心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

2010 イタリアGP予選(9月11日)

 11, 2010 23:44
イタリア・モンツァ
言わずと知れたフェラーリの聖地。

ですが、ここ数年はホームグランプリのモンツァで輝けない
印象の強かったフェラーリが2004年以来のポールポジション
獲得!!
コンストラークターとしてのポールポジション獲得も長いこと
果たせていなかった赤い跳ね馬が地元で歓喜に沸いた予選でした。

コース適正から前評判ではマクラーレンに分があるのでは?
と予想されていた中で、Q3トップタイムを早くに叩き出した
フェルナンド・アロンソにモンツァには似つかわしくない大きな
リアウィングでずっと好タイムを連発していたジェンソン・バトン
が挑むもギリギリ及ばず2番手。マッサがそれに続き3番グリッド。
予選トップ3インタビューの席にフェラーリドライバーが2人揃い、
誇らしげに舞うフェラーリの赤い旗とお隣スペイン・オビエドの
水色の旗。
盛り上がり最高潮のティフォシ達に向ってピットウォールから
身を乗り出して歓喜するルカ・モンテゼーモロフェラーリ会長の
姿が印象的でした。

やっぱり、イタリアでフェラーリが速いとティフォシじゃなくても
嬉しくなってしまいます。

基本的にはベッテル贔屓ですが、モンツァではレッドブルは不利
だし、予選もパッとせず6位だったし、決勝は久々にフェラーリVS
マクラーレンのバトルに期待して楽しもうと思ってます。

結果&そのほかの感想は追記にて。
<2010 F1イタリアGP予選結果>
1.フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)1'21.962
2.ジェンソン・バトン(マクラーレン) 1'22.084
3.フェリペ・マッサ(フェラーリ)
4.マーク・ウェバー(レッドブル)
5.ルイス・ハミルトン(マクラーレン)
6.セバスチャン・ヴェッテル(レッドブル)
7.ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
8.ニコ・ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)
9.ロバート・クビサ(ルノー)
10.ルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)
---------
11.エイドリアン・スーティル(フォースインディア)
12.ミハエル・シューマッハ(メルセデス)
13.小林可夢偉(ザウバー)
14.セバスチャン・ブエミ(トロロッソ)
15.ヴィタリー・ペトロフ(ルノー)
16.ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ)
17.ペドロ・デ・ラ・ロサ(ザウバー)
----------
18.ヤルノ・トゥルーリ(ロータス)
19.ヘイッキ・コヴァライネン(ロータス)
20.ヴィタントニオ・リウッツィ(フォースインディア)
21.ティモ・グロック(ヴァージン)
22.ルーカス・ディ・グラッシ(ヴァージン)
23.ブルーノ・セナ(HRT F1)
24.山本左近(HRT F1)

屈指の高速サーキットなので当然トップスピードも速い。
数値だけ見ていると意外なことにトロロッソが速く、セクター
1.2でアルグエルスアリ、ブエミがスピードトラップで
トップ1.2を記録。昨年ここで脅威の速さを見せたストレート
番長フォース・インディアは今年は不調のようです。

ただし、最高速度がいくら速くてもレースをトータルで見れば
やっぱり上位勢がきっちり強さを見せつける結果が出るんですね。
雨のモンツァで中堅から下位チームだったトロロッソのマシンを
駆ってセバスチャン・ベッテルがポール・トゥ・ウィンを果たした
のは、色んな要素が集約されて奇跡的に果たされた結果だったのかな
なんて思ってしまいました。

なにげにトータルでの速さを見せ、2台ともQ3に駒を進めた
ウィリアムズはここのところ好調を維持してますね!
フェラーリ時代、そして昨年ブラウンGPでも優勝を果たして、
モンツァでの優勝の常連になったバリチェロは勿論、ニコヒュルも
なかなか善戦して8番グリッド獲得に、地味に小さくガッツポーズ
してしまった私はやはり、隠れウィリアムズファンのようです(笑)

ニコヒュル君が先日ウィリアムズの企画でファンとチャットで
会話をしていたログを読んでいたら、寿司が好きで東京に行ったら
可夢偉の日本食の店に行こうと思ってるとか、休暇はアジアのビーチ
で過ごすのが好きだとか、好きなサーキットは中国とか、結構な
アジア好きだとわかり、ちょっと親近感UPしたばかりだしね。
中にはストレートに女性の趣味を質問しているファンがいて、
ブロンドそれともブルネット?と聞かれて「そんなの僕に選べって?
間違いなくハリウッドタイプじゃないことだけは言えるよ」と
答えていらっしゃいました。ドイツ人ドライバーは有名になる前
からのGFと長く付き合っている人が多いし、彼もそうなんでしょう。

幼馴染で地味めの彼女と長く付き合ってるといえばもう1人のニコ。
シーズン開幕当初はトップ4と言われながら失速気味のメルセデスGP
のマシンでニコ・ロズベルグだけがQ3に残り、粘り強く最終アタック
で古巣のウィリアムズ2台と好調クビサのタイムを上回って見せた
その地味で空気な頑張りにも拍手です!!
あ、そういえばニコとニコはお互いにファーストネームで呼び合わず、
先輩ニコはHULKと呼び、後輩ニコはBritneyと呼んでるらしい(笑)
決勝ではウィリアムズVSメルセデスVSルノーの戦いも注目したいと
思ってます。



関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。