FC2ブログ

こころね日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

風林火山→華麗なる一族コースその3

 18, 2007 23:57
すっかり定着しました。日曜の夜8時からは『風林火山』9時からは『華麗なる一族』コース。

一度は脱落しかけた『華麗なる一族』ですが、ストーリーはやはり原作が面白いんでしょうね。金融業と政治との繋がりがメインになっているので、少々頭を使う系のドラマなので、もうこの際時代設定や人物設定のわざとらしさ、最近めっきりおとなしくなり、今回に至っては鉄平にバトンタッチしたような形になったナレーションは気にしないことにして、とにかく万俵家の崩壊する様を最後まで見届けようと思って見続けています。

ちょうど本日第6話のタイトルが「万俵家の崩壊」でしたが、もともと1話のイントロダクション、キムタク演じる鉄平が猟銃を手に雪山に登っていく様を見ただけで、あぁこれは悲劇なんだな。と視聴者に伝えているわけですから、今更「崩壊」と言われても、最初から崩壊への一途を素敵に辿っているじゃないか。としか言いようがありませんよね(^-^;

相変わらず鉄平は作業員の命を自ら冷たい海に飛び込んで助けるなど、良家のお坊ちゃまらしからぬ正義感溢れる好青年っぷりが描かれた今回。
次男であり、父大介の跡継ぎとして阪神銀行に勤務している銀平(山本耕史)も兄の一貫した鉄鋼業での成功を目指すその情熱とまっすぐな志に尊敬の念を抱いている様子が描かれ、その一方では政略結婚した妻(山田優)から「子供ができた」と告げられたにも関わらず「堕ろせ。これ以上万俵という家の犠牲者を増やしてどうするんだ」と冷たく言い捨てる場面もあり、銀平の苦悩にも今回はスポットが当たっていました。

何より今回は、将軍様(鯉)もじいさんの肖像画も出てこなかったので笑いどころは少なかったです((-ω-。)

圧倒的に臆病者であり、万俵家という名家を崩壊させている原因はただ一人、万俵大介(北大路欣也)だということは明白なのに、主役は銀平=キムタクなんですよね?

やっぱり違和感あるなぁ…
Desperado, why don't you come to your senses?
You been out ridin' fences for so long now
Oh, you're a hard one
I know that you got your reasons
These things that are pleasin' you
Can hurt you somehow

私はこのドラマのテーマ曲を佐藤竹善さんがカバー
して歌っているCDを持っていて、この歌の歌詞の
刹那さを理解しているつもりなので、聴けば聴くほど
これは万俵大介へのメッセージなんだなぁ…と受け止めて
いるんですよ。

歌詞全訳はコチラのサイトさんに載っていたのでどうぞ。

さて、順番が逆転してしまいましたが、続いて『風林火山』の今日の感想です。

山本勘助(内野聖陽)が相模の北条の若殿様へ仕官を願い出た場面で終わった前回、予告ですでに北条には仕官が叶わないことはバラされていたのですが┐('~`;)┌

「形は悪いが食せばサザエは美味い。しかし良く焼けていないと腹を壊す。」
と、サザエに今の勘助を例えた若殿様は洒落たお方だなぁ…と。

その後北条から解き放たれた勘助が山伏の姿で訪れた土地が信濃の国。
ついにきましたよ!わが故郷・信濃の国です♪

真田といえば真田幸村が一番有名ですが、その祖父にあたる幸隆の若かりし時代、勘助はこの真田幸隆佐々木蔵ノ助)にその才能を買われて初めて軍師として、憎き武田の軍勢に立ち向かうことになる。

この手前までが今回のストーリーでした。

佐々木蔵ノ助さんも現代劇と時代劇では見事に演じ分けが出来ていらっしゃいますね。
武田の重臣の中には今一歩、現代劇を抜けきれていない役者さんがいらっしゃいますが(爆)個人的には好きな俳優さんなので、今後に期待したいと思います。だからあえて名前は伏せておきますね。

あの時代、信濃の肥よくの地は魅力的だったことでしょう。
甲斐は作物の出来が悪い場面が描かれてきただけに、豊かに実ってしなだれる稲穂は象徴的でした。

真田幸隆という変わり者の主君と出会うことで、勘助はいよいよ武田と念願の対決を果たせることになり、ますます面白くなってきました!!
そうそう、忘れちゃいけない。
勘助と同じく、殺されたミツを好いていた平蔵とも久々の再会を果たし、懐かしかったぁ…。


そして今夜、この2本のドラマを見終わった後にふと思ったこと。

「日曜の晩、明日からまた1週間仕事頑張るゾ!という元気が出るタイプのドラマではないなぁ」
風林火山での武田信虎VS晴信と、華麗なる一族の大介VS鉄平の父親対長男対決という構図が同じなんだなぁ。しかもどちらも父親がわが子の才能に怯えて、自滅していっている姿までおんなじだ」

でした。

ちなみに昨日、携帯の着メロに「風林火山」のテーマソングをダウンロードしてしまいました(*^^*ゞ
次はデスペラードか?!と思わせておいて、同時にメール着信音用にダウンロードしたのは「帰ってきた時効警察」より「時効警察」最終話で登場したNo.15最終章(冴島翠/雨田潮作曲)だったりしますヽ(´ー`)ノ

今までドラマの中でしか聴けなかったのですが、着うたで聴くことができるようになってうれしい限りです♪

また脱線してきたので、このへんで。
人気blogランキングへ
関連記事

Tag:風林火山 華麗なる一族 山本勘助 内田聖陽 真田幸隆 佐々木蔵ノ助 山本耕史

COMMENT 0

WHAT'S NEW?