心音日記

*つれづれなるままに…おとなになれない声のソムリエ見習いのつぶやき*

Take a look at this

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

2010 F1オーストラリアGP予選(3月27日)

 27, 2010 19:12
2010シーズン第2戦オーストラリアGP予選は、セバスチャン・ベッテルが
Q1~Q3まで全てトップタイム!
緒戦に続き、ポールポジションを獲得で、ベッテル贔屓の私もテレビの前
で終始ニッコニコでございました。

Sebastian:Yes! Pole Position.We will show them!Thank you Guys.
ポールポジション獲得直後のベッテル君の勝利の雄たけび。
喜びが弾けてますね!

ちなみに予選後の記者会見で記者からこの台詞についてツッコミが
入ってました(笑)
「誰に向けて“見せつけてやる”と言ったのですか?」
「皆にだよ」とニヤリとしながら即答するセバスチャンが可愛らしくも
頼もしかったです。

ニコといえば、メルセデスGPは相変わらずチームメイト同士の競り合いが
面白かったです。
今回の予選もロズベルグが復帰してきた皇帝、M・シューマッハよりも前
のグリッドを獲得していますが、その差はだいぶ縮まってきてますね。
マシンをシューマッハ好みの方向性で調整していると噂されていますが、
ニコは政治力に負けず、若さと実力で踏ん張ってる感じ?
そんなニコを応援したいと思います。

感想が長くなりそうなので先に結果を。

【オーストラリアGP予選結果】
1.セバスチャン・ヴェッテル(GER) Red Bull 1'23.919
2.マーク・ウェバー(AUS) Red Bull 1'24.035
3.フェルナンド・アロンソ (ESP) Ferrari 1'24.111
4.ジェンソン・バトン(GBR) McLaren 1'24.675
5.フェリペ・マッサ(BRA) Ferrari 1'24.837
6.ニコ・ロズベルグ(GER) Mercedes 1'24.884
7.ミハエル・シューマッハ(GER) Mercedes 1'24.927
8.ルーベンス・バリチェロ(BRA) Williams 1'25.21
9.ロバート・クビサ(POL) Renault 1'25.372
10.エイドリアン・スーティル(GER) Force India 1'26.036
------
11.ルイス・ハミルトン(GBR) McLaren 1'25.184
12.セバスチャン・ブエミ(SUI) Toro Rosso 1'25.638
13.ヴィタントニオ・リウッツィ(ITA) Force India 1'25.743
14.ペドロ・デラ・ロサ(ESP) BMW Sauber 1'25.747
15・ニコ・ヒュルケンベルグ(GER) Williams 1'25.748
16.小林可夢偉 (JPN) BMW Sauber 1'25.777
17.ハイメ・アルグエルスアリ(ESP) Toro Rosso 1'26.089
------
18.ヴィタリー・ペトロフ(RUS) Renault 1'26.471
19.ヘイッキ・コバライネン(FIN) Lotus 1'28.797
20.ヤルノ・トゥルーリ(ITA) Lotus 1'29.111
21.ティモ・グロック (GER) Virgin 1'29.592
22.ルーカス・ディ・グラッシ(BRA) Virgin 1'30.185
23.ブルーノ・セナ(BRA) HRT F1 1'30.526
24.カルン・チャンドック(IND) HRT F1 1'30.613


結果を見て一目瞭然ですが、レッドブルがフロントローを独占。
地元オーストラリアGPでポールポジションを狙ってFP3辺りからずっと
好タイムを叩き出してきたウェバーと、昨シーズン地元ドイツGPで
ポールトゥウィンを果たしたチームメイトにリベンジ!と言わんばかり
の怒涛の攻めの走りで絶好調のベッテルが、Q3ラストアタックまで
ベストタイム更新合戦を繰り広げ、レッドブル同士の熱いバトルに
しびれました!!

レッドブルのチームメイト同士の争いに唯一介入できたのは、
セクター1~3までを卒なく纏め上げ、結果的に好タイムに繫げて
いたアロンソただ1人でした。
こういうところは実力者のアロンソらしいですよね!

マッサはこのサーキットがあまり得意ではないのかな。
同じフェラーリを駆っていても、今回は終始アロンソとの差が歴然
としていました。

4強の一角、マクラーレンは今回はジェンソン・バトンの圧勝。
トラフィックに捕まり、まさかのQ2敗退を喫したハミルトンですが、
サーキット外でも交通違反でオーストラリア警察に捕まったそうで、
ここまでは踏んだり蹴ったり?ですかね。
公道でドリフトしちゃいけません。これは自業自得の要反省です。

全体的にターン16ではみ出して滑るマシンが多かった印象(ベッテル
の最終アタックや可夢偉、ペトロフほか新勢力も)ですが、明日の
決勝レースがもし雨になれば、余計に混乱が起こりそう…かな。
天候も気になるところです。

関連記事

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。