心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

2011 F1マレーシアGP決勝(4月10日)

 12, 2011 00:23
ニック・ハイドフェルドが表彰台にカムバック!!
twitterひとり実況ログを読み返すと、まるでニックファン状態で
我ながら笑ってしまいました(*^^*ゞ

‘I'm pushing,don't worry!!’
ラテンの血が煮えたぎってノリノリすぎたアロンソが、タイヤが
厳しくなり伸び悩んでいたハミルトンを追い越そうとして接触。
ハミルトンの方も抜かれてたまるか!!と当たりに行っちゃってる
ようにも見えなくはないんだけど…^^;

とりあえず、前にいた2人が自爆してくれたおかげで、一度目のピット
ストップで2位から6位まで順位を下げてしまったニックに再び幸運の
女神は微笑んだ!
そんな流れでしたよね。

タナボタで結構。
ニックの安定しすぎるほどの完走力、残り3周くらいからタイヤは
明らかにズルズルだったのに、強敵ウェバーからの猛追を意地で
抑えきったその姿を見て、手に汗握りながら全力応援してました!!

おめでとうニック。
地上波のインタビューがカットされなかったのも久々すぎて感動した!
マレーシアGPでのあなたはステルス返上して輝いてたよ。
ステルスは同郷のニコ・ロズベルグがそろそろ本格的に継承しそうな
勢いでちょっと複雑だけど…^^;

華麗なる開幕2戦連続のポールトゥウィンを決めた現ワールド
チャンピオンのセバスチャン・ベッテルは、ほとんど映像に
映らないほどブッチギリの快走。

あれで「KERSが使えたり使えなかったりした。」
と言うんだから、ニューエイ先生の新作はどんだけ速いのよ?!
ってお話ですよね。

ウェバーの方は終始KERSが不能、後半はDRSの調子も悪いとか
何とかで…その上、ピレリタイヤとの相性がかなり悪いらしく、他
ライバルよりも1回多くピットストップを要しているのに、終わって
みれば4位にはつけているんだからRB7は本当にスゴイ、まさに変態。

表彰台での記念撮影時、ベッテル君がニューエイさんをトップ3
ドライバーの中に呼び込みたくなる気持ちがとってもよくわかるわ。

結局、レース後にアロンソとハミルトンにそれぞれ20秒加算ペナルティ
が出て、可夢偉が恩恵を受ける形で7位に繰り上がり。
可夢偉もね、地味ながら2ストップ作戦を見事に遂行して、前戦で
幻と消えたポイントを今回はガッチリ手中に納める見事な走りっぷりに
拍手です。

ジェイムス・キーの「うちのマシンはタイヤに優しい」宣言は本物
ですね!

もうひとつ、ルーキードライバーのポール・ディ・レスタが自力で
10位ポイント獲得、これは地味な扱いだけど本当におめでとう!と
言いたいです。

前戦、幻のF1初参戦初入賞の記録が幻と消えてしまったペレスのことを
思うと本当に可哀相だと思うけど、今年のルーキー達は、単なるペイドラ
じゃないんだゼ!というキラリと光る才能を存分に発揮してもらえると、
中盤~下位に至るまでレース展開が楽しくなりそうで、いい感じです♪

タイヤが急にダメになるピレリタイヤの特性のおかげで、ドタバタ劇が
増え、KERSとDRSの特性が生きるサーキットでは俄然オーバーテイク
シーンが増えたので今年は雨が降らなくても充分楽しめてます。

今週は連戦で中国GP。
ここはまだ2回勝ったドライバーがいないジンクスは破られるのか?!

念のため、ここの過去のwinnerは…
バリチェロ、アロンソ、シューマッハ、ライコネン、ハミルトン、
ベッテル、バトン

所謂現在の3強のうち、ここで未勝利なのはウェバーとマッサですか。
もしくは…これは未勝利記録を伸ばしつづけているニック初優勝
あるかもよ?
関連記事

COMMENT - 2

Wed
2011.04.13
22:35

ぴの #ZAOwLMoY

URL

ベッテル又もやポールトゥウィンでしたね!
KERSも、載っけてた割に追い詰められたときに使えなかったのが
ちょっと大変そうでしたが、それでも最後まで守り切れて良かった。
(もうこれ以上KERS使っちゃ駄目って無線で言われてましたもんね。)
KERSの信頼性って何なんだろう。何がそんなに問題なんだろう、
って思いましたけど。

可夢偉とシューマッハが何度かバトルしてて、可夢偉もここまで来たかというか、
シューマッハがここまで落ちぶれたかというか、ちょっと複雑な気持ちでした(笑)。

バトンはさすがでしたね。
ハードタイヤを持たせる達人って感じがします。
「これで16周以上走った奴いないけど19周行くから!」
って言われて、やっちゃうところがさすがw
今年のチャンピオン争いは、ベッテルとバトンの争いになりそうな
気もします。

ハイドフェルドは今回スタートが凄く良くて、
途中、あれっ?て思いましたが、最後にはちゃんと表彰台に
載ってて。

ウェバーは今年、タイヤやRB7とどうも上手くやれてない感じが
見えてきましたね…
そんな中4位は意外でしたけど。
タイヤの摩耗が明らかに酷いからマレーシアまでに原因を究明するとか
言ってましたけど、結局今回も苦戦してたみたいですし。

Edit | Reply | 
Thu
2011.04.14
00:11

cocorone #s.Y3apRk

URL

>ぴのさん
こちらは通常のF1ネタにコメありがとうございます。

ベッテルもバトンも可夢偉も共通して言えることは、タイヤ
マネジメントが巧いドライバーが圧倒的に有利。
ってことですね、今のところ。

うん、速さだけの戦いならベッテル独走を阻めるのは、
ハミルトンかな?と思いますが、タイヤの使い方が…
バトンとハミルトンを足して2で割れば強そうですねw

ニックは元々、スタートの混乱をすり抜けてごぼう抜きする
のが得意なドライバーだと思ってましたが、今年のルノーの
スタートの良さは驚異的ですね!

シューマッハ…というか、メルセデス自体がもう…
中国は熱狂的なマイケルファンが多いイメージなので、
声援を追い風にできるのか?!ですね。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。