心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

ホタルノヒカリ2 6話(8月11日)

 12, 2010 19:57
原作とドラマは別物として割切ったつもりだったけど、
ここまで原作とストーリーも主要人物の性格や関係性も全く
違ったドラマにするなら、いっそのこと「ホタルノヒカリ」
という看板を外して、オリジナルのラブコメとして見たかった
なぁ…と思いながら見てます。

「ホタルノヒカリ」というタイトルで、雨宮蛍と高野部長
の同居生活を描いている以上、この2人が生涯のパートナー
として幸せになる結末が前提で見てしまうので、ドラマ
オリジナルキャラの瀬乃というライバルキャラがどんなに
格好良くてホタルのことを理解している男性として描かれても、
どうせ最終的にくっつくのはホタル×ぶちょおなんだから…
とドキドキ感が半減してしまうし、前々から書いているとおり
「2」の高野部長には何故か共感できず、ホタルには瀬乃の方
がお似合いなんじゃない?と思ってしまうので、肝心なホタル
とぶちょおの縁側でのバカップルシーンを素直に楽しめず、
ちょっとストレスを感じながらも、今期のドラマではやっぱり
一番おもしろいから…と見続けてる感じ。

あまりにも原作とかけ離れすぎるのはやっぱりストレス!
原作では素直に結婚したホタルと部長に
「おめでとう、このふたりなら末永く幸せでいられるね」
とほっこりできたのに、ドラマ2のふたりが結婚しても、
原作のようには思えないんだろうなぁ…と中盤で既に悟って
しまっているし…。

高野部長のキャラが原作とは全く違っていることがまず1つ。
加えてホタルが干物女ではなくて、アホな天然女になって
しまっているのも残念。

ドラマ1でも原作でも、干物なりに一生懸命恋愛して、
あんなに好きだったマコトくんの苗字を忘れるなんて…。
「手嶋でしょ!」とテレビの前でややギレしてしまったよ。

自分のジャージを買わずに部長に頼まれた甚平だけは
絶対に買って帰るんだ!とワゴンセールで頑張る姿なんかは
健気で可愛いし、ホタルの良いところも沢山あるから、
原作とのブレも相殺しながらイーブンに持ち込み…

でも、瀬乃役が向井くんじゃなかったら、原作と違いすぎる!
と途中で脱落していたと思います。

6話では勢い余ってホタルに「好きだよ」と告白してしまい
ながらも、「今のは忘れて!」とホタルを混乱させまいと
必死に自分のエゴは放棄してホタルと部長の恋を応援する
瀬乃がすごく素敵でした。

「花男」方式で当て馬キャラとヒロインの報われない恋の
一瞬の輝きを楽しむのもありでしょ。

あちらは原作漫画もドラマも道明寺は嫌いで、完全に花沢類派
だから、本来一番盛り上がる終盤はスルーで、類×つくしの
絡みのある前半ばかりリピって楽しんでいるんだけど、
ホタルノヒカリは原作では断然、ホタル×高野部長カップル
が好きなのに、ドラマではホタル×瀬乃萌えなのがちょっと
複雑なんだけどね┐('~`;)┌

関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。