心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

熱海の捜査官 最終回(9月17日)

 19, 2010 20:07
最終回ラッシュの最中、一番遅くスタートしたテレ朝金曜深夜枠
【熱海の?捜査官】も最終回を迎えました。

ずっと見続けていた人はきっと、元々サブカルテイストに抵抗が
無い方、そしてあの奇妙でちょっと非現実的なドラマの世界観に
少なからずハマっていた方だけだと思うのですが、中には純粋に
ミステリードラマのような結末に期待していた視聴者もいたらしく、
そういった現実派の方にとっては「バカにしてんのか!」
「オカルトかよっ!」と結末の曖昧さにブチキレ必死の最終回
だったようですね。

私?私は序盤から薄々気づいていた部分もあったので、結末が
神の領域?ファンタジー?だったことで、逆に色々と想像力を
めぐらせることが出来て満足してます。

それにしても謎だらけの終わり方でしたねー。

結局、星崎と北島が派遣された「南熱海」とは現実なのか、
それとも死後の世界なのか、はたまた現世とあの世の狭間に
存在しているのか?
一番しっくりくるのは現世とあの世の狭間、星崎が冒頭で
言っていたとおり2つが織り交ざらずに存在している状態
になるのかな。

ラストで星崎は東雲と共に、先に海に転落して溺死したはずの
新宮寺の運転するスクールバスに乗り込み“ラインを超え”て
行ったけれど、あのトンネルの向こうはあの世なのか、それとも
逆の発想で、あの世=南熱海の学園に北島を残して自分だけ
現世へ戻っていったのか?

一度死んだ人間を生き返らせることの出来る風宮=平坂は
星崎に撃たれて瀕死状態にあったはずなのに、南熱海の病院
からおそらく市外の病院へ移送された後に、やたらと広々と
した無機質な部屋の中央に置かれたベッドから起き上がり、
ニヤリと笑い、その足元には意識を失った看護師が倒れている。

風宮が平坂と名乗って自然保護団体施設の地下室に専用UPSから
引っ張った電源で命を繫ぎ眠らせていた行方不明の女子生徒
3人も南熱海の病院に移送され、生命維持装置に繋がれ眠った
ままの状態のはずなのに、東雲がバスに乗りこむ前、3人を
見舞った際には彼女達は白く明るい病室で臨死体験を楽しそうに
語り合い、東雲も微笑んでいて…

風宮とバス消失事件で消えた3人の女子生徒がベッドから
起き上がった映像は白く、昏睡状態の映像は暗い。
だから現実にある肉体は昏睡状態で、精神世界では普通に生き
ている。でも自分で「死」を受け入れると“ラインを越え”て
肉体も精神も本当の意味でひとつになり死に至るのかな~
なんて考えながら録画をリピってます。

どちらにせよ、オカルトでファンタジーな結末だったので、
肝心なバスと共に女子生徒4人が消えた事件の本当の意味での
解決は見られなかった。結論は視聴者の想像にゆだねます♪
っていうことですね。

結末を見てから最終回までを振り返ってみると、イタズラ好き
の底抜けに明るいキャラだったはずのケイトウさんの言動も
最初から不気味だったことに気づかされ、背筋が寒くなります。
お彼岸だし…

あー、こんな不思議な終わり方だったけど私的にはホタルノヒカリ2
よりトータルでは楽しめました。
太陽と月くらい対極的なドラマだから本当の意味では比較のしようが
ないんだけどね。

ホタル~は原作からかけ離れすぎて、原作では好きだった
ホタル×高野部長カップルをドラマでは最後までほっこりした
気持ちで見ることができなかったのがひたすらに残念。
最終回までオリジナルキャラとして登場して、完全に当て馬
要員だった瀬乃に思い入れてしまって、なんだかなぁ…という
感じ。
こっちの消化不良の方がストレスが溜まったわ…。
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。