FC2ブログ

こころね日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

プロポーズ大作戦第6話&花嫁とパパ第7話

 22, 2007 22:40
「ハレルヤーチャ~ンスd(-_^)」
で毎回過去にタイムスリップして、今目の前で他の男と結婚しようとしている想い人・礼(長澤まさみ)の為に奔走する健(山下智久)の行動もそろそろマンネリ化してきましたか…。

健のタイムスリップの目的は当初、礼と自分が結婚するように過去を書き換えることだったはずなのに、6話では過去の礼に対する感謝の気持ちをなんとか自分なりに返したい。彼女の過去をより幸せにしたい。という気持ちに変わってきていますよね。

けど、健が良かれと考えて行動したことが全て裏目に出てしまい、礼もまた10代最後の誕生日に健への想いを伝えようと試みたにも関わらず、お互いを想う気持ちが作ってしまったすれ違いの結果…運命ってやっぱりタイミングなのかな。。と儚く感じた6話でした。

そして火曜日。
なにげに今クール楽しみにしているドラマのTOP3に入っている『花嫁とパパ』第7話を観終わった感想を。

こちらも好きな人を想うがあまりに、好きな人が自分のために家族と絶縁するなんて絶対に不幸だ。お母さんとどうにか仲直りして貰いたい!と、自分の気持ちよりも恋人の幸せを願って別れを切り出した愛子(石原さとみ)が、なんともいじらしくて可愛らしかった~( ;∀;) カンドーシタ

そして三浦(田口淳之介)に対して「俺は君のお父さんになるつもりはない!宇崎さんのお父さんだ」等と毎回言っているわりに、愛子と別れることになった三浦に「これからも友人としてよろしく」とか、三浦とお母さんが仲直りしたと聞いて心から嬉しそうな笑顔を見せたりして、宇崎パパ(時任三郎)も素敵でした!

ホント、毎回このドラマを見ていると宇崎親子の絆の強さに感動させられっぱなしです。

そして出ました次回予告でシュンイチナルーミ小泉孝太郎)が愛子に
「三浦君と別れてくれ!」宣言!!
キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!

今日のボウリングシーンにチラッと見せた笑顔。
こっちの方が元々の小泉孝太郎のイメージに近いのですが、鳴海役では始めてまともに見せた笑顔なので、そのギャップにドキドキしちゃいました(〃▽〃)

三浦と同じように、鳴海も愛子の暖かさ、家族を大切に想う気持ちと、不器用だけどいつでも一生懸命な姿に癒されているんですね。

まぁ、どう転がっても結果的には愛子&三浦が結婚。
鳴海はただの当て馬、いや、当て馬でもなくてただのカンフル剤?!なんでしょうけど…。

最終的には鳴海&槙原(白石美帆)のカップル成立もあるのかなぁ…。

序盤の方で、仕事のパートナーである槙原に対して鳴海は
「信頼しているよ。もしろ信頼しすぎているくらいにね…」
と言っていたことを思えば、今後、独立先の会社に槙原を連れて行かないのは、“仕事に私情は挟まない主義”を貫きつつ、これで晴れて槙原と恋愛関係にも進展できる。という伏線なのかも??

単純なようでいてこのドラマ、結構面白いですよ♪
視聴率、もう少し取れても良いはずなのにタイトルで損をしているのかもしれませんね(´ヘ`;)ハァ


余談ですが…
今週はこの先、連ドラよりもバラエティ&単発ドラマを優先させる予定です。

ポイントは「玉木宏」です(* ^ー゚)ノ
ケン・ワタナベとの共演、楽しみです。

人気blogランキングへ



関連記事

Tag:シュンイチナルーミ 小泉孝太郎 花嫁とパパ プロポーズ大作戦 山下智久 長澤まさみ 玉木宏 石原さとみ 田口淳之介 時任三郎

COMMENT 2

Thu
2007.05.24
00:46

cala #0PMSwulg

URL

『ガーター出したらクビ』が素敵でした(笑)
完全に面白がってるとしか思えない。。
自分も似たようなことを言う節があるので(爆)
反応が面白い人には言ってしまう。。

槙原さんに言ったシュンイチ・ナルミのセリフは心音と同じこと思った!
このドラマ、テーマはシンプルだけどちゃんと作られてるね。
個人的にはお気楽な部分が多いと、楽に見れて助かるんだけどな(笑)

Edit | Reply | 
Thu
2007.05.24
22:49

心音 #s.Y3apRk

URL

>cala
やっぱり気になってたんだ!シュンイチナルーミの台詞。
仰るとおり、このドラマはちゃんと伏線を張ったら、きちんと
その伏線に見合った結論を出してくれるからスッキリするよね。

最近のドラマは伏線張りっぱなしで、最終回まで放置って
いうのが多いからねぇ…「で、あれは結局なんだったわけ?!」
と問いただしたくなること小一時間…なんてこともしばしば。

「ガーター出したらクビ!」って言って、ちゃんと自分も巧い
くせにガーター出して、愛子を連れて独立するって言い出す
わけだから、良く出来てると思う。その他諸々の気になる部分
もきっとこの脚本家さんなら12話に収めてくれそうですわ。

愛子もいじり甲斐があるキャラだけど、いじられることを
「おいしい!」と思える人にしか、こういう辛辣なジョークは
言えないなぁ…と最近つくづく思い知っております。
会社で隣にいるお方、いじられる要素の塊なのに、いじると本気で怒るんだよね。。もったいない上に厄介だ。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?