心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

GM~踊れドクター 第1話(7月18日)

 20, 2010 20:52
先週末からいよいよ始まりました、最愛アイドル@大倉忠義くん
出演、主演は事務所の大御所の東山紀之さん、脚本はコード・ブルー
など医療ドラマに定評のある林宏司さんetc...のTBS日9ドラマ
【GM~踊れドクター】。

医療ドラマらしさと、東山さん演じる潔癖症で過去にダンサーとして
芸能界デビューした経歴もあるという奇才“GM”を中心に織り成される
軽快なコメディが楽しめる、なにげに濃いぃドラマという第一印象です。

検索サイトで「GM」と検索するとジェネラルモータースが筆頭に
上がってきますが、このドラマでは「GM=General Medicine」
総合診療の略なんですよね。

いやぁ、主演のヒガシさん演じる後藤のキャラも突き抜けた変人っぷりが
印象的ですが、そんな彼がひょんなことからスポットで働くことに
なった日本の病院の総合診療科のメンバーがこれまた奇抜なキャラ
揃いでめちゃくちゃ濃い!!

部長の氷室(椎名詰平)は一見エリート医師風なのに、無類の女好きで
仕事ができない院長の娘婿という評判で、ついにお荷物畑の総合診療科
に飛ばされてしまって、ちょっと自暴自棄気味。

例えるなら、個人情報データバンク。
相変わらずコメディとシリアスの匙加減が絶妙ですね♪
生瀬勝久さん演じる漆原医師。

後藤を“バイト”として総合診療科に連れてきた研修医の
桃子(多部未華子)との会話にパソコンに文字を入力して意思を
伝えてくる対人恐怖症持ちの後田医師。
2枚目路線なのかと予想していたので吉沢悠さんがオタクキャラ
で登場されたことに一番驚かされました。

後もう一人、無類のオペ好き注射も大好物なサイケな女医役の
小池栄子さんも、他の奇人変人キャラ揃いのドクター陣の中で
全く引けをとっていませんでした。

そんな中、唯一まとも?そうな出来の良さそうな看護師、
本木役が大倉くんでした。
ご本人も予め、「普通の人」と表現されていたとおりなんですが、
周囲が皆キャラが強烈に濃いため、逆に普通の人が新鮮に感じられる、
清涼剤のような役割になりそうで、ある意味おいしい?!なんて
思いながら見ています。

お荷物の総合診療科をつぶそうと画策する敵キャラも、なかなか
キャラ立ちしていていい感じですよ!
いかにもエリート、経営のことが大事で医療のことは後回し的な
院長役には大和田伸也さん、嫌味で頭が無駄に良くプライドの高そうな
事務長役には八嶋智人さん。
特に事務長がウザ男すぎてイライラします。敵役はこうでなくっちゃ!

タイトルどおり、後藤は未だにダンサーとして芸能界に返り咲くこと
を夢見て、診察の合間にも、病名がなかなか特定できない難解な患者
の症状と過去の症例を真面目に照会しながらでもムーンウォーク&
ダンシングでした。
これほどふざけているのに、ちゃんと中身は真面目な医療ドラマと
して進行し、無事に患者は救われて決着しているのがすごい。

実際、私は「膠原病疑い」とか「仮面鬱」「自律神経失調症」等々
きちんとした病名が確定しないまま、皮膚科⇒整形外科⇒内科⇒
膠原病内科⇒精神科⇒胃腸科⇒婦人科…ともう数年来の病院たらい
まわしをされて、今では医師を基本的に信頼できなくなっている
状態なので、このドラマのような優秀なGMに出会ってみたいと
思いながら見ていました。

確かに、症状から病名を特定する医者って総合病院にはいないよね。
むしろ小さな個人開業医の方が、いろんな可能性を考えて病名を
なんとかして特定して根本治癒してあげたいと親身になってくれて
いるような気がします。
それでも結局お手上げ状態になって、総合病院、大学病院へと
紹介状がエスカレーションしていくんだけど…。

個人的な愚痴はほどほどにして、とにかくこのドラマをこれから
楽しもうと思っています♪

F1開催週はこっちを録画。F1リアルタイム中継を優先する方向で。
関連記事

COMMENT - 4

Tue
2010.07.20
23:20

さと #0FtB7ubA

URL

優秀な看護師さん

こんばんは。
ついにはじまりましたね~。
思ったより楽しめて、看護師さんの出番が少なくても耐えられそうです。(笑)
看護師さんの出番が増えればもっといいですけど。


Edit | Reply | 
Wed
2010.07.21
17:45

けいこ #-

URL

No title

優秀なGMドクターも即、病名解明とはいかないようですね。
一つの症状から次からつぎと病名はでてくるけどそのどれもが違っていて、
そのたびに検査というのは少し現実すぎて・・
ヒーローのごとく一目で病名をスパッと(笑。)これだとコメディだけで終わりそうですね。
医療ミステリーだから多少は難解な場面も必要なのかなー。



Edit | Reply | 
Wed
2010.07.21
23:10

cocorone #s.Y3apRk

URL

No title

>さとさん
こんばんは。
思ってたよりは看護師さんの出番が多かったですね。
多部ちゃんとの並びを見ていると、ヤスケンをどうしても
思い出してしまいますが、場数を踏んで、ぎこちなさが
なくなっていい感じです♪

別途記事にするつもりですがコチラで先に。
「Melody」やっと手に入れました!
ユージィンもよかったけど、それ以上に冒頭の「大奥」
カラーピンナップの鶴岡様の美しきお姿にクラックラします(笑)

Edit | Reply | 
Wed
2010.07.21
23:23

cocorone #s.Y3apRk

URL

No title

>けいこさん
こんばんは。
更新滞りがちですが忘れずにいてくださって嬉しいです。

天才GMが即座に病名をズバッと当てる展開だと、林脚本より
漫画原作にありそうですよね。

リアルな医療現場の要素がなければ、この脚本家さんの
アドバンテージが失われてしまいそうなので、これはこれで
コメディとシリアスのさじ加減が良いかな~なんて思いましたが、
つきぬけたコメディを期待した人や、逆にもっとガッツリ医療もの
を見たかった人にとっては微妙なドラマかもしれませんね^^;

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。