心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

鉄板少女アカネ!!第1話(10月15日)

 17, 2006 18:32
日曜劇場「鉄板少女アカネ!!」がスタートしました。
タイトルどおり、鉄板焼きに命をかける一人の少女の物語らしいですね。
原作漫画は読んでいないので、全く予備知識のないまま初回を観ましたが、ドラマそのものが漫画っぽい作りという第一印象を持ちました。

天下の美食王・嵐山(竜雷太)からも一目置かれるようなお好み焼き職人だった父親が母親他界のショックからか突然の失踪。
17歳の娘・アカネ(堀北真希)が、残されたお好み焼き屋さんを一人で切り盛りしていて、それなりに繁盛していたが、ある日、父親が店の権利を売却し、多額の借金を残していることを、この辺りの土地を買収して巨大フードパークを設立しようとしているお金持ちのお嬢様(片瀬那奈)から知らされる。

絶望のあまり、もう店はたたむしか道は無いと落ち込むアカネの前に、父母の古くからの知り合いだという黒金(陣内孝則)が現れ、父が愛用していた鉄板と、まだ駆け出しの頃父母が共に全国を廻りながらお好み焼き屋台を細々と出していた頃に使っていた車をアカネに見せ、もう一度アカネにお好み焼きを焼き続ける決心後押しする。

アカネは、店の土地を買収したお嬢様・西豪寺エレナの前に土下座して、あの店を潰さないで欲しいと直訴。
すると「1週間後、私のバースデイパーティがあるから、そこの余興としてお好み焼きを焼いて、美食家の嵐山がOKを出したら店を続けても良いわよ」と言う。

それから、昔食べたこの店のお好み焼きが忘れられず、戻ってきた一条心太(塚本高史)も、アカネの父の味を再現する手伝いをすることになる。

心太や黒金の支えもあり、父が隠し味に生地に入れていた物が、母の好物だったこと、ソースと生地に同じものを入れることでバランスを取っていたいたことを知り、アカネはお好み焼きの原点にもう一度立つ。

エレナのバースデイパーティで、肝心のソースを黒金がこぼしてしまうアクシデントに見舞われつつも、お好み焼きの基本に忠実に、父と母から幼い頃に教えてもらった豚玉の作り方を歌いながら、父の愛用していた鉄板で焼き上げたダシ味のお好み焼きを焼き上げ、これを食べた嵐山が借金の肩代わりをしてくれる代わりに3ヶ月で本物の職人になれという条件付きで、店取り壊しは回避に成功。

一安心したアカネの元に、父から鯛が郵送されてきた。
ここで1話は終わり。
2話では父を探して、アカネ達が明石を訪れるストーリーらしいですよ。


あらすじだけざっと書きましたが、このドラマは現実味が薄く、どこまでも漫画っぽいお話という印象です。

イマドキ、エレナお嬢様が「世界が私にひれ伏しますように・・・」なんて言いますか?(´ヘ`;)
お好み焼きを空中でぐるんぐるん回転させて、炎がゴーッ!!とか(*´д‘;)…

日曜劇場の枠にしては珍しく、子供向けドラマ路線なんでしょうか。
「円舞曲」ではかなりお金を使っていたのに、その後のこの枠は、ビミョーな感じですね。

このドラマは、毎週絶対観るぞー!!
という気がしませんでした…。


鉄板少女アカネ以前に、土曜日には「たったひとつの恋」もスタート、そして月曜には「のだめカンタービレ」も始まったのですが、いまひとつ初回の波に乗り切れず…。

「たったひとつの恋」はフジテレビが踊るシリーズの映画、連発抗戦!!「真下正義」は面白かったですからねぇ。
まだまだ続く踊るシリーズ映画のテレビ初登場。
どこまで踏ん張れるか、見所ですね(^_-)☆

さて、今夜は「役者魂」がスタート!
そして先週見忘れた「僕の生きる道」も続けてスタンバイOKですよ♪
特に「役者魂」には期待しているので、今から楽しみです。
ここから一気にドラマ熱が復活すると良いのですが。


人気blogランキングへ





関連記事

Tag:鉄板少女アカネ 掘北真希 塚本高史 陣内孝則

COMMENT - 2

Wed
2006.10.18
22:06

せる #mQop/nM.

URL

日9と金10

こんにちは。最近は金10がマンガ原作枠、日9がホームドラマ、映画ドラマ化枠ってイメージを持っていたので、今クールはあべこべな感じもしますね。木10、自分が「松子」に目が行くのを心音さんはすでにお察しとは・・・その通りでございます。原作が好きなもので。2話は萩原さんと谷原さんで「作家間に揺れる」の回みたいですね。

「のだめ」も小出恵介さんの「真澄ちゃん」役作りにプチ感心しました。あと、主題歌までクラシックで貫いたのも良かったです。でも、ドラマ中にソフトバンク携帯のCMでも使われている曲が何度かかかったもので・・・第1話で勝手に「のだめ=SoftBank」の等式が成り立ってしまいました。1話は人物紹介と話の詰め込みでギュウギュウ感があったので、2話以降は小ネタ多めを期待したいです。特に原作の「こたつ」の話はぜひドラマ化して欲しいです。

Edit | Reply | 
Thu
2006.10.19
07:41

心音 #s.Y3apRk

URL

そういえば

>せるさん
最近のTBS木10は漫画原作ものが続いてましたよね。
今期は日テレ水10枠、土9枠を含め、今までとはイメージの違うドラマが入ってきているのが気になります。

せるさんが「松子」サイドを観そうだなぁ…と思ったのは、原作の作家さんについてやストーリーの内容を重視された意見を書かれている印象を受けたもので。
萩原さんVS谷原さん。どちらも外見はソフト路線、中身は好対照っぽくてなんかいいですね♪原作も映画も観ていないので、楽しみです。

「のだめ」はまたまた人気漫画原作ですね。
1話を見逃してしまったので2話から私は付いていけるのかやや心配ですが(^-^;
クラシックと共に育ったので、珍しく月9に興味を持っているんですよ。いつもの月9路線なら見なくなると思いますけどね…原作好きな方の意見を読む限りでは面白そうなので期待してます!

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。