心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

新参者 5話-6話あたり

 27, 2010 00:33
新参者も初回からずっと見続けてますよー。
感想はサボりまくってるけど^^;

そして、あらすじは公式サイトに「完全版」なるものも
掲載されているので割愛。

個人的には5話のストーリーが好きでした。

役者を目指し家を飛び出したひとり息子の夢を応援して
あげられなかったことを後悔していると、息子の恋人とは
知らずに知り合った亜美に語っていた峯子。
そして峯子が「あのとき妊娠しなければ私も夢を追えた
のに…」と友人に電話で話しているのを聞いてしまった
ばかりに、自分は望まれて生まれた子ではないと思いこみ、
母のお葬式にも無作法に参列したひとり息子。

お互いにちょっとした誤解からすれ違ったまま永遠の別れ
を迎えてしまった母子だったけど、加賀によって、峯子が
人形町に引っ越してきた理由は、息子と恋人が目撃された
街に住み、妊娠している(と思い込んでいた)恋人を遠く
から暖かく見守る為だったと解り、母の愛を知った息子が
初めて母を失ってしまった悲しみに泣き崩れるシーン…
泣きました。

銀行同士が合併した影響で、数ヶ月前には別の銀行だった
ところに別の銀行があること、都会では特によくある話
ですよね。
「×△銀行の角を右に曲がって~」
と説明することも普通にあります。
それがミステリーを解く鍵に使われていたんですね。

その所為で、息子の恋人(亜美)のバイト先の喫茶店を
誤解して、別人(深雪)をずっと息子の恋人だと思いこみ、
妊娠している彼女のために水天宮の犬の人形を贈った峯子は、
もうすぐ生まれる孫を楽しみにしていたんだろうなぁ…とか、
事件が起こらなければ、この誤解はどんな形で解けたんだろう?
と、ストーリーの中に入り込んでしまいました。


6話は峯子の遺体第一発見者で峯子に翻訳の仕事を紹介
していた多美子の婚約者で、日系イギリス人のコウジ
役の谷原章介さんの犯人めいた怪しげな雰囲気にゾクッ
ときました。

ここまで1話完結型、ミステリー要素よりも人情話が
メインで描かれてきて、中途半端な6話で峯子殺しの
真犯人が判明するはずがないとわかっていても、谷原さん
の演技に圧倒されてしまったというのが正解かな。

欲を言えば多美子がもう少し谷原さんの見た目年齢に
近い女優さんなら、一途な愛の美しさがもっと綺麗に
際立ったのになぁ…なんて思ってしまいました^^;
地デジってホント、女優さん泣かせですよね。

谷原さんも一時期、間をおかずに連ドラ連続登板されて
いましたが、今は向井理くんがものすごい勢いでドラマ
に連投しまくってますね。

「新参者」での出番は少なめだけど、NHK朝のテレビ小説で
水木しげる役で出演されているし、7月期は「ホタルノヒカリ」
にも出演…同時に色んな役を演じ分けろと言われたら、
多重人格になってしまいそうですが^^;
そこはプロの役者さんだから切り替えもプロなんでしょう。

「ホタルノヒカリ」
の続報を見る限り、前作と原作に登場していたマコトくん
と殿(神宮寺)がホタルノヒカリ2では登場しないよう
なので、オリジナルキャラとして新登場するイケメン同僚
が、この主要2人の役を合わせて雨宮と部長の間に絡んで
くるのかな?

個人的には特に殿(武田真治)&素敵女子(国仲涼子)が
ドラマ続編には出ないのがものすごく淋しい…。
その分まで、新キャラ無双に期待したいと思います。
向井くんがんばれ。

関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。