心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

2010 F1ハンガリーGP(7月30日-8月1日)

 02, 2010 03:31
セバスチャン・ベッテルがポールポジションを獲得しても、
全く安心できない…そんな予感が的中してしまったハンガリーGP。

「セイフティカー先導中は前のマシンから10台分以上のスペースを
故意に空けて走行してはいけない」というルールに違反したベッテルに
ドライブスルーペナルティが科せられ、優勝できるレースをみすみす
逃してしまった。スタートで自滅した次はSC先導中のルール違反で
自滅…。
無線の調子が悪かったのか、SCランプを見落としてしまったのか、
色々な要因が絡んでいたようで、レース後に長々と説明をしていた
けれど、ルール違反はルール違反ですよ、ベッテル君…お怒りは早めに
おさめて夏休みにリフレッシュして終盤、ビシッと決めてください。

予選ではぶっちぎりの速さを見せつけ、ミハエル・シューマッハが
持っていたハンガロリンクコースレコードを更新したベッテル君。
ポールポジションも獲り慣れてきて、レース後のチーム無線も
ベテランのような貫禄が出てきているのに、肝心な決勝でどうしても
勝てない。

Sebastian「Good job,this one is for you」
いい仕事だったね。この結果はチーム皆のものだよ。

この言葉を予選ではなくて決勝後に聞きたいものです。

いつものことだけど、今日は一段とレース後に憮然とした態度だった
ベッテル君でしたが、そんな彼の性格を熟知している首脳陣も、
まずは無線で最終ラップに意地で叩き出したファステストラップ
を褒め称え、色々不満はあるだろうけど理由は後で話すから
おちついて。とうまいこと宥めていたのが地上波の放送ではテロップ
付でオンエアされてましたね。
優勝したウェバーの無線じゃなくて、ベッテルの無線を訳すところが
ある意味おもしろかったです。

トップ3インタビューの席でも脚を組み、不機嫌そうにコメント
するベッテル君の横で、逆にこのチャンスをものにして今シーズン
単独トップの4勝目をあげたウェバーがジィーーーっとセブの顔を
見ていたのが印象的でした。アロンソも便乗して横からジィーっと
見ていておもしろい構図に…( ´_ゝ`)( ´_ゝ`)o(`ω´*)o

ポディウムでは自棄酒をグビグビとあおってる姿に、酒好き
ライコネンを思い出したのは私だけではなかったはず(笑)

優勝2回のドライバーはハミルトン、ベッテル、アロンソ、バトン。
そんな混沌としたトップ争いの中で唯一4回も優勝しているウェバー。
彼の存在は地味だけど、ポディウムの上でM字カエルジャンプを
しておどけて喜ぶ姿はある意味名物化してきてますね。

ベッテルファンの私としては、ウェバーに勝たれると正直嬉しく
ない。というより、むしろ一番焦りを感じるんだけど、今日の
レースで100戦目の節目を優勝で飾ったレッドブルレーシング
チームのファンとしては喜ばしい日だったでしょうね。

ここまでベッテルファン丸出しの感想を書き連ねましたが、追記
にて結果と客観的な感想を書きます。

いつもF1ネタの記事に拍手をポチッってくださる方、長文を
読んでくださっていつもありがとうございます( ^.^)( -.-)( _ _)



【2010 F1ハンガリーGP決勝結果】
1.マーク・ウェバー(レッドブル)予選2位▲
2.フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)予選3位▲
3.セバスチャン・ベッテル(レッドブル)予選1位▼
4.フェリペ・マッサ(フェラーリ)予選4位
5.ヴィタリー・ペトロフ(ルノー)予選7位▲
6.ニコ・ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)予選10位▲
7.ペドロ・デ・ラ・ロサ(ザウバー)予選9位▲
8.ジェンソン・バトン(マクラーレン)予選11位▲
9.小林可夢偉(ザウバー)予選18位/スタート時23位▲※
10.ルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)予選12位▲
--------
11.シューマッハ(メルセデス)予選14位▲
12.ブエミ(トロロッソ)予選15位▲
13.リウッツィ(フォースインディア)予選16位▲
14.コヴァライネン(ロータス)予選20位▲
15.トゥルーリ(ロータス)予選21位▲
16.グロック(ヴァージン)予選19位▲
17.セナ(ヒスパニア)予選23位▲
18.ディ・グラッシ(ヴァージン)予選22位▲
19.山本左近(ヒスパニア)予選24位▲
--------
リタイア
・アルグエルスアリ(トロロッソ)エンジントラブル(1周)
・スーティル(フォースインディア)クビサとの衝突(15周)
・ロズベルグ(メルセデス)ピットレーンでのタイヤ離脱(15周)
・クビサ(ルノー)サスペンションダメージ(23周)
・ハミルトン(マクラーレン)ギアボックス故障(23周)

