心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

JIN-仁-第1話(4月17日)

 21, 2011 22:40
戻ってきた【JIN-仁-】初回2時間SPの視聴率は、なんと23.7%
と色んなところで話題になってましたね。

前回シリーズでは最終回までに決着がつかず、「え?もしかして
続きは映画館でコース?」と騒然としていましたが、TBS公式サイト
のURLを見る限り、今回はfinalが付いてるので今回の連ドラで
結末をちゃんと見られるはずです。

相変わらず、このドラマの役者クオリティは素晴らしい!!
主演の大沢たかおさん、今回はヒロインポジションなのかな、
橘咲役の綾瀬はるかさん、坂本龍馬役の内野聖陽さんをはじめとする
前回からのレギュラー陣の安定度はもちろん、ゲストの存在感も
ものすごいですね。

次から次へと幕末に名を残した有名人と対面する仁先生ですが、
今回は龍馬さんの願いを受け江戸から京都へ。
久坂との再会、未来から来た仁先生へ力強いメッセージを残して
去っていった佐久間象山との出会い。
そして新撰組に拉致られて盲腸で苦しんでいる西郷さんを執刀
することになるという…初回から飛ばしてます、仁先生。

2時間みっちり見所満載でしたが、個人的に一番印象に残ったのは、
市村正親さんの佐久間象山。
仁とは逆で、幼い頃に木から落ちたタイミングで現代にタイムスリップ
していた象山が身に付けていた医療用ネットと10円玉を託され、
偉人の命を救うことで歴史を変えてしまうのでは…と悩んでいた
仁は象山に喝入れされるシーンでした。

仁が幕末に飛ばされてきたことは神の意思。
つべこべ言わずに進め!
救え!その心のままに救え、救え!!

大河の方でこれまでとはイメージの違う明智光秀を好演されていた
市村さんですが、こちらでは濃く、熱く、まるで龍馬役の内野さんに
呼応するかのような象山でしたね。

この象山の言葉を受け、西郷隆盛の盲腸手術を志願した仁先生の
台詞が、初回全体のキーワードですね、きっと。

「ここで貴方を見殺しにすれば私は命を差別する者になってしまう。
だから、私のために貴方を助けさせてください!」(端折ってます)



基本的に私は戦国好きなので、幕末には興味薄なのですが、このJIN
という漫画原作のドラマと、銀魂という漫画原作のアニメの中の
幕末と現代の絶妙な配合具合がツボにはまってます。

逆に戦国が好きすぎて、歴史本を小学生のころから読み漁って余計な
知識で頭デッカチになってしまった所為か、同じように現代アレンジで
歴女ブームの一端を担ったとも言われている人気アニメ戦国BA●ARA
こちらは好きな声優さんがいくら好演されていても、どう頑張っても
受け入れられず…orz

戦国といえば、大河ドラマ。
信長と勝家がお亡くなりになってから、気づいたら脱落してます。
江姫といえば姉上の淀殿のお話が長いこと付いてまわる。
必然的に秀吉とも長丁場での付き合いになる…。
どうしても今回の秀吉には不快感を感じてしまって私にはムリでした。
岸谷さんが嫌いなのではなくて、私の中での秀吉イメージに合わない
という意味でね。

舅になる家康には違和感は感じないし、なにより向井くんの秀忠が
見たいので秀忠登場あたりで復活視聴したいと思ってます。
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。