心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

CONTROL~犯罪心理捜査~ 2話

 19, 2011 00:25
1話の視聴率が高かったようなので、2話を視聴してみた
【CONTROL~犯罪心理捜査~】

辛口感想です。
そういった感想をお嫌いな方の閲覧は先にお断りしておきます。


松下奈緒さんは警部補で、藤木直人さんは大学の犯罪心理学の教授。
で、事件の解明に心理学を用いるため捜査協力をしていると…。
1話や公式サイトを見なくても充分設定が理解できました。
【ガリレオ】での柴咲コウさんと福山雅治さんの演じられた役の
関係性と類似しているから解りやすい。

そして今回の事件は、ベストセラーを数多く出版している有名な
女性教授が殺され、1ヶ月前からネット掲示板で殺人予告を何度も
書いていた元教え子の男が自白したため身柄を拘束。

でも裏づけ捜査を進めていくと、この男は犯行不可能であることが
立証されていく。しかし男は頑なに「俺が殺した」と訴え続け、
誰かを庇っている様子。

最初から怪しい人物として露骨に描かれ、執拗に心理学の先生様が
ぶしつけな質問を繰り返した被害者の助手が真犯人でした~。
という、何の捻りもない、わかりやす~い展開で事件は一件落着…。

古畑任三郎形式で、最初から犯人をこの人ですよ~と紹介した上で
その殺人トリックや動機を刑事が明かしていくわけでもなく、
デカワンコのように最初からこれはコメディ刑事ドラマですよ~と
オバカドラマ仕立にしている訳でもない。大真面目につくった刑事
ドラマとしてはあまりにもお粗末な脚本に、逆にびっくりです。

ガリレオは人気ミステリー作家が筋書きをしていたおかげで、
トリックは斬新だったし、レッドマーキュリーが登場して一気に
ネタドラマ化しても事件自体には納得がいったんだけど、これは…。

世の中、ドラマをながら見しても理解できる、脳ミソ全く使わずに
事件が解決できるような明快なストーリーじゃないと視聴率が
取れない時代になったってことなんでしょうか…。

松下さんと藤木さんの並びは見た目にとても華やかだし、極端に
不愉快だったりヘタな役者さんが出ていないのに、とにかく肝心な
お話が残念すぎる。

ドラマ自体もそうだけど、最近のテレビ(地上波)のつまらなさの
理由のひとつに改めて気づかされたような気分になって、ひどく
むなしくなりました。

気楽に、ドラマの画の華やかさを楽しむドラマがお好きな方には
毎週楽しめるドラマだとは思いました。

私はもう見ません。
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。