心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

山田太郎ものがたり 第2話(7月13日)

 14, 2007 14:46
まず一言でこのドラマは「単純に笑えて、山田兄妹の兄弟愛に泣ける」ので好きです。

超絶ビンボー一家・山田家が貧乏だけど家族愛に満ちていることに興味を持った本物の御曹司、御村(桜井翔)が太郎(二宮和也)に興味を持ったおかげでストーリーが展開していくんですね。

今回は強肩を買われ、少年野球チームにスカウトされた次郎だけど、野球チームに入るために必要な資金(ユニフォーム代等)が3万円近かったため、家族思いな次郎は家族には何も告げずにチームスカウトを辞退。
しかし、諦めきれない少年野球チームのコーチが兄である太郎に「次郎君を野球チームに入れてあげてください」と懇願。

その資金を稼ぐために、御村の屋敷でメイドとして3日間働き、男だとバレなかったら5万円の給料を払うという御村の提案を受けた太郎のドタバタストーリーが2話で描かれました。

嵐のメンバーの中でももっとも女装が似合わなさそうだと思っていた二宮の女装…え~と、ジャニーさんあんな格好でもOKですか?!

しかし、ニノは何をやらせてもすぐに役に溶け込むんですね。
「ハリウッドでも認められた演技力」なんて言われてもピンとこなかったけど、このドラマを見て「あ、この人は器用なんだ」と思いました。

翔くんがほぼ“素”で御村を演じている感じだから余計に。

しかし2話のMVPは御村の爺さん(麿赤兒)で文句なし!
慎ましやかだった若かりし日の妻の姿と、女装していても心根の美しさと貧乏根性のおかで物を大切にする太郎の姿を重ね合わせ、昔を懐かしむ爺さん…。

太郎のおかげで御村家にも暖かい風が吹いてきて、ほのぼのとした幸せな気持ちになれました。




banner_02.gif




関連記事

Tag:山田太郎ものがたり 二宮和也 桜井翔

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。