心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

帰ってきたキムタク。

 03, 2006 13:03
木村拓哉主演、相手役には松たか子というベストコンビで人気だった月9ドラマ「HERO」のSPが今夜21時から放送だそうで。

最近、あの聴きなれたHEROのテーマソングとキムタクの鼻から上のド・アップの予告が流れまくってますね。

高卒の型にはまらない検事(キムタク)と事務次官(松たか子)のコンビ、結構面白かったような記憶残っているんですが、実はストーリーは頭から抜け落ちてしまっています(;^_^A

関東地方では再放送もされているので、見ておけばよかったかなぁ…ま、SPを観始めれば、それまでのストーリーも思い出すでしょd=(^o^)

それにしても、木村拓哉主演というだけで、どのドラマの視聴率高いですよねぇ。

「どの役でもキムタクはキムタクのまま」

だと、私は思っているので、基本的にあまり好んではキムタクドラマを観なかったのですが、やっぱり1作品につき1話くらいは見てるんですよね。

でも、最後までちゃんと観た記憶があるドラマは、たぶん♪回れま~われメリゴーランドもう決して止まらないよ~に♪のドラマと、相当古いけど「あすなろ白書」と、松たかことのコンビで出たドラマくらいです。

一番面白かったのは、古畑任三郎に犯人役で出て、最後、古畑に叩かれていた話かなぁ。

ある意味、田村正和も何に出ても「どんな役でも田村正和は田村正和のまま」な役者さんだと思っているので、この二人はよく似てる。

そう思いませんか?


奇しくも、昨夜7月スタートドラマとしてまず先発スタートした、TBS日9ドラマ「誰よりもママを愛す」のパパ役は、田村正和さんですね。

このTBS日9枠の“ファミリードラマ”では、過去に「オヤジぃ」「おとうさん」「夫婦」と同じ田村正和主演で、脚本が遊川和彦というシリーズ化されてますよね。

今まではどちらかというと、頭の固いオヤジ役が多かったのに、今回は真逆。

なんと、専業主夫で子煩悩、携帯の待ちうけは愛する妻という、今までに見たことのない田村正和パパが描かれていくようで、ちょっと楽しみだったりします。

一番下の息子の授業参観、どうしても息子はおとうさんには見に来て欲しくない理由がある。
こっそりおかあさんにだけ、授業参観の日程を知らせようとするも、多忙なママには伝わらず…。

結局、ママが大切な書類を間違って捨ててしまったかも?!と大騒ぎになり、ゴミ袋をあさった中から、こっそり捨てられた「授業参観のお知らせ」が発見されてしまうんですね…。

しかし、ママは、こんな大切なお知らせを隠して捨ててしまった息子を叱り付け、パパにも「授業参観には絶対に行かないように」ときつく言い、仕事に出かけてしまいます。

息子がパパに授業参観に来て欲しくなかった理由、それは「尊敬する家族」というお題目の作文を、この授業参観で発表することになっていたからだったんです。

「僕が尊敬しているのは、弁護士として人のために毎日忙しく働いているお母さんです」

こっそり授業参観に行ってしまったパパは、ひどく落ち込み、自宅のトイレにこもってしまいます。

こんなパパ、可愛いですよね(*^^*)
ちょっと情けないけど、優しいパパ役を演じる田村正和氏。
ちょっと楽しみかも。

脚本家の遊川氏、最近は「女王の教室」「幸福の王子」と、少々精神的にやられる暗いトーンの話が多かったので、ちょっと私は観るのを遠慮していたのですが、今回はさすがに枠に合わせた、ほのぼの系路線でいきそうですね。

ママ役の伊藤蘭さんといえば、キャンディーズファンの世代の方々にとっては、永遠のアイドル。
それが、バリバリ外で働く敏腕弁護士役を演じるあたり、こちらもちょっとイメージが違って新鮮です。

個人的に一番注目しているのは、小林聡美さん演じる、隣の部屋の住人ですが(^。^/)

夏ドラマのラインナップも、まだ整理がついていないのに、すでにスタートしてしまっています。

とにかく、観たいドラマを絞れるように初回は頑張ってついていく予定です!!

体調は残念ながら、またまた下り坂ですが(ーー;)

人気blogランキングへ


関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。