心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

F1トルコGP

 28, 2006 09:33
夏休み明けのF1トルコGP。
地上波のスタートは、勿論全開初優勝を果たしたHONDAの歓喜に満ちた場面~「やってくれたぜ!Mr.J.Buton」

そこまではまだ良かったのだけれど…なんっすか?
山田優ちゃんの後輩、CanCamモデルズのおねーちゃん達がゾロゾロと(*´д`;)…
どうやら日本GPでの応援団に抜擢されたようだけれど、F1に場違いなモデルちゃん達をこれ以上増やさないで欲しかったなぁ。

エビちゃん、もえちゃんその他誰っすか??
ごめんなさい。ファッション雑誌には興味ゼロの女には、全員お人形さんのように可愛いことは判っても、違いがわかりません(ーー;)

モータースポーツは男性ファンが多いから、可愛い女の子をサポーターに増やせば人気が出ると思ってるのかなぁ?CXさんは…。

レースクイーンだけでいいんじゃないですか?サーキットの華は…。

F1の前に放送された、女子バレー日本VSロシアの試合の方がよほどまともなスポーツ番組に見えましたが…。

コンストラクターズ、ドライバーチャンピオン争いもいよいよ息詰まる攻防が繰り広げられるというのに、あの緊迫感のなさにはビックリですよ。


レース自体は、フェラーリが珍しくピット指令ミスだったのかなぁ…ポールから初優勝を果たしたマッサは良かったけれど、何故2位走行していたミハエルまでマッサと同時にピットインさせてしまったのか…。

あれでアロンソはタナボタ式に2位をゲット。
そのまま、最終周までアロンソVSミハイルの熾烈なデットヒートは観れたのだけれど、せっかく10pt差まで追い上げてきたM・シューマッハが、ここへきて痛恨の3位。

アロンソがまた少しポイント差を増やし、2連覇に向けて一歩またリードかぁ(´ヘ`;)ハァ

泣いても笑っても、次のイタリアGPでM・シューマッハは引退か現役続行かを発表するのとのこと。
どちらにせよ、今アロンソと互角で戦えるのはミハエルしかいないと思うので、まだ辞めて欲しくないなぁ…と祈る気持ちで発表を待っています。

地味でしたが、HONDAは調子が引き続き良いようでバトンが4位入賞、バリチェロも抜きつ抜かれつの大接戦の末8位入賞。

TOYOTAも中盤から追い上げ、最終的にはラルフ・シューマッハが7位入賞、トゥルーリーは一歩及ばなかったものの、9位。

日本勢は、スーパーアグリF1以外は着実に結果を出してきていて、これはこれで楽しみです♪


それにしてもキミ・ライコネン…相変わらずの不運っぷりで。
今度は左のリアタイヤバースト→ピットイン→同じリアタイヤが外れてウォールクラッシュ→さっさとリタイヤ。

あれだけ速さのあるドライバーでも、ここまで不運続きだとマクラーレンとの相性はどうなんだ?!って思っちゃいますよね。
デラ・ロサは地道に頑張って前回は2位、今回は5位入賞。
しかし地味だなぁ…。

でも今年は序盤のルノーぶっちぎりのつまらないレース展開ではなくて、最近は拮抗したレースになってきているのでF1が最後まで楽しみですね(^_^)v

<決勝結果>
1位 マッサ(フェラーリ)初優勝
2位 アロンソ(ルノー)
3位 M・シューマッハ(フェラーリ)最後0.1秒差!
4位 バトン(ホンダ)
5位 デラ・ロサ(マクラーレン)
6位 フィジケラ(ルノー)
7位 R・シューマッハ(トヨタ)
8位 バリチェロ(ホンダ)


人気blogランキングへ応援クリックお願いします!

関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。