FC2ブログ

こころね日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

ホテリアー第1話(4月19日)

 20, 2007 23:16
上戸彩プロモーションドラマ『ホテリアー』初回の感想を遅ればせながら記録しておきます。

このドラマに特別友情出演しているぺ・ヨンジュンが出演した韓国作品のリメイクなんですよね。
むこうのドラマを見ていないので、こちらも初見ということになりますが、日本版は“上戸彩プロモーションドラマ”ということは間違いなさそうです。

上戸彩ちゃん、わりと好きなんですけど、こうあからさまにプロモーション的な打ち出し方をされるのは好きではありません。
良くも悪くもこれはオスカープロの方針なので彼女自身の問題ではないんですけどね(^-^;

ドラマ全体に漂うのは、ちょっと昔風の設定、韓国ドラマはこんな感じなのかなぁ…という雰囲気。
一番笑ったのはミルヒーと妖怪コントラバスが親子役であることでした。※竹中直人さんとサエコちゃんが『のだめカンタービレ』出演時に演じた役のことです

そういえばミッチー王子・及川光博さんも『のだめ』に出演されてましたね。
今回は舞台となる東京オーシャンホテルを買収しようと企む悪者(?)サイドにいずれも属しているようで、全く『のだめ』とは真逆のキャラ設定です。
ミッチーは歌手だけじゃなく、ドラマでも手広く役をこなすようになられましたね。

そしてもう一人、主人公である小田桐杏子(上戸彩)を巡ってミッチーと恋の火花を散らすであろう、敏腕支配人役の小山田殿(※『風林火山』で目下好演中の役名)もとい、田辺誠一さんも初回ではヤサグレていましたが、シャープな表情で素敵です。

及川さんといい、この田辺さんといい、シャープ系の男性の中に甘いマスク(死語?)のぺ・ヨンジュン氏が入ることで、こちらも“ヨン様”の甘さをより強調しているように感じられました。今のところ全ての台詞が韓国語ですが、そのうち韓国タレントさんの中では流暢な日本語発音をされるぺさんの得意の日本語台詞も出てくるのかなぁ。

どちらにせよ、このドラマはある意味面白そうです。
今までに無いテイストのドラマという点で新鮮に感じられます。

どうでもいいことですが、料理長役の塩見三省さんって伊東四郎さんを若くした感じだと思うのは私だけでしょうか?

ホテリアー、ご期待くださいbyテレビ朝日

人気blogランキングへ
関連記事

Tag:ホテリアー 上戸彩 及川光博 田辺誠一 ぺ・ヨンジュン

COMMENT 0

WHAT'S NEW?