心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

英国コメディ

 07, 2010 23:15
F1開幕と同時に、フジテレビNEXTで放送中のBBCナンセンスコメディ
【The Mighty Boosh】を楽しんで観てます。

中途半端なところから見始めたのに、イギリスのコメディセンスが新鮮で、
即日から大爆笑!(セカンドシリーズ3話から)
4月からファーストシーズンの再放送も始まったので、遡って主役ふたりの
初期設定を楽しもうと思っているところです。

正直、海外ドラマ・映画には興味が薄く、これまで映画やドラマは
専ら邦画専門だったんだけど、The Mighty Booshはコメディだった所為か、
気取った台詞じゃない分、笑いながらすんなり世界観に入り込めたらしい。

例えるならドリフのような、こってこてのコメディドラマ仕立のストーリー
に、ファンキー&クールな歌&ダンスが織り交ざってる感じで。

個人的には、イケメン・ハワードが月夜の晩に「エビの王様」という
スコットランドのパプで出逢った老猟師に勧められて、ブラックレイクで
夜釣りをしていたところ、伝説の恐ろしい半魚人“オールド・グレッグ”を
釣り上げてしまった!
実はおねえキャラのグレッグにヒトメボレされてしまったハワードが、
彼(彼女?)から熱烈な恋のゲームを仕掛けられてしまうエピソード5は、
かなり笑えました。

ちなみに2ndシリーズ第3話の「ナナゲドン」はホラー要素満載で、
ちょっと怖かった((;゚Д゚)赤いカーディガンの上品なおばあちゃんが…。
けど、役立たずのトニーをパートナーにせざるを得なくなった
シャーマン・サブーとの会話があまりにもばかばかしすぎて、怖さ
が笑いで緩和される新感覚は日本のお笑いでは得られない感覚だった
ので、中途半端な回から見始めたのにハマれたのかな?と自己分析中。

日本のお笑いに飽きたら、英国コメディも新鮮でおもしろいですよ。
英語のヒアリングの勉強にもなるし♪


関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。