※小林可夢偉
予選時、赤信号無視により5グリッド降格ペナルティあり

 ★Fastest Lap S.VETTEL 1'20.362 ON LAP70


なんといっても決勝の順位に大きく作用したのは15周目、
リウッツィのエンドプレートがコース上に脱落したことが原因で
セイフティカーが出動したことでしょう。

トップ快走していたベッテルはピット入り口の縁石をムリに
超えてギリギリのところでピットインをして、後続も続々と
このタイミングでタイヤ交換を行う為にピットイン。
この混乱の中で、タイヤ交換を終えたクビサをルノーの
ポップアップクルーが判断を誤ってリリースしてしまい、ちょうど
隣にピットインしてきたスーティルと衝突…。

混乱の中で7位を走行していたロズベルグもタイヤ交換を
終えてコースに復帰…と思ったらナットがきちんと締まって
いなかったようでタイヤが離脱。
国際映像では離脱して転がるタイヤを間一髪のところで避けた
ザウバーのピットクルーの姿が映し出されていましたが、どうやら
その後方でウィリアムズのピットクルーにタイヤが当たって怪我
をしたようで、レース後コメントでニコ・ロズベルグが昨年まで
お世話になったウィリアムズのクルーの1人に怪我をさせてしまった
が、幸い大きな怪我ではなかった。と言っています。
それにしても、
「I heard that my tyre hit big Nige, one of my old
Williams truckies,
I was more concerned about my tyre than him!」
って、ニコとこのタイヤに当たった大きなナイジェルさんは
ジョークも言えるくらいの仲間だったみたいですね。
彼よりも僕のタイヤの方を心配したよって(笑)


しかし、この危険行為に対してルノーチームとメルセデスチームに
$50,000の罰金が科せられました。

上位ではウェバーとプライムタイヤでスタートしていたバリチェロ
だけがコース上にステイし、SCが抜けるとウェバーはアロンソとの
差を広げるべくファステストラップ連発の激走を見せ、さらには前述
のとおり、ベッテルがSC先導中にウェバーから10シャシー以上離れて
走行したためピットスルーペナルティを科せられたことで、結果的に
遅れてタイヤ交換を行ったウェバーがコースに戻っても1位を守ること
ができた。オーバーテイクが難しいハンガロリンクで、レッドブルの
戦略とウェバーの集中した走りが実を結んだ。展開としては面白い
レースだったと思います。

給油禁止ルールでも、こんな風に戦略でライバルを引き離すことが
可能なんだなぁ。と。

SC絡み以外のところでは、昔フェラーリで“セカンドドライバー”
としてミハエルの黄金時代をサポートしたルーベンス・バリチェロが
ミハエルの厳しすぎるブロックの隙間をすり抜け、フェラーリ時代の
雪辱を果たしたような形で1ポイントを獲得したシーンが印象的でした。

というか、ピット前のコンクリートウォールギリギリのところ
までバリチェロに幅寄せしてオーバーテイクを防ごうとした
シューマッハの走りはダーティすぎて、完全にアウトでしたよね。
バリチェロがオーバーテイク後、「あれはブラックフラッグを振られる
危険走行だ」とブチキレてましたが、見てるこっちはもっと怖かった。
コンクリートウォールとバリチェロのマシンの隙間は、数センチだった
ように見えたし…。クラッシュしてたら洒落にならないでしょ。

結局、この危険走行に対してレース後ペナルティが課せられ、
ミハエル・シューマッハは次戦のベルギーGPで10グリッド降格という
裁定が出ています。

あらためて予選と決勝の順位を書き出してみたら、順位を下げた
のはベッテルだけなんですねσ(^◇^;)
そんな中で一番ジャンプアップしたのが可夢偉!
予選の赤信号無視で最後尾からのスタートになってしまった為、今日の
カムイがポイントを獲得するとは全く予想していなかったので、
混乱に乗じてスタートでジャンプアップして16位。
その後もライバルのミスをついてオーバーテイク、SC絡みで前にいた
ニコ、クビサ、スーティルがリタイアしたことで終わってみたら9位。
デラロサさんと共にザウバーは揃ってポイント獲得ですよ。
今日なんかは前にバトン、後にシューマッハという2人のワールド
チャンピオンの間で堂々と対等に走っていた可夢偉に国際映像が
フォーカスしてたし、夢を見させてくれる日本人ドライバーが出て
きてくれたおかげで、楽しみが増えました♪

