心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

2010 F1カナダGP決勝(6月13日)

 14, 2010 16:46
セバスチャン・ヴェッテル低迷中につき、テンションが下がり
まくっております。
贔屓さんについては追記でコメントすることにして、先に結果を。

<2010 F1カナダGP決勝結果>
1.ルイス・ハミルトン(マクラーレン)予選1位
2.ジェンソン・バトン(マクラーレン)予選5位
3.フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)予選4位
4.セバスチャン・ベッテル(レッドブル)予選3位
5.マーク・ウェバー(レッドブル)予選2位
6.ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)予選10位
7.ロバート・クビサ(ルノー)予選8位
8.セバスチャン・ブエミ(トロロッソ)予選15位
9.ヴィタントニオ・リウッツィ(フォースインディア)予選6位
10.エイドリアン・スーティル(フォースインディア)予選9位
--------
11.ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)
12.ハイメ・アルグエルスアリ(トロロッソ)
13.ニコ・ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)
14.ルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)
15.フェリペ・マッサ(フェラーリ)
16.ヘイッキ・コヴァライネン(ロータス)
17.ヴィタリー・ペトロフ(ルノー)
18.カルン・チャンドック(ヒスパニア)
19.ルーカス・ディ・グラッシ(ヴァージン)
--------
リタイア
・小林可夢偉(1周)接触によるダメージ
・ブルーノ・セナ(13周)ギアボックストラブル
・ペドロ・デ・ラ・ロサ(30周)エンジン故障
・ヤルノ・トゥルーリ(42周)ブレーキトラブル
・ティモ・グロック(50周)ステアリング故障


レース中にペトロフ、ヒュルケンベルグなど複数回のドライブ
スルーペナルティが発動。
レース後インシデントも複数あり、カナダらしい荒れたレース
になりました。
でもセイフティーカーは出動せず。

コースの設計上、ピット出入り口での接触が危険なコースだとは
思っていますが、クビサとスーティルがテールトゥノーズの
オーバーテイク争いをしている中、クビサのピットインが危険
だったとしてレース後戒告処分。
それとバリチェロと接触したアルグエルスアリにも危険走行として
戒告。

個人的には、レース序盤に一度は最下位まで落ちてしまっていた
マッサがせっかくポイント圏内まで上がってきた終盤、師匠でもある
シューマッハをアウト側からオーバーテイクしようと試みた際、
きっつーいアウト閉めに会いフロントウィングを破損。
仕方なく余計なピットストップを余儀なくされ、結果的にポイント
圏外へ転落終了…だったレース後インシデントに何のお咎めも
無かったことの方が不可解だわ^^;

ミハエルらしいといえばそれまでなんだけど、マッサもマッサだ。
いくらフェラーリ時代の最期の弟子だとはいえ、毎回ミハエルに
オーバーテイクを仕掛けるのを躊躇うのはいい加減やめたらいいのに。
最終ラップでしつこくミハエルに挑み、1ポイントを奪い取った
スーティルくらいのガッツが欲しいよ。
あぁ、でもそんなマッサだからステファノ・ドメニカリがマッサを
「good boy」呼びして可愛がるんだろうけどね┐('~`;)┌


それにしても、マクラーレンは最近ホントに強い。

レッドブルが戦略ミスったり、ガラスのマシンで優勝を獲り
逃している間にも着実にポイントを重ね、ここ2戦は隙無く
ハミルトン・バトンの1-2体勢でガッチリポイントを稼いで
いるんだから太刀打ちできない。

ライコネンがいたころはマクラーレンを応援していた時期も
あったけど、基本的に私はアンチマクラなので、ここ2戦は
正直おもしろくないんだよね…。

レース終盤、勝てないならせめてファステストだけでも!
と思ったのかな。
ベッテル的には速く走りたくてウズウズしてるんだけど、
マシンに問題を抱えているんだからダメ!ケアして走って。
と窘められてしまって、ラスト数周のラップタイムはものすごく
スローダウンして痛々しかった。
同じマシンのウェバーにギアボックストラブルが見つかったの
なら、ベッテルのマシンにも同じリスクが隠れていてもおかしく
なかったんだけどね。

ご本人もレース後にコメントしていたけど、オプションタイヤで
スタートしたライバル達、それとレース前にギアボックス交換で
5グリッド降格になっていたウェバーをおさえて一度はトップに
躍り出たはずなのに、ピットストップを終えてコース復帰して
みたら、なんとバトンの後…。
思えばここから歯車が狂いはじめていたんだと思う。

逆パターンでうまいタイミングでピットに入って、地味に順位を
上げていたのがニコ・ロズベルグなんだけど。
ほんっとにニコは最近空気すぎる!
着実にポイントも重ねているけど、着実にニック化してる(笑)

本家ハイドフェルドさんもリザーブじゃなくて、まだレースで
戦って欲しいんだけどね。
どっか乗せてくれないかな。


次戦はふたたびスペイン。
バレンシア市街地コースですか。
退屈で寝落ちしそうなレースになりませんように…。
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。