心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

のだめ映画 前編のおさらい

 18, 2010 15:26
昨夜は、結局【のだめカンタービレ 最終楽章 前編特別版】
をオンタイムで見て、【怪物くん】第1話は録画コースを選択。

のだめ映画は4月17日(土)にいよいよ後編が封切され、これで
のだめ&千秋の恋の結末、そして2人の音楽との関わり方の結論が
映画でも観られるんですね。

【のだめカンタービレ最終楽章】公式サイト

原作漫画は掲載誌「Kiss」を定期購読しているので、のだめ自体は
コンプリート済みですが、実写版の完結もやっぱり見てみたい!
と、常々思ってはいたんです。

けど…映画館にわざわざ足を運んで見る気力が起こらず、気づいたら
「最終楽章 前編」の公開が終了してしまっていた…と(;´д`)トホホ

私のような前編見忘れ組をフォローする為に、土曜プレミアム枠で
前編のダイジェスト+テレビドラマで描かれた名場面ダイジェストを
うまいことまとめた特番を放送してもらえたおかげで、後編から映画館
へ観にいってもストーリーについていけそうです♪

しかし前編は既に映画館では見られない…。
6月に発売されるのだめカンタービレ 最終楽章 前編 スペシャル・エディション
を買って、特典映像もひっくるめて楽しもうと思ってます。


スペシャルエディションの方がお値段は高いんだけど、映画では観られない
“のだめ×松田の名場面”が特典映像のみで見られる!謳われているので、
見逃す手はないでしょう。

千秋「その中で自分で選んだのは変態(のだめ)だけですから」
のシーンのことですよね?!(*´m`)

谷原章介さんは、ドラマ版のだめには登場されていませんが、原作を
読んでいた頃から、松田のイメージは谷原さんだったので、つくづく
実写版のだめは神キャスティングだと思います。

さて、せっかくなので、昨夜テレビで放送された、のだめ映画前編
ダイジェストのあらすじ&感想を…。

シュトレーゼマン(竹中直人)がドイツの自宅で作曲をしながら、
唯一の弟子である千秋真一(玉木宏)と、曖昧な関係が続いている
野田恵(上野樹里)にちょっとした試練を与え、ふたりの恋の行方と
それぞれの音楽との関わり方を静かに見守っている。

シュトレーゼマンらしからぬ、シリアスなストーリーテイラー役で登場。

いつも自分の先を歩いていく音楽の才能溢れる千秋の背中を必死に
追いかけて、ピアノ教師になる夢よりも、ヨーロッパでピアニストと
して才能を磨く道を選んだのだめの夢は、いつか千秋センパイとピアノ
コンツェルトで共演すること。

しかし、中国の天才ピアニストとして既に千秋と共演済の孫ルイ(山田優)
が、のだめと同じコンセルバトワールで学ぶことに。
ルイは、なにかと千秋と絡みたがり、さらには千秋が常任指揮者
として就任したマルレオケの定期公演で、千秋はのだめに出演
を依頼したのに、手違いでルイがステージに立つなど、のだめの夢は
なかなか叶わず…2人の恋にも微妙な空気が流れる。

パリへその舞台を移し、指揮者として数々の試練と直面しながらも、
着実に実績を上げて意気揚々の千秋は、師匠シュトレーゼマンが提案
したバッハのピアノコンツェルトを弾き振りし、マルレオーケストラに
再び輝きを取り戻し、拍手喝采を浴びる。

プログラムの中にピアノコンツェルトがあるのに、千秋がのだめを
指名しなかったことに強いショックを受け、スタンディングオベーション
の会場の中、ひとり拍手もせず涙にくれている。

成功と挫折が、ふたりを引き裂こうとしていることに、千秋は
全く気づいていない。

こうなることはどこかで予想していた…
と語るシュトレーゼマンのモノローグと共に、書き上げた最終楽章の
楽譜にサインをし、ペンを置いた彼は静かにソファーで眠る。

これが土曜プレミアムのエンディングでした。


シュトレーゼマンがキーパーソンになっている点は、原作どおり
なのに、映画では、よりのだめの切なさが伝わってきて、千秋の指揮
するマルレの演奏を聴きながら涙腺がゆるみました。

映画も原作と同じエンディングを迎えるはずですが、きっと実写版
のラストは泣いてしまいそうな予感が今からしています。

同じく昨日から公開された【アリスインワンダーランド】も、折角
だから最近話題の3Dで観てみたいと思っているところなので、
のだめと2本立てで見に行けたらいいなぁ。

さぁ、元気だして見に行こう!>自分
関連記事

COMMENT - 5

Mon
2010.04.19
15:12

けいこ #-

URL

お久しぶりです。
のだめ前編は映画館で見ることなく終わってしまった口です(笑)
前編は千秋の回想シーンが多くドラマをあまり見てない人には良かったかもですが、繰り返し見ていた私にはちょっと物足りない内容でした。
ただ原作漫画より実写版のほうに感情が入り込み易いのは、cocoroneさんのおっしゃるようにキャスティングがほぼイメージどおりだからでしょうね。松田役の谷原章介さんも然り(笑)。
試写会にもかなり力を入れ、舞台挨拶も満遍なく行ってたのを見てると、後編には期待感が増しますね。映画館行ってみようかなって気持ちになります。


Edit | Reply | 
Mon
2010.04.19
20:23

cocorone #-

URL

>けいこさん
おひさしぶりです&コメントありがとうございます。
けいこさんも、のだめ映画前編見逃し仲間でしたか(笑)

うーん、今回は映画前編をテレビで公開するには時期が
早すぎて、あんなふうにダイジェスト&テレビドラマの
回想を切り張りしたような形でしかオンエアできなかった
んでしょうね^^;

後編では、これまで曖昧にしか描かれなかった千秋×のだめ
の恋愛がじっくり描かれているだろうし、すごく濃い2時間を
過ごせそうですよね!!

Edit | Reply | 
Wed
2010.04.21
21:20

あず #-

URL

ねーさんご無沙汰★
いや~仕事クビになってから暇で暇で(笑)
TV見たよ!のだめ~

うちも映画気になってたんやけど、
なんか映画館にいく程・・・?って感じで(元々映画行かないし)
スルーしてたらいつの間にやら終わってたw

やっぱりこの間のはダイジェスト版で、
あくまで映画の前半じゃない・・・のよねぇ?
そんな早く地上波で映画するわけないし。。。
一応録画してしまったからDVDに移すか、
下らないことで悩んでる最近の私でした(笑)

Edit | Reply | 
Wed
2010.04.21
23:57

cocorone #-

URL

>あずちゃん
こちらこそ、すっかりご無沙汰してます^^;
コメントありがとね!

このご時勢、派遣切りバイト切りはザラで、正社員でも
決して安泰じゃないというからね…。
あずちゃんは若いし、きっといい仕事が見つかるよ。

映画を見に行く習慣が元々ないのは私と一緒だね(笑)

今回テレビで放送したのは、映画前編のダイジェスト+
テレビドラマのダイジェストを、ミルヒーの回想形式で
特別編集したものなんだって。

ちゃんと映画の前編をフルで放送するのは、来年のお正月
くらいになるんじゃないかな?と勝手に予想してマス。

Edit | Reply | 
Thu
2010.04.22
00:02

cocorone #-

URL

>非公開コメント様
今回の土曜プレミアム枠での放送は、映画前編のフルバージョン
なのか、ダイジェスト版なのか、事前に明確に説明がされなかったので、
混乱してしまいますよね。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。