それから…前戦のドイツではチーム無線で辛辣に煽られていた
ペトロフさんがハンガリーではずっと良い走りで、クビサよりも
良い結果を出し、自己最高位の5位フィニッシュ。
新人がこちらも頑張って夢をつないでいます。

後、何か書き忘れたことは…
ハミルトンがリタイアしてノーポイントだったおかげで、
ドライバーズランキングもコンストラクターズランキングも
レッドブルが逆転したことくらいかな?
ってもう充分長文だから終わりにしよう。

F1は夏休みに入り、次戦は8月末のベルギーGPで終盤戦スタート
です。
スパ・フランコルシャン名物、オー・ルージュを高速で
駆け上がるマシン達が待ち遠しいです。


関連記事

COMMENT - 2

Tue
2010.08.03
18:20

fumi #-

URL

こんにちは。fumiと申します。
とっても久しぶりのコメントです。

「いつもF1ネタの記事にポチってくださる方ありがとうございます。」
なんて書かれちゃ嬉しくなって思わずコメント書いちゃいました。エヘヘ(*^^*)

相変わらずアナログ人間で、今どき珍しくパソコンを持っていないので、
(ブログは会社のパソコンで見てます!)
なかなかコメントをすることが出来ず、でも「いつも読んでるよー」って伝えたくて毎回拍手ボタンをポチってしてました。

F1にハマって2年目ですが、未だにレースを観ていて「ん?今のは何だ?」「今のはどーゆう状況?」「なんでこうなったの?」
ってたまに解らないときがあっても
cocoroneさんのブログを読んで「あー、そうゆうコトだったのね」って理解したりして、かなり重宝してます。なので長文大歓迎!!

私もcocoroneさんと同じくベッテルを応援してるのですが、最近では予選で1位をとると逆に不安とゆーか・・・。
悔いの残る負け方が多いので、余計ヘコみます。
若さ故なんでしょうかね・・・。
トルコGPでウェバーと接触してクラッシュしたときは夜中に一人で頭かかえました(T_T)

後は可夢偉選手ですよね!
前半戦ではどうなることかと思いましたが、
最近はワクワクしながら観てます。
今後が楽しみですよね。

今年のF1も残すところあと7戦。
すでに寂しい気持ちになってます。
誰が優勝しますかね?
べッテル頑張って欲しいな~。
後は早くライコネン戻って来ないかな?

これからも記事を読んでポチッとしますね。
ではでは!

Edit | Reply | 
Tue
2010.08.03
22:29

cocorone #s.Y3apRk

URL

>fumiさん
お久しぶりです。
いつも拍手をくださっていたのはfumiさんだったんですね!
だらだらとヒトリゴトのように書き連ねているF1ネタに、
もう長いことお付き合いいただいてありがとうございます。

ライコネンが今年はF1にいないから、仲良しのベッテルを
応援している。という方をなにげに多くお見受けしますが、
アイスマンとファイヤーマンくらい、感情表現は対極に
ありながら、そこはかとなくこの2人は似てますよね(笑)

次のスパはライコネンのお得意だったコース、今年の
レッドブルには向いているコースだと思うので、そろそろ
決勝でも1番取って、喜びのベッテル語録を聞きたいですね。

天才気質で若さ炸裂、不安定なのはハミルトンと似通った
ものを感じるので、今年がダメでも来年にはワールドチャンプ
になってくれるのでは?と期待してます。

今年のチャンプは…
なにげに予想が難しいですよね。
フェラーリは後半良くなったけど、アロンソはラテンの血
に踊らされてときどき大失敗するし、マクラーレンは最近
あまり良くないし、なんだかんだで地味~にウェバーが…

そんなのは嫌だー!!
なのでベッテル君、全力応援します。
それと、可夢偉ネタも忘れずに書こうと思います。

これからも地味に書き続けますので、よろしくお願いします!

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。