心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

F1バーレーンGP

 16, 2007 23:59
間1週間で次のレースというタイトな日程の場合、レーサーやチームは大変なのでしょうが、テレビで観る側にとっては楽しみが毎週やってくる♪お得な気分ですね。

灼熱の砂漠サーキット・バーレーン。
デビューから3戦連続で表彰台に上るという快挙を成し遂げて、未だ記録更新中の期待の新人ルイス・ハミルトンの走りは、バーレーンの砂漠を相手にしても、ポテンシャルも高く、安定していました。

あんなドライバーがいたとは…。
ミハエルが去る時には「まだやれる」と名残惜しかったけれど、こうしてニューカマー達の躍進を見せつけられると、やはりモータースポーツの世界も新旧交代の波がちょうと今年、超特大のビッグウェイブに当たっていたんだなぁ…と今は思えます。

昨年までのチャンピオンチームであるルノーが苦しむ中、ここまではフジテレビの実況アナ曰く「赤と銀の四天王争い」の様相を呈していますね。

今のところ、予選では赤・フェラーリが意地を見せ、ライコネンかマッサがその座を死守していますが、1位にこそなってはいなくとも、ここまで表彰台を一度も外していない新人・ハミルトンの存在はやはり大きな目玉でしょう!
地味に今年こそ王者を!とクールな(?)闘志を燃やしているのがライコネン。こちらも3戦を振り返ってみれば、今のところずっと表彰台で勝利のシャンパンをグビッと飲む姿が見られているんですよね(* ̄0 ̄*)ノ口 puha-

ライコネン=大酒呑みというのは定説ですから、シャンパンを浴びるよりまず飲む姿を観ると、あぁ3位までに入ったんだと実感します。

アロンソVSライコネンの一騎打ちになるかと予想された今シーズン、マッサの粘りとハミルトンの躍進で本当に面白くなっています♪

勿論、この四天王意外のドライバー達の力も拮抗してますよね!残念ながらに日本勢は未だにポイントをギリギリで獲得するのことが必死の状態で、予選で2Qに進めないドライバーがいることもなんら不思議ではない状態。
それも、スーパーアグリではなくてホンダ本体だったりするのですが(*´д‘;)…

比較的安定しているのはトヨタのヤルノ・トゥルーリーくらいかな?
案外、トヨタ・ホンダが苦しんでいるうちに、ふいをつく形でアグリのどちらかが一発当ててくれるかも?!

そうそう、オープニングはいつもの曲じゃなくて、わざわざクイーンにSPバージョンでリミックスしてもらった曲を使っているんですよね。
もう慣れましたが、あんまりF1っぽくないので、出来れば普通にいつもの曲を使って欲しかったなぁ…。

でも冒頭の優ちゃん!永井くん!というコーナーが無くなったのは良かったかな。
あの二人はまだ良かったけれど、F1には全く興味の無さそうなCamcanのモデルの女の子達を無駄に出されるより、シンプルにレースだけを実況してもらった方がやっぱりいいですね~。

人気blogランキングへ
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。