心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

2010 F1イギリスGP予選(7月10日)

 11, 2010 08:25
セバスチャン・ベッテルが2連続ポールポジション獲得。
Q1からずっとチームメイトのウェバーと他チームとは別次元の
速さでポール争い一騎打ちの様相を呈していましたが、
セクター2、3でウェバーのタイムを上回ったベッテルの勝ち。

レース後、明らかにウェバーが不服そうな態度だった理由は、
FP3終盤でベッテルのマシンから不意にフロントウイングが
脱落したアクシデントの影響から、本来はウェバー用に用意
されていた新型フロントウィングがベッテルのスペアとして
予選時に使われたこと。なんだそうで…。

プレスカンファレンスでもベッテルの発言にチクリと嫌味を
言ってますね。
ベッテルがポールポジション、「クリーンサイドからスタート
できることが嬉しい」と言うと、その後ウェバーは「走行ライン
ではない2番グリッドからスタートするくらいならクリーンな
3番グリッドの方がよかった。フェルナンドさえ良ければ交替
したいくらいだ。」と冗談まじりとはいえ毒舌ですね^^;

フロントウィングについて、また外野がベッテル優先体制
だのなんだのとチーム不和を煽ろうとしているようですが、
クリスチャン・ホーナーが火消しに奔走してます。
まぁ、ジョークでうまいことかわすのが上手な若きボスへの
注目度も今シーズンは高いですね。

新コースレイアウトのシルバーストーンは、ちょっと路面が
パンピーな部分もあり、ガタガタとマシンがボトミングしていたり、
汚れた路面で横滑りしてコースアウトするマシンも続出。
特にハミルトンはフリープラクティスの段階からコースアウト
しまくっていた印象の中、なんとか4番グリッドにおさまりましたが、
バトンはQ2敗退。
シルバーストーンが苦手なのはマクラーレンに移籍しても変わらず
みたいですね。まぁ、ここのところ予選が悪くても決勝を終えて
みたら表彰台に上ってた。なーんてパターンが多いので、とりあえず
明日のレースを観てから苦手どうこうは語った方がいいのかな。

逆にフェラーリは息を吹き返したようにフリープラクティスから
コンスタントに速かった印象。
アロンソが久々に3番グリッド獲得。マッサは途中まではアロンソと
遜色ないタイムを出していたと思ったのに、気づいたら7番手でした。

今回も地味にニコ・ロズベルグが善戦してます!
ミハエルさんはQ3で失敗したらしく、デラロサさんよりも下の
10番グリッド…。

ウィリアムズもヨーロッパGPに続いて良さそうな印象。
CSの解説&実況アナコンビは今回個人的には最高の組み合わせで、
森脇さん&川井さん曰く、ルノー(クビサ)のマシンの挙動が
すごく安定していて素晴らしい!そうな。
西岡アナはきちんと状況把握して的確な発言、地上波のような
ムダな力みが不要なので解説陣とのテンションも合っていて、
久々にストレスなく中継が楽しめています。


【2010 F1イギリスGP予選結果】
1.S Vettel (GER) Red Bull 1'29.615
2.M Webber (AUS) Red Bull 1'29.758
3.F Alonso (ESP) Ferrari 1'30.426
4.L Hamilton (GBR) McLaren 1'30.556
5.N Rosberg (GER) Mercedes 1'30.625
6.R Kubica (POL) Renault 1'31.040
7.F Massa (BRA) Ferrari 1'31.172
8.R Barrichello (BRA) Williams 1'31.175
9.P de la Rosa (ESP) BMW Sauber 1'31.274
10.M Schumacher (GER) Mercedes 1'31.430
-------
11.A Sutil (GER) Force India 1'31.399
12.K Kobayashi (JPN) BMW Sauber 1'31.421
13.N Hülkenberg (GER) Williams 1'31.635
14.J Button (GBR) McLaren 1'31.699
15.V Liuzzi (ITA) Force India 1'31.708
16.V Petrov (RUS) Renault 1'31.796
17.S Buemi (SUI) Toro Rosso 1'32.012
-------
18.J Alguersuari (ESP) Toro Rosso 1'32.430
19.H Kovalainen (FIN) Lotus 1'34.405
20.T Glock (GER) Virgin 1'34.775
21.J Trulli (ITA) Lotus 1'34.864
22.L di Grassi (BRA) Virgin 1'35.212
23.K Chandhok (IND) HRT F1 1'36.576
24.S Yamamoto (JPN) HRT F1 1'36.968

レース後、リウッツィがヒュルケンベルグのアタックを妨害
したとして5グリッド降格になっています。
それと、FP1~決勝まで山本左近がブルーノ・セナに代わって
ヒスパニアレーシングをドライブしています。
どうやら次戦、ドイツGPはブルーノが復帰するみたいですけどね。
どうせならクリエンで見たかった…なんて日本人なのに自国民に
対して愛が足りなくてスミマセン。
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。