎ものがたりは学園ドラマじゃなくて、ホームドラマに分類されるのかなぁ。
ほのぼのしていて、登場人物もシンプルでわかりやすいです。

イケパラは4話でようやく、第2寮の主要メンバーも見分けがつくようになりました…。
イケメンをあれだけ集めるのも大変だと思いますが、ゴチャゴチャしすぎると年寄りには判りにくい(爆)

姫島正夫の中の人とはそれほど年は離れていないけど…。



banner_02.gif



関連記事

Tag:山田太郎 二宮和也 桜井翔 松岡充 多部未華子

COMMENT 0

WHAT'S NEW?