心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

1歩づつ

 12, 2006 00:01
先週の定期健診で、Dr.に
「そろそろ社会復帰しないと経済的にキビシイ」
と伝えたところ、

「じゃあ仕方ないから、一気にフルタイム勤務に戻ると、また病状が逆戻りしてしまう可能性が高いから、週3日とか、時間短めで、あまり神経をキリキリ使わない職種なら社会復帰してみてもいいよ。」

とのお言葉が。

しかし、短時間勤務とか週3~4日の仕事というのは、いざ探そうとすると職種が限られているんですね...。

キーパンチャー、レジ、スーパーでの試食試飲係、荷物の仕分け、伝票チェック、後はガテン系が多いかなぁ(ーー;)

本当は我侭なんか言ってる場合じゃないんだけど、今回社会復帰を失敗すると、本当にこのまま立ち直るキッカケを失ってしまいそうで、実は不安がイッパイなんです。

欲を言えば、一気に自分の好きな職種にフルタイム勤務で戻りたいのだけれど、また途中で身体の不調を訴えて仕事を休んでしまうようなことになるのなら、

「都会の荒波に負けた」
と素直に認めて実家に戻って、ある意味温室でもある実家の家業でも継いだほうが良いような気もするし...。



とにかく、今はDr.の言うことを信じて、自分の体力の無さ、体調の不安定さを考慮して、短期間の社会復帰リハビリ期間に入ることを目標にすることにしました。

しかし立ち仕事は長時間は耐えられないし、簡単な事務と書かれているところに問い合わせると、実際は単調なPC入力業務or電話オペレーターだったりして
Σ(゚д゚lll)ガーン

電話オペの仕事といえば、その昔、某クレジットカードの督促業務に短期で入って、あまりにも性質の悪いお客さん(というかお金を返さない人)とのやりとりが苦痛すぎて、1ヶ月で契約解除した過去もあり...。

また、別のバイトでも半ば派遣会社に騙された形で、現場に行ってみたら某プロバイダーの勧誘電話(半ノルマ付)で、さすがに契約違反をしたのは派遣会社サイドだったので、こちらの意見を通させてもらって、とりあえず2週間、後任の人が入るまで我慢して続けて、わけもわからず強引に契約を取り付けられてしまった田舎のおじいちゃん、おばあちゃん方には、申し訳ない気持ち一杯で、なんとか毎日のノルマもクリアして、嫌な思い出だけを残してここも早期契約解除。

二度も電話オペという業種で嫌な思いをしたので、もう二度とこの仕事だけは引き受けない!と決めているんです。

また、単調な入力業務は一番ニガテな分野。
ついつい力が入りすぎて肩は凝るわ集中しすぎて眼精疲労になるわ(´ヘ`;)
今までも、こういった単調な入力作業に何度も携わってきたものの、向いていないのは誰から見ても一目瞭然。

立ち仕事でも、ホテルでの宴会サービスクリエイター(配膳人とかウェイトレスとも言うけど...)歴は学生時代に、それなりに評価はされていたので、時間単価も高いし、今なら某一流ホテルでのシフト制勤務の仕事が複数出ているから、これからいいかなぁ...とも考えたけれど、よく考えたら左手、膠原病疑いで関節痛やら痺れやらが、油断すると再発するんだった(^◇^;)


↑のように色々と思い悩んだ結果、夜中にまたしても酷い下痢に見舞われ、朝方までトイレから一歩も動けず、脂汗と闘う始末...。

拾い食いなんかしてませんよ(*´д‘;)…
お腹に優しく、温野菜のサラダとトマトボタージュが夕食のメニュー。ランチは食べてませんから。

いい加減、ちょっと悩んだくらいで過敏性腸症候群の症状が一気に悪化するのはやめてほしいですよ...>自分


結局、私がいまストレス少なめで出来る仕事というのは、フルタイムでないと勤まらない内容のものばかりなんだと実感しました。

そうは言ってもえり好みをしているだけでは、お金は稼げないし、前にも進まない。

もう少し、諦めずに仕事探しをしてみます。




banner_02.gif




関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。