心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

新しい‘彼女’です。

 28, 2010 23:07
今日からトルコGPが始まってます。

表題についてですが、これはセバスチャン・ベッテルの
ニューシャシー乗り換えのことです(*^^*ゞ

新しい彼女の名前は、‘Randy Mandy’
日本語訳では「淫らなマンディ」と、これまたセクシーなお名前。

今年の彼女(マシンのことね)Luscious Lizには欠陥が
認められたとのことで、トルコから二代目彼女マンディに
乗るベッテル君です。

彼の公式サイトでは各グランプリごとにダイアリーが
更新されていて、今回もレッドブルレーシングのサイトと
セブの日記に名づけの経緯が書かれてますが、毎回マシンに
女性の名前をつけることから、「実際の女性たちと
関係あるの?」的な質問が繰り返されるんでしょうね。
毎回「現実の女性とは全く関係ないんだよ」と答えてます。

他所のインタビューで「夢のデートの相手は?」との質問に
「マイガールフレンド」とストレートに答えているしね。
ハンナちゃんはサーキットには連れてこないけど、すごく
大切にされてるなぁ…と、そんな一途なところもベッテル君を
応援したくなる要素のひとつだったりします。

トロロッソ時代のマシンにはジュリー。
レッドブルに移籍してからも、ケイト・ケイトの淫らな妹・
リズ(エリザベス)、そして今回はマンディと女性の名前を
つけたマシンを乗りこなし高みを極めるという発想をする
ベッテル君の遊び心が良い方向で結果につながりますように。

ほんと、おもしろい人ですよね。
若さ炸裂っていうのかな。


サッカーワールドカップの話題もモナコのインタビューに続いて、
今回も出てますね。
ドイツサッカーナショナルチームのヘッドコーチと一緒に
サッカーを楽しんだようで、でも一度も絡めなかったようで、
「なんで?考えられないよ!」と残念がってて可愛い(*ノ▽ノ*)

ドイツ人のセブに対して「ワールドカップではどこが勝つ
と思う?」なんて質問する記者がいることに、まず驚いたけど、
「当然、ドイツだよ!間違いない!」と即答するセブの
姿が容易に想像できて微笑ましかったです。

その天真爛漫さをいつまでも。

トルコもFP2まで見た限りでは、ひきつづきマークが
好調のようで相変わらずセブよりも少しだけ速い。

彼は彼、僕は僕さ。
と言いながらも、最年少ワールドチャンピオン獲得の
最大のライバルは、チームメイトになりそうなので、ぜひ
新しい彼女には頑張ってトップチェッカーを決勝で
もたらす勝利の女神になっていただきたいものです。

<追記を削除しました>
5/30
関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。