心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

のだめカンタービレ 第10話(12月18日)

 19, 2006 14:43
月曜夜9時「さぁ、楽しいのだめカンタービレの時間だ」by千秋センパイ

本屋さんで今手に入りにくい「のだめカンタービレ キャラクターBOOK」
今週もあっという間に1時間が過ぎ去ってしまいました。
最終回1回前、ストーリーは今までよりもコメディ要素は控えめに、千秋とのだめ、それぞれに未来の自分のために真剣に音楽に没頭する佳境に入ってきて、原作を既に何度も繰り返し読んでストーリーは頭にきっちり入っているはずの私でも、のだめ役の上野樹里ちゃんの真剣な表情に感情移入して、うるっときてしまいました。

あと、やはり個人的にはハリセン先生役の豊原功補さんの演技が好きでした。
のだめがロクにご飯も食べずに、マラドーナピアノコンクール発表曲の練習に明け暮れ、最終予選で弾くはずのシューベルト「ピアノ・ソナタ第16番イ短調」を練習中に高熱に倒れたとき、熱にうなされるのだめに枕元でかけた言葉の優しい口調に涙が(ノ_・、)グスン

「無理しすぎや。飯も食わんで、ずっとコンクールで疲労もピークに来とる頃やのに…これで、完全にタイムオーバーやな。
もうえぇから、ゆっくり休め」


その頃、当ののだめは、マングースの着ぐるみ姿で、
ペトルーシュカの輪をくぐれば、賞金200万!のだめ行きます!!」
と、気合いを入れたところへ、幼き頃の悪夢再来・ピーナッツ頭の瀬川悠人くんが行く手を阻むな~んて夢を見ていたわけですが(^^;

結局、コンクールファイナルの舞台で弾く課題曲の最後の1曲、ストラヴィンスキー「ペトルーシュカからの3楽章より“ロシアの踊り”」は手付かずで、CDを何度か聴いて譜読みをしただけの手付かずの状態で本番の舞台に臨むことに…。

移動中のバス車内で乗り合わせた人の携帯着メロ「今日の料理」を耳にしてしまったのだめは、本番のステージ上でペトルーシュカから曲の記憶が今日の料理に混ざってしまい、結局、譜面どおりに最後まで演奏できなかったということで失格。
本来であれば1位を獲得するはずだった野田恵の不在により、コンクールは1位無しの2位で瀬川悠人がイチオウ優勝という形で終わりました。

ハリセンからのだめがコンクールに出る為に連日練習に明け暮れているのは、自分に追いつきたくてその一心で頑張っていることを聞かされた千秋は、のだめが気になってコンクール二次予選から客席に駆けつけていました。

そして、結局コンクールで優勝することができず、賞金200万円も、ヨーロッパ留学支援の権利も獲得できず、傷心ののだめ「俺と一緒にヨーロッパへ行かないか」
と、思わず意味深な言葉をかけた千秋センパイ

最初は飼い犬程度にしか思われていなかったのだめが、憧れの千秋センパイから、こんな言葉をかけてもらえるところまで近づいたのに、のだめは喜んで千秋と一緒に留学しようとはしなかったんですよね…。

どうしても、「楽しくピアノを弾いているだけじゃ何でダメなんだろう?どうして皆、上を目指せ、もっと勉強しろと強要するのか」のだめには、過去のトラウマを含め、まだ自分の気持ちの整理がついていなかったんでしょう…。


しかし、千秋のモトカノ、彩子は千秋に未練があって「振り向かせようとして頑張った」のに対して、のだめは「好きな人と一緒に留学するために肩を並べられる域まで自分を高めよう」と努力した。この違いに気づいた彩子の引き際も、同性ながら格好良かったです。

そして、今回の恋人であり、才能あるバイオリニストである清良を快くウィーンに帰すために、自らR☆Sオケのコンマスに名乗り出てきた実力者・高橋を受け入れた峰くんも格好よかった!!


今回の落としどころは、男を愛する男2人が一手に担ってくれていましたね(笑)
真澄ちゃんは当然のことながら、この新しく登場したコンマス候補のバイオリニスト高橋くんも、同じ人種だったんですよね(^◇^;)

さすが千秋様、女だけではなく男も魅了するイイオ・ト・コ☆
(⌒^⌒)bうふっ>きもっ

いよいよ来週、楽しみにしてきた『のだめカンタービレ』も最終回かと思うと、淋しくて仕方ありません(´Д⊂グスン
予告を見るだけでも、千秋センパイ玉木宏)の目に涙が…感動する最終回が期待できそうです。

勿論、最終回はとっても楽しみ。
でも終わって欲しくない。

こんな気持ちにさせてくれるドラマに出会えることは幸せですね。




banner_02.gif

関連記事

Tag:のだめ 上野樹里 玉木宏 ハリセン 豊原功補 千秋センパイ ペトルーシュカ 今日の料理

COMMENT - 2

Wed
2006.12.20
14:57

スペードのA #-

URL

心音さん、こんにちは。
のだめはサブキャラもいい人が多いですね。
真澄vs高橋の抗争も、肝心な千秋が何とも思っていない気はしますが、白熱してましたね。

のだめと千秋に来週、一つの結果が出そうですが、あののだめが、千秋の誘いを断るなど最初の頃からすれば考えられない気はしますが、どうなるのか見逃せませんね。

Edit | Reply | 
Wed
2006.12.20
18:52

心音 #s.Y3apRk

URL

>スペードのAさん
TB&CMありがとうございます!
ちょうどハリセンの話題に触れておきながら、その奥様役である
白石さんの「恋しちゃってルンルン♪」ネタを書き忘れていたので、
そちらのブログに記載があって、はっ!としました(;^_^A

のだめに登場するサブキャラ達、皆が皆個性が強いし、ちゃんと
したエピソードが記憶に残る珍しい作品ですよね。
ドラマのキャスティングもとっても良いし、大満足です♪

新キャラ、真澄ちゃんのライバル(?)高橋くん役の俳優さんも
イメージどおりというか、リアルであぁいうモーホーさんがいそうな
感じで、彼の「早く脱げよ!じれったいなぁもう!」「さぁ千秋くん、
君の家はどこだい?」には大爆笑してしまいました。

残すところ最終回のみになってしまいましたが、最後まで楽しみ
いっぱいですね♪
またそちらのブログにもおじゃまさせていただきま~す。

Edit | Reply | 

TRACKBACK - 2


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  のだめカンタービレ
  • まったく心がこもっていない適当な演奏をしてしまう…ああ、それじゃだめだ~
  • 2006.12.19 (Tue) 21:00 | のだめカンタービレ
この記事へのトラックバック
  •  のだめカンタービレ~第10話・のだめ落ち込む!
  • のだめカンタービレ、第10話ですが、のだめ(上野樹里)がピアノコンクールでグダグダになってしまった所で先週終わるわけです。しかし、のだめは、白石美帆の「楽しいこと思い浮かべなきゃ、恋しちゃってルンルンとか」というので復活し、何と最終まで残るわけです。(の
  • 2006.12.20 (Wed) 00:48 | 一言居士!スペードのAの放埓手記

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。