FC2ブログ

こころね日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

僕の歩く道 最終回(12月19日)

 20, 2006 19:14
都古ちゃんへ」「カレーはやっぱりチキンカレー」
等、毎回のように繰り返し主人公テル草なぎ剛)が発する言葉たち。

自閉症という障害を抱えた子供について描かれた作品で真っ先に思い出すのは「光とともに…」篠原涼子さんが自閉症児を抱えた母親を演じ、日々の奮闘を親の目線から描いたドラマはありましたが、主人公が自閉症の患者というケースは初めてではないでしょうか。

このドラマを通じて、自閉症という障害がどんな特徴を持っていて、周囲の人たちはどのように接したのかを学ぶと共に、障害を持っていても常に前向きなテルから健常者が逆に学ぶことが多いという側面もうまく描かれていたドラマだと思いました。

なーんてえらそうに感想を書いてますが、私はこのブログ過去ログでも書いたとおり、6話でこのドラマから脱落して最終回だけ戻ったクチなので、あまり多くは語れません。

しかし、まさか結婚したテルの幼馴染・都古香里奈)が最終的には離婚して、再びテルと同じ職場に勤務し、傍にいることになるとは予想外でした。

最終的には、障害を抱えていても自立支援制度をうまく活用することで、立派に自立した大人として生活も成り立つし、憧れのロードレースもちゃんと完走することだって出来るようになるんだ!ということ。
そして最終的には周囲の人達がみな、テルを正面から受け止め、受け入れていくことが出来ハッピーエンド♪
という最終回でしたね。

これからも、ずっとテルは「都古ちゃんへ」というタイトルのハガキを毎日書いて送って、グループホームから元気に動物園へ出勤して、週末には趣味の自転車を楽しんで生きていく、規則正しいリズムの生活をおくる様が目に浮かぶようです。


さて、後は本日「14才の母」が最終回。
明後日には「嫌われ松子の一生」「Dr.コトー診療所2006」も最終回を迎えるわけですが、最後の最後にきて、コトーを見たい気持ちが松子を上回ってきています。
最終回、誰が松子を殺したのか。原作も映画も読んでいないのに、すっかり興味を失ってしまった私は薄情でしょうか(^^;

人気blogランキングへ
関連記事

Tag:僕の歩く道 草なぎ剛 都古 テル 香里奈

COMMENT 0

TRACKBACK 1


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  注目の『香里奈』
  • 香里奈(かりな、1984年2月21日 - )は、日本のファッションモデル・女優。本名、能瀬 香里奈(のせ かりな)。 愛知県名古屋市出身。テンカラット所属。血液型はA型。視力:左右1.5。身長:165cm。好物は赤福餅。 地元
  • 2006.12.26 (Tue) 16:50 | ほんのり気になるニュース

WHAT'S NEW?