FC2ブログ

こころね日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

帰ってきた時効警察 第5話(5月11日)

 12, 2007 22:27
千葉真一はアクションで、箱崎はジャンクションでセンセーショナルですが・・・って、このドラマはフィクションであり…相変わらず細かいところで笑わせてくれます。

今回の犯人役には鶴田真由さんを迎えて、ちょっとホラーな時効警察でした。

「帰ってきた」時効警察になってから、1話、2話とどうなることやら(*´д`;)…と心配していたのですが、回を追う毎に時効警察らしい「ゆる~い」感じが戻ってきて、必要以上にネタを前面に出しすぎない“丁度いい塩梅”のバランス&クオリティが戻ってきて、とても楽しめています。

時効事件のオチが読めてしまった1話、2話、3話とは違って、5話は最後まで読めなかったですし…。

一人二役、三役まではあっても、一人5役って(^_^;)
鶴田真由さん、久々にドラマで拝見しましたが、変わらずにお美しい。
そして時効警察の前シリーズに登場したコネタ、例えば遺留品を遺族にお渡しする際、ダンボールだけじゃなくて下の机も動いてしまうとか、熊本さんが「このことはくれぐれも他の人には…」と三日月に言うシーンとかもさりげなく盛り込まれていたのが嬉しかったです。

やはり今シーズンは週末が圧倒的にドラマは楽しい!!
視聴率は悪くても『特急田中3号』も好きです。
なにげに、あのウザくて友達がいない田中君と鉄友との友情シーンが泣ける!
今回は素直になれない花形と、素直すぎて繊細な花形の気持ちを逆撫でしつつも、友情を育て、変化していく田中に泣けました。

続いて、単発ドラマ『めぞん一刻』の感想を書く予定です♪

人気blogランキングへ
関連記事

Tag:帰ってきた時効警

COMMENT 0

WHAT'S NEW?