心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

2011 F1中国GP決勝(4月17日)

 18, 2011 22:16
中国GPでは同じドライバーは2度勝てない。
ジンクス破れたり!!

ルイス・ハミルトンが2度目の優勝を果たしました。
表彰台の一番高いところに立ち、心から喜びの笑顔がこぼれ、
感激にうるうるしていたハミルトンの表情が印象的でした。

スタートで出遅れたベッテル。
対するマクラーレンは2台とも好発進で、バトンは悠々の1位奪取。
後からスタートしたハミルトンには抜かれまいと必死でブロック
しようと応戦するベッテルの横をすり抜けマクラーレン1-2体制を
築いたハミルトン。

スタートでベッテルを3位に落としたことと、1回目のピットストップ
で同時ピットストップだったベッテル陣営に間違ってストップして
しまったバトンの痛恨ミス。
加えて、2ストップ戦略のため終盤タイヤを労わる走行を強いられた
ベッテルの戦略負け。
これがハミルトンを優勝に導く、大きな要素でしたね。

前日、まさかのQ1落ち18番グリッドからスタートしたウェバーは
プライムタイヤを選択し、ジワジワと追い上げていきます。

レース前、チーム代表のクリスチャン・ホーナーが「4位は狙える」
と宣言したとおり、見事な追い上げを見せ結果的に3位表彰台に
上ってみせたマーク・ウェバーの笑顔を久しぶりに見たような気が
します。

その後も各所で順位変動があって、実況している暇なんて無いほどの
おもしろい展開に大満足♪

欲を言わせてもらえれば、せっかく表彰台も狙えるポジション、
ポテンシャルを持っていたのに、「燃料をセーブする必要がある」と
チームからの指令を受け、泣く泣く全力モードで走ることを断念した
ニコの5位という結果が少し残念だったかな。

1回目のピットストップでバトンが間違ってレッドブルのガレージ前に
停車してしまったことについて、プレスカンファレンスでベッテルと
ハミルトンがネタにしてますね(笑)

相変わらず、ベッテル語というのか彼独特の言い回しがおもしろい。
それに横からジョークで参戦してからかうハミルトンもナイス!
LH: I would have got tyres.
SV: From my team or from…
LH: Yeah, yeah, from your team.

これでベッテルの連勝はストップしましたが、落ちても2位だしね。
レッドブルVSマクラーレンが接戦を繰り広げ、ヨーロッパラウンドでは
他チームも浮上してこの2チームに切迫してくる展開が見られると
シーズン通してF1がもっと楽しくなりそうなので期待してます。



<F1中国GP結果>
1.ルイス・ハミルトン(マクラーレン)
2.セバスチャン・ベッテル(レッドブル)
3.マーク・ウェバー(レッドブル)
4.ジェンソン・バトン(マクラーレン)
5.ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
6.フェリペ・マッサ(フェラーリ)
7.フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)
8.ミハエル・シューマッハ(メルセデス)
9.ヴィタリー・ペトロフ(ルノー)
10.小林可夢偉(ザウバー)
-----
11.ポール・ディ・レスタ(フォースインディア)
12.ニック・ハイドフェルド(ルノー)
13.ルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)
14.セバスチャン・ブエミ(トロロッソ)
15.エイドリアン・スーティル(フォースインディア)
16.ヘイッキ・コバライネン(ロータス)
17.セレジオ・ペレス(ザウバー)
18.パストール・マルドナード(ウィリアムズ)
19.ヤルノ・トゥルーリ(ロータス)
20.ジェローム・ダンブロシオ(ヴァージン)
21.ティモ・グロック(ヴァージン)
22. ヴィタントニオ・リウッツィ(HRT)
23. ナレイン・カーティケヤン(HRT)

R. ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ)
 ※1度目のピットストップ直後にタイヤが外れ、マシンダメージを
  負ったことによるリタイア

 ★Fastest Lap M.WEBBER 1'38.993 ON LAP42

決勝での最速ラップはウェバーですが、予選でベッテルがコース
レコードタイムを更新しています。

そうそう、ルノーは予選で余裕を持ちすぎた結果、Q2アタック中に
マシンストップ、赤旗中断の原因をペトロフが作り、まだタイムを
出していなかった同僚・ハイドフェルドは赤旗明けの酷いトラフィック
の中で1度のアタックしか臨めず、結果Q2落ち…。

