心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

久々にお笑いネタ。

 07, 2007 20:40
昨夜、『ヒミツの花園』を見終わった後もテレビをつけっぱなしにしていたら、『タモリのジャポニカロゴス』が始まった。

今回のテーマは、珍しい苗字の読み方。
なにげに自分の苗字が全国にいくつくらい存在しているんだろう?と興味を持って、全国苗字ランキング本やサイトを漁った時期もあり、おもしろそうだったので見ることに( ・_・)ホゥ

芸能人のお名前は読めても、一般人の見慣れない苗字は読めないものですね(^^;

私は3歳のときに苗字が母方の苗字に変わっていて、3歳までの苗字がとても珍しい苗字だったのですが、読み方はいたってシンプル。
読めない苗字に憧れた時期もあったのですが、最近のお子さんは当て字に近い当て字のお名前も多いと聞き、「やっぱり誰にでも正しく呼んでもらえる漢字を使った名前がいいなぁ」と思うようになりました。

なにより、おじいちゃんおばあちゃんになったときに、恥ずかしくない名前をつけてあげたいなぁ。

内容も面白かったのですが、最近お笑い系のタレントさんが出演する番組を見ていなかったので、久々に麒麟のお二人を拝見しました (^^))((^^)v

麒麟です」

お決まりの台詞をタモリさんに先に言われてしまったことから、繰り広げられた会話、相変わらずこの二人は機転が利いて面白いなぁ…と歓心。

そして相変わらず川島君は顔がデカイ…いや頭がデカイと思ってしまいました(*^^*ゞ
甘いマスクなのに頭がでかくて、身体は細身っていうアンバランスさ。
すでに笑いの要素のひとつになってますものね(笑)

M-1では今回もファイなりストに残りながらもチュートリアルに敗れた麒麟
個人的には麒麟のネタ、好きなんだけどなぁ…。

最近、関東のテレビにも出る機会が増えたようなので嬉しい限りです。


お笑いといえば、一時期ハマったレイザーラモンHGさん。
なにやら中の人である住谷正樹氏とお笑い対決して負けた方のキャラ(?)を封印するとか。
ヤフーのニュースを読んだだけなので詳細は知りませんが、プロレスで生きていくならHGキャラ一本でよさそうですが、タレントとして生き残りを望むなら住谷君に戻ったほうが、少なくとも関東では新鮮だし、関西に戻れば新喜劇でも通用するし、その方が良さそうな気もします。

HGキャラはRGと嫁に既に殺されてしまったようなものだし、プロレス以外では「あの人はいま・・・」状態にますます陥るのが目に見えてますものね。

麒麟のように機転の利く会話が出来る芸人さんと、住谷君のように強烈なキャラだけど会話に応用力が無い(失礼)芸人さんでは、生き残り方は違うんでしょう。

こんなことを会話にセンスのかけらもない私が心配すること自体、余計なお世話なんでしょうけどね(^-^;

人気blogランキングへ
関連記事

Tag:麒麟 HG

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。