心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

冒険JAPAN 3回目(4月18日)

 21, 2010 15:57
冒険JAPN関ジャニ∞MAP、3回目の冒険先は埼玉県小鹿野町。
メンバーは安田章大くん&大倉忠義くん。
このコンビは基本的にボケ×ボケな組み合わせなので、終始
ほんわかした雰囲気で、癒され度がかなり高いんですよね。
.。.:*・゜゚・(´ー`).。*・゜゚・*:.。.

ふるさとクチコミ探訪の移動手段は、エコに徹して自転車を
利用しているみたいですね。
今回は最後の訪問先が、大倉くんにとっては2度目のチャレンジ
となった「イワタケ」狩り(笑)でしたが、結構な急な
勾配を自転車で途中まで果敢に攻める2人のガッツに、男気を
感じました。

前回も同じことを書いたと思うんだけど、やっぱり大倉くんが
グッと男らしくなった?というか静かなる闘志を表現するように
なったように感じますね。
もうすぐ25歳。
いつまでも少年のように無邪気に笑うほんわかした雰囲気も
残しつつ、オトナっぽさも増していく素敵なお年頃。かな('-'*)


第1の訪問先は「安田屋のわらじ」
わらじに見立てて豚肉を薄く叩いて柔らかいカツが2枚丼に
ドーンと乗っかっている、わらじカツ丼が美味しそうでした!
同じロース肉でも、部位の違うロース肉を材料に使われている
そうですが、この2人は“違いのわかる男”にはなれなかった
みたいだけど(笑)

さらには、Wボケの本領発揮。

倉「姪っ子ってなんや?いとこ?」
ヤス「お父さん(お店のご主人)のこどものこども」
倉「あーあー」
(・_・")?
倉「孫?それ、孫やろ」


第2の訪問先は「200円で食べ放題」
小鹿野町はこんにゃく芋の産地ということで、手作り蒟蒻の
みそおでんが200円で食べ放題!!
食べ放題とは言っても、1枚の蒟蒻がデカッ!!

2人は蒟蒻作りも体験。
芸術肌のヤスくんは蒟蒻をカットする時に、ハート型にアレンジ
するなど、ちょっとしたところで個性を発揮。
凝固剤を入れるときに豪快にこぼしてしまっていた大倉くんと、
ゆっくりかき混ぜすぎてなべ底に焦がしてしまったヤスくん。
うーん、やっぱりWボケだわ(笑)

いよいよ最後の難関、「イワタケ狩り」へ。




案内役のイワタケ狩り名人の経営する山荘から、急な山道100mを
片道1時間半かけて登り、ほぼ垂直の岩肌に1本のロープを命綱に
幻の食材イワタケを採取するチャレンジ。

Canジャニのロケではか弱い女子のように泣き言を言って、
ヒナに任せっぱなしだった大倉くんも、2度目のチャレンジでは
落ちついた表情で次々とイワタケを収穫。
ほんと、オトナになりました(゜ーÅ)ホロリ
ヤスくんは好奇心全開で、大きなイワタケをゲットして少年の
ような笑顔満開でした。

獲れたてのイワタケ料理と山の幸に舌鼓を打ち、無邪気にほおばる
ふたりを笑顔で見つめる、名人夫妻の優しい笑顔が印象的でした。


次週の舞台は愛知県 幡豆町。
錦戸亮くんがこの番組初登板、相方は村上信五くんです。
あ、なにげにこの組み合わせは目新しいかも!!

海辺の街で、ワイルドな表情が楽しめそうです。

関連記事

COMMENT - 2

Wed
2010.04.21
23:07

さと #-

URL

こんばんは。
公開コメントをさせてもらうのははじめてです。
名前をちょっと変えました。
今回はやすくんとのロケということで、放送を楽しみにしていました。
いいですよね~あの二人。
それぞれのよさとあの二人ならではのよさが存分にでていたロケでした。
イワタケ採りという非常にわかりやすいイベントもあり(笑)、私も大倉くんがずいぶん大人っぽくなったなーって思いました。

Edit | Reply | 
Thu
2010.04.22
00:11

cocorone #-

URL

>さとさん
こんばんは。
コメント、ありがとうございます。
すぐにどなたがわかりましたよ~。

倉ヤスコンビをお好きな方が多いですよね~。
マイナスイオンを浴びた彼らの姿から、見ているこちらも
癒しイオンを浴びたような感じでした。

大倉くんご自身も、まさかこの短いスパンで2度も幻のイワタケ
狩りを経験することになるとは、予想していなかったでしょうね(笑)
ほんと、わかりやすく成長が見られてよかったです。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。