決勝でも前レースのようなロケットスタートは叶わず、ニックは10位
争いにギリギリ加わるか否か…な感じでした。

中国GP開幕前、Twitterでルノー関係、ニック関係のログを読んで
いたとき、あまり浮かれているとロクな目に合わないのに…と、
ちょっとした死亡フラグを見出していたので、この結果を見ても全然
驚かなかったけどね。

可夢偉は熾烈な10位ポイント圏内争いに競り勝ち、今回もポイント獲得。
誕生日祝いにポイントゲットを狙ったディレスタは、好発進が実らず11位。

あ、こうして結果を書き出して気付いた。
フェラーリは今回、マッサの方が成績良かったんですね。
あの状態からは、ふぇるなんどいずふぁすたーざんゆー言わないか(笑)


CSの方は今回、スペシャル解説としてブリヂストンの浜島さんが
加わっていたこともあって、タイヤの性能がどんな風にレースに影響を
与えていたのか、素人にもわかりやすく解説してくださったので、
そういった点でもレースを楽しめてよかったです。
関連記事

COMMENT - 4

Tue
2011.04.19
23:13

ぴの #ZAOwLMoY

URL

ベッテル連勝ストップ…うぅ...orz
しかしマークは素晴らしいですね。
Q1落ちで表彰台とか。

ベッテル:"I don’t know what attracts people to stop in our garage! "
トロロッソならともかく、バトンは何があったんでしょう。
ちょっと私は今回レースを見てはないんですが、地上波で見てた父によれば
地上波の人は、このイベント(?)について、リプレイになるまで
言及しなかった(気づかなかった)らしいです(^_^;

アルグエルスアリ、折角予選でトップ10に残ってたのに、
リタイアだったんですね。可哀想に…

チームオーダー解禁ですけどフェラーリはまだそれを使えるシチュエーションが
ないようですね(^_^;

Edit | Reply | 
Wed
2011.04.20
00:22

cocorone #s.Y3apRk

URL

>ぴのさん
バトンは手元のボタン操作をしていて、レッドブルのボックスに
停車したことに最初気づかなかったと言ってます。
そして自身のtwitterで「ジェシーから次のトルコGP前に駐車
練習を薦められたよ」と冗談言ってました(笑)

たぶん、昨年カーナンバー1だった頃と一瞬混乱したんだと思いますよ。
CSの国際映像ではレーススチュワード達が瞬時にこのミスを
指差しで確認して「ジェンソン・バトンが間違って停車した」と立ち上がって
指摘してましたが、地上波は右京さんすらも完全スルーしてました^^;

Edit | Reply | 
Tue
2011.04.26
18:19

ぴの #ZAOwLMoY

URL

つい昨日、父が、中国GPの映像消す前に、バトンの例の事件の
シーンだけ見たいと言ったら見せてくれました(笑)。
確かに指さしている映像が一瞬でしたけど映っていましたね。
でもリプレイでは「去年カーナンバー1だったから」とすぐフォローしていたので、
あぁ、なるほど、と思いました。

しかしチャンピオン経験者でもこんなことがあるんですねw

Edit | Reply | 
Tue
2011.04.26
19:42

cocorone #s.Y3apRk

URL

>ぴのさん
あはは、バトンのピットストップミスご覧になったんですね。
冷静そうにみえて、わりとテンパってたのかもしれませんよ?

以前、アルグエルスアリもレッドブルのボックスに間違って
ピットストップしたことがあったし、レッドブルのピットは大人気ですね(笑)

話が変わりますが、神谷さんお好きなぴのさんにお伺いします。

6月4日(土)14:00からの夏目友人帳の集い、チケットが
重複して当たったのですが、行きませんか?
といっても、席は2階席サイドブロック、私とは別口で1枚
なんですけど…。
場所は千駄ヶ谷の東京青年会館大ホールです。
手数料、送料はこちらで負担して定価で。

条件がよろしくないので、ダメ元でお声掛けしてます。
もし興味がおありなら、拍手ボタンをクリックしてもらえると
私だけが閲覧可能のメッセージが送れる仕様なので、
捨てメルアドでも教えてください。

唐突なお声掛け、失礼しました(*^^)/